アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

転職した場合の給料の相場って?給料がダウンしない交渉ってあるの

転職した場合、気になるのが給料。今のところよりも多くもらえればいいけど、少なくなると生活がねえ。転職した場合の給料の相場ってどれぐらいないんでしょうかね。給料はダウンするもの?給料の交渉の仕方とかについてお伝えします。

スポンサードリンク

転職した場合の給料の相場って?

転職したら給料はどうなるのかっていうのは、とっても気になりますよね。これはもうケースバイ・ケースとしかいいようがありません。

厚生労働省が発表した資料によると、20代30代だと転職して給料がアップした割合は3割強。変わらずも3割で、ダウンが3割弱。

ってことで、あんまり差はないけど、若干給料が上がったって言う人が多いみたいですね。

が、これが45歳をすぎると、給料ダウンの方が割合が高くなって、50歳をすぎるとねえ。目も当てられません。

って言っても、普通に考えれば、若いうちはステップアップで給料は上がる場合が多いけど、50歳もすぎるとねえ。ある程度良い給料もらっていたら、それ以上もらえるところは少ないし、リストラなんか遭った日にゃあ、職があるだけありがたいってことですな。

ですから、一概に転職して給料上がったか下がったかとは言えません。それに、若い人だとねえ。今の所の待遇が良くないから、もっといいところにってことで転職っていうのも多いですよね。

そうなると当然今よりいいところが出てこないと転職しないで、虎視眈々と狙っているっていう状態でしょうしね。

これが、リストラにあったとかの中高年だとねえ。ほぼ7割から8割で給料はダウンします。

そもそも仕事がないから。前にも書いたけど、ヘッドハンティングとか、うちにきませんかっていうんじゃないと、普通にハローワークなり転職サイトからの応募ってことだと、50社60社と書類だけで落ちます。経験者の私が語りますから本当。

となると、食べて行くためには少々給料が悪くても雇ってくれるとこってことで、給料はダウンします。

だいたい相場としては、正規雇用で働いていたら、その6割から良くて7割ってカンジです。

ですから、歳を取れば取るほど、なるべくなら今の会社にしがみついておいたほうがいいですね。

っていうのを、私が言っても信頼性がありませんけどね。ただ、超ブラック企業で、このままいたら身体を壊すっていうのであれば、さっさと辞めたほうがいいんですけど、そのあたりのバランスが難しいところです。

転職したら給料はダウン?

でも、転職して給料がアップした人もいるみたい。っていいますけど、だいたいそういう人は、かなり戦略的に転職活動をしています。

それに、専門性の高いスキルを持っていたりするから、ある意味どこに行っても役に立つし、下手するとフリーでもやっていけるって言う人が給料アップしていますね。

ただ、給料ダウンが一概にダメとも言えません。上に書いたように、そんなところにいたら、体壊して再起不能になるようなブラック企業とか、そこまでいかなくても給料が低いのに、すごく残業が多いとか。

はたまた、人間関係が最悪で、いじめというかいろんなハラスメントが横行しているとか、とにかく労働環境が最悪っていう場合は、一時的に給料がダウンしても、そこから避難することがその後の人生のためになります。

また、結構多いパターンとして、給料も少ないけけど残業も少ないって言う会社。そういう場合は、生活していける水準であれば、そこで自分磨きというか、新たな資格を取るなり、副業で一旗上げるなり、結構それはそれでアリなんですよね。

ですから、給料だけで見ないで、総合的に自分の人生というか、毎日の生活がどうなるかを睨んで、転職先を決めること重要ですよね。


スポンサードリンク

転職での給料の交渉は?

ところで、転職する時にほぼほぼ内定が出そう。後は給料だけっていう場合は、どうやって交渉すればいいんでしょうか。

もちろん、最初から金額がこれ以上は出せないっていう中小企業は別ですが、ステップアップ等の場合は、交渉の余地が残されていますよね。

まずは、その会社の体力とか平均的な相場を知ることが重要。上場企業だと年齢によるだいたいのモデル賃金はわかるけど、そうじゃないとねえ。難しいですよね。

ただ、今と同じ業界なら、相場はわかると思うので、今まで自分がもらっていた給料と比べてみて、少し上乗せしてみるっていうのはありです。

500万円もらっていたら、600万円とか、そのぐらいからはじめて、そこまで出せないとか、550万なら出せるとかいう風に落とし所を探してください。

ただ、ステップアップの場合は、今と同じ給料なら転職すると結構いろいろと不慣れなことがあったりするから、今の会社の方がいいですよね。

一方リストラとかで、なんとか雇ってもらえそうっていう場合でも、一応交渉はしてみてください。それで、「そんなことを言うのなら、要らない」って言う会社はこっちから願い下げで大丈夫。

一応言ってみたけど、変わらなかった。では、それで頑張りますっていうのがビジネスですからね。まあ、その辺は相性だから、何も言わなくても入ってからあなたが頑張れば、上げてくれるとこもあるし。

ある意味縁を大切にしてみるのも、意外と物事がスムーズに行く気がしますけどね。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、給料は多いほどいいに越したことがないけど、やっぱり給料が多いってことは、それだけハードだったり期待されているってことですからね。

転職後の人生設計をしっかり考えて、給料は安くても定時で帰れるほうがいいっていうのも21世紀のビジネススタイルじゃないでしょうか。では、良い給料を。

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,