アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

ウィンタースポーツ

スノーボードアルペン初心者無料体験は?レッスンは?申し込みは?

2017/02/26

2a65e1c17e00947c9459c496ac177423[1]

スノーボードのアルペンって、初心者でも滑れるんですかね。そもそもアルペンのレンタルしているところもあんまりないし。スクールにもアルペンのイントラって見たことない。

でも、ゲレンデに行くと、カッコ良くアルペンでカービングしている人はいる。僕もあんな風に滑れるようになりたいな。

とは言っても、いきなりアルペンの道具を買うっていうのも、アルペンやってみてに実際は滑れないかもしれないと思うと気が引けるし、そもそも自分にあった板やブーツがあるかどうかも心配。

っていうアルペンをこれから始めたい方のために、アルペンの板からブーツから一式貸してくれて、それもブーツの履き方から、バインディングの装着、はたまたターンが出来るようになるまでのレッスン付。

そしてナント、ぜーんぶ無料っていうのがあるんです。アルペンをやってみたい方へのお勧め情報をご紹介します。

スポンサードリンク

スノーボードのアルペン初心者向け無料体験会

アルペンやってみたいけど、レンタルもないし、どうすればいいんだろうという方に向けて、ボードからブーツ、もちろんバインディングも全部貸してくれる、アルペン体験会っていうがあります。

高いんじゃないの?って思うかもしれないけど、ナント、全部無料。あっ、もちろんリフト代は必要ですけど。

ナンデナンデ?なんか裏があるんじゃあないの?って思いますよね。そうなんです。スノーボード業界というか、特にアルペンを普及させたい業界の陰謀(笑)。

っていうのも、ご存知のように、アルペンってスノボ人口の1割。やってみたいと思っても、レンタルもないし、スクールにもアルペンのイントラってあんまりいない。

いっそのこと買ってみようかと思っても、フリーススタイルの倍ぐらいの値段。これじゃあ、やりたい人がいても、そう簡単には手を出せないですよね。

そんなことをやっているうちに、アルペン人口もどんどん減って、今では1割いるかどうか。ということで、スノーボード業界というか、アルペンの板とかブーツとかバインとか作っている業界が危機感を持って、このままではアルペンは滅びるぞってことで、無料で体験してもらおうということになったんです。

ですから、大きな意味では裏はあるけど(笑)、その場で板を買わしたり、とかじゃなくて(爆)、とにかくアルペンの楽しさを実感してほしいってことなんです。

ですので、是非参加してみてください。

スノーボードのアルペン初心者向け無料レッスンも

で、無料で板とかブーツとか貸してくれても、フリースタイルと違って、ブーツもなんか色々とついているし、バインディングも角度が全然違う。板も細いし。

ってことで、じゃあ、滑ってくださいって言われても、自信がありませんよね。ですから、そこはJSBAのプロとか、ワールドカップ出場の選手とか、スノーボード界のトップライダーが手取り足取り教えてくれます。

スポンサードリンク

特に今回は、Joint  Crewの松本卓さん、平間和徳さんなどソフト&ハードブーツの両方の楽しさを熟知するトップライダーたちもコーチとして実際に教えてくれるので、ソフトブーツとの違いもバッチリ解説してくれます。

アルペン初心者じゃなくても、習いたいぐらいのメンバー。そんな人達が、本当にブーツの履き方から、バインのセッティングの仕方、そしてターンの導入までじっくりと教えてくれるんですね。

それで無料っていうのは、太っ腹としか言いようがありません。ですから、この際、ぜひ申し込みをしてみてください。

スノーボードのアルペン初心者向け無料申し込みは

じゃあ申し込みたいけど、どうすればいいの?ってことですが、簡単。こちらをクリックして、申し込みページに飛んでください。

一応デジエントリーになっていますが、見ての通り「0円」となっていますから安心。人数等の把握のためのエントリーですから、こういうシステムをつかっているんです。

それに、今回はかなりの広範囲での開催ですよね。例年は全国3か所ぐらいだったんですけど、北海道から中国地方まで。JSBAの支部全部を網羅していると思います。

ここでも挙げてみると、

・北海道 スクールオーンズ
・宮城 スプリングバレー泉高原
・群馬 たんばらスキーパーク
・新潟 ガーラ湯沢
・長野 小海リエックス
・長野 白馬岩岳スノーフィールド
・福井 スキージャム勝山
・広島 芸北国際

となっています。

それに時期も12月から来年の3月まで。これまた例年は12月だけだったんですけど、シーズン後半になって、アルペンやっている人を見てやってみたいと思っても大丈夫。

ってことで、この際、アルペンデビューするぐらいの気持ちで体験してみてはいかがでしょうか。


yorezoの戯言

ということで、そもそもは2004年だったか2005年だったかに、当時のデモンストレーター遠藤真里さんの呼びかけで始まったと記憶しています。

その時は、東日本がガーラ湯沢、西日本がチャオかどっかで、私ももちろんガーラの方に参加。本当に、その時に初めてアルペンを履いたっていう人も多くて、我々みたいにある程度アルペンをやっていた者もクラスを分けてレッスンしてくれていました。

その後、我々みたいなのはほっといても勝手にキャンプでも何でも参加するだろうってことで、現在はアルペン初心者のみの受付になっています。

その分、おんなじグループの人もみんな、アルペン初心者なので安心。そこで新しい仲間が出来たり、教えてくれたコーチと仲良くなったりして、新しいスノーボードの世界が広がると思います。

是非アルペンの素晴らしを実感してください。では、良いお年を。

関連記事
スノーボードのアルペンは初心者でも可能?
スノーボードのアルペンレッスンは?
スノボのアルペンキャンプは上達する?
スノーボードのアルペンショップの選び方は?
スノーボードの新作の発表は?

スポンサードリンク

-ウィンタースポーツ
-,