アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

梅雨時の膝痛の原因と対処法と予防について紹介します

梅雨になるとどうも膝が痛いっていう人、多いですよね。っていうか、昨夜から膝が痛いと思っていたら、今日は雨が降ったとか。天気と膝って関係あるんでしょうか。梅雨時の膝痛の原因とその対処法、そして予防についてお伝えします。

スポンサードリンク

梅雨時の膝痛の原因は?

梅雨時に膝とかの関節が痛くなるっていう人は多いですよね。股関節とかもですけど。って、それは私。

これまた歳を取るほどその傾向が強まるのも困ったもの。まあ、歳だからしょうがないっていうやつですな。No Ginger.

実際に歳を取ると、雨が降っても関節が痛くなるんですよ。まあ、雨が降ってもっていうか、降り出す前かな。

というのも、一番の大きな要因は気圧の変化。別名気象病とか気圧病とも言われています。雨が降るってことは、低気圧がやってくるってことですよね。低気圧ガールとか言う歌があったけど、ってそれは高気圧ガール。

で、低気圧がやってくると、身体の中でいろんな変化が起こってきます。血圧が上昇したり、アドレナリンが放出されたり。

はたまた、気圧が変化するってことは、身体の外からの圧力と内部の圧力のバランスがくずれるんですよね。

若いうちは崩れてもすぐにリカバリーできるから、そうでもないけど、ミドルエイジになったり、比較的バランスが崩れやすい体質だったりすると、それで痛みが出るって言うわけです。

ですから、雨が降りそうな時、明日から雨とか、今夜から雨っていうときに、関節痛って出てきますよね。

これが実際に雨が降ってくると、低気圧が居座るっていうか、その地域は低気圧だから、気圧の変化はないんです。

ですから、雨が降ってくると痛みも落ち着くんですけど、降り出す前兆の時に、関節痛は起きやすいんですね。

それで、おばあちゃんが膝が痛いって言ってるから、明日は雨だねえとか、そんな話になるということなんですね。

もちろん、低気圧がやってくると自律神経も乱れやすくなります。それも大きな要因。ですから、気圧の変化による身体の外部と内部のバランスが崩れ、自律神経が乱れ、人生も乱れるっていうのが私のパターン。

まあ、人生は踏みとどまってほしいけど、その二つが関節痛の原因ですから、それを取り除けば痛みも消えるって言うわけですな。

梅雨時の膝痛の対処法は?

そうか、低気圧と自律神経を取り除けばいいんだ。ってそんなことできまへんって。早くツッコミ入れてもらわないと、それで解説してしまうところでした。

まあ、低気圧と自律神経を取り除ければ一番いいんですけど、それは無理な相談。ってことですが、それに対応できれば、かなり症状も軽くなります。

一つは、気圧の変化による身体の外と身体の中のバランスが崩れるものですが、これはもう周りの筋肉を付けていくしかありません。

ですから、膝が痛いのなら、その周りの筋肉でしっかりブロックしてやると、気圧が変化しても痛みが少なくなります。

が、それってそう簡単にはできませんよね。それに歳を取れば取るほど、筋トレも厳しくなるし、やってもそう簡単にはつかないし。

となると、サポーターですね。いわゆる医療用の軽いものから、スポーツ用のガッチリしたものまでありますが、筋肉の代わりをするということなら、ある程度ガッチリしたものが適しています。

要するに、膝周りの筋肉の補助をしてあげるってことで、少し動き辛くはなりますが、階段の上り降りとかもかなりラクになります。

ただし、すでに整形外科等に通院している場合は、医師と相談して、どういうものがいいのかを聞いてくださいね。

それから、自律神経の乱れ。これまた一朝一夕には治りません。早寝早起き、軽い運動と入浴って言われているけど、すでに膝が痛いと運動どころじゃあありませんからね。

ただ、お風呂はゆっくり入ってください。ちょっとぬるめ。上がってからは、テレビなんかは見ずに、ボーっとしたり、ゆったりとした音楽を聞いたりして、リラックスしましょう。

そういうのを1週間も続けると、少しは改善されます。が、すぐに劇的には変わらないので、少しずつそういう生活にシフトチェンジするしかないですね。

膝の痛み等が軽減されれば、少し歩いてみたりすると、身体が疲れるから、夜もぐっすりってことで、自然と早寝早起きの習慣がついて、自律神経も正常に近づいてきますけどね。


スポンサードリンク

梅雨時の膝痛の予防は?

じゃあ、そうなる前に手を打ちたいってことで、予防ですよね。上に挙げたものが対処であり予防ですから、梅雨入り前から行っていくことをおすすめします。

膝周りの筋トレって、実は座っていてもできるんです。床でも畳でもいいから、足を前に投げ出して、膝の下にバスタオルを4つ折りぐらいにしたものをはさみます。

すると、ちょっとだけ膝の部分が上がりますよね。下にバスタオルを敷いているわけですから。そのバスタオルを床に押し付けるように力をいれてみてください。

足を伸ばすって言う形になると思いますが、意外と腿とか膝周りの筋肉を使いますよね。痛い場合は中止してくださいね。が、歩けないほどじゃない場合は、それほど痛くないと思います。

これを10回ずつ。できれば朝と夜2セット。毎日続けたら、結構膝周りの筋肉が付いてきます。高齢者の膝痛防止のための運動ですが、結構スポーツ選手のリハビリにも取り入れられています。

とりあえず騙されたと思ってやってみてください。それが無理なくできるようになったら、ハーフのスクワットもありですが、無理は禁物ですからね。まずは、タオルからで続けてみてください。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ってことで、膝周りってホント、歳と共に衰えてくるんですよね。私も左の膝は周りの筋肉っていうか腱になるんですけど、ゆるんでいます。

ですから、膝の皿が左はかなりグラグラなんですね。これが右はなんともないんです。周りの筋肉のつき方も左はかなりネジレているので、すぐに疲れてしまいます。

長年使っていると、知らないうちに変な癖がついて、左右のバランスも崩れてしまうんですよね。筋肉の崩れは人生の崩れっていうかどうか知りませんが、気をつけましょう。では、お大事に。

関連記事
梅雨時に頭痛が痛いの解消は?
梅雨時のだるいのの解消は?
梅雨時の食欲不振の解消は?
梅雨時にやる気が出ないときはどうする?
梅雨時の憂鬱にはアロマが効果的?
梅雨時の腰痛の対処と予防

スポンサードリンク

-健康と医学
-,