アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

人生

占いって当たるの当たらないの?運勢とかタロットとかについて

2017/05/18

いろいろと人生や進路について悩む時期。そういう時って占いに行ったりしますよね。でも、占いって当たるっていう人もいれば、全然当たらないっていう人もいます。どうなんでしょうかね。運勢とか見てもらう場合、タロットとかどうなんでしょう。占いに通いまくって、占い師からもその辺を聞いた私が語ります。

スポンサードリンク

占いって当たるの当たらないの

占いってハマると、何かにつけて占ってもらいますよね。特に自分では中々答えが出ないようなときは、占いに頼ってしまいます。

って、私も一時期毎月の様に占いに行っていました。それも東京まで。まあ、占い師も色々と居るから、やっぱり当たる人のところに行きますよね。

っていうか、占いで当たるっていう人もいれば、全然当たらないっていう人もいるけど、なんで?って思いますよね。

まず、占いって言ってもいろんな種類があります。一番メジャーなのは手相かな。道端とかにも、机になんか行燈みたいなのを灯して座っている人っていますよね。

それから、占星術。星占いですな。この二つが双璧かな。以前っていうか、大昔は占星術っていうのは、正式には西洋占星術っていうことで、西洋から入ってきたから、それよりも四柱推命の方がメジャーだったみたい。

四柱推命も占星術も、どちらの生年月日と生まれた時間を元に占いますからね。東洋版か西洋版かってカンジ。

あとは、タロットですね。カードをめくるって、王様がワイン飲んでいたりするとなんちゃらカンチャラって言う奴。

だいたいメジャーどころはそんなところ。もちろん、その他にも霊視とか、風水とか、いろいろありますけどね。

ですが、占いにも方向性というか、得意分野があるんですよね。っていうか、今世間に多いのが手相と占星術ですが、これって基本は統計学なんです。

太古からの膨大な数の手相なり星周りのホロスコープなりによって、こういう手相の人はこういう性格とか、こういう人生を歩むことが多いって言う結果です。

占星術も一緒ですよね。四柱推命もそう。ですから、占いではあるんですけど、一般的にこの生まれだと、こういう性格で、こういう人生になりやすいってことです。

ですから、特にこの2つについては教える学校も結構あるから、そこで勉強して知識を得れば、あとはその統計に基づいて、あなたはこうですとか、基本的にこういう性格だから、こうした方がいいっていう話をするわけです。

となると、まあ当たりますよね。統計学ですから。あとは、その占い師の経験と知識量で、星周りがこうだから、動かない方がいいとか、手相の線がこう出ているから、こっちの方が向いているとか、そんなことになります。

そうすると、だいたいのところは当たってるから、あの占い師は当たるってことになるんですね。

占いで当たるか当たらないか運勢は?

ただね、あくまでの統計学が基本。ってことは、当然確立の問題だから、当たってないこともあるんです。

特に占星術とか四柱推命だと、基本的なあなたの性格というか宿命はこうっていうところは当たっていても、今後どうするかっていうのは、半々。

星の動きがこうだからって言っても、未来のことは分かりませんよね。確かにいろんな要因で、その時期は何をやってもうまく行くって時もあれば、逆に壁にぶち当たりやすいっていうのもあります。

これまた先人の統計だから、この星周りの人が、この時期は上手くいくとか、上手くいかないとか、そんなことも分かっているから、上手くいく時期だったら、転職したいっていわれたら、ステップアップできるでしょうとか答えますよね。

逆に上手くいかない時期だと、今は動く時期じゃないから、あと2年待った方がいいとか言う訳です。

ただ、手相っていうのは、変わるじゃないですか。ですから、半年に一度ぐらいは診てもらってもいいみたい。

去年はこう言われたけど、今はそれから相が変わっているから、意外と旨く行くかもしれないとか、逆にちょっと控えた方がいいとかね。

でも、手相もまず診てもらったら、「今まで結構きつかったですねえ」とか、「仕事は上手くいってるんじゃないですか」と言う風に、過去から現在のことを多く言われると思いますよ。これまた統計ですからね。

その辺も踏まえて、占いも一種の予想ってことでとらえると参考になるけど、占いが全てと思うと、全然当たらないってことになってしまいます。

特に、YesかNoかみたいなものは、手相とか占星術には向いてないんですよね。それはタロットってことになります。


スポンサードリンク

占いで当たるか当たらないかタロットは?

タロットって、単にカードを切って、出てきたもので、あーだこーだ言うから、一番インチキくさいですよね。根拠が明確でないってカンジ。

ですが、私は一番良く当たりましたね。ただし、タロットって、近未来のことを占うのに適しているんです。

ですので、この会社に入った方がいいか、他の会社にした方がいいかとか。今の会社を辞めるのは今か、来年かとか、いわゆるYesかNoかを見るのが得意みたい。

ただ、ホントにこればっかりは根拠がないから、当たらない人は当たらないっていいますよね。これはもう信じるかどうかだけど、タロットは占ってもらう人も、真摯な態度で臨まないとちゃんとした結果は出ないみたいですね。

それが、タロットの面白いところであり、占いの真骨頂な部分なんですけどね。それに、占いにも相性があるから、自分が良く当たるっていうものを中心に診てもらうのがいいでしょう。

あと、基本的に占い師って、メインとする占いの他に2つ3つは占いが出来るようになっています。手相が専門だけど、タロットと四柱推命とか。

西洋占星術がメインだけど、タロットと四柱推命とか。まあ、メインのものをサブで補うってカンジですかね。

ですから、その辺もこの人は何が得意なのかを良く見て、占う内容にも合うものを選ぶようにすれば、それほど外れたってことはないと思いますよ。

老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

そんな訳で、私もしょっちゅう占いに行っていましたが、一時期かかりつけ(?)の占い師が産休に入った時期がありました。

産休っていうのも、変な話ですが、出産なので、1年ぐらい占い稼業はお休みするって言われたんです。

しょうがないから、近くの占い師に診てもらったりしていましたが、やっぱり初見だとイマイチしっくりこないこともあります。

納得できないときは、違う占い師に診てもらったりしたけど、だいたい運勢については、同じことをいいますね。例えば転職とかのときは「今はその時期じゃない」っていうのは、3人4人と診てもらってもみんなそういいます。

これが手相がメインでも、四柱推命がメインでも、占星術がメインでもそうなんですよね。ですから、その辺はある意味統計的なものって当たるように出来ているのかなあって実感したところです。では、良い未来を。

関連記事
占いに依存してしまうと
占いが当たらない時の決断は?

スポンサードリンク

-人生
-,