アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

夏バテを防止するには?防止対策と予防について解説

2017/03/25

夏バテって困りますよね。グデーってなって、力が入らないし、食欲ないし、なんにもする気が起きないし。って、私はいつもなんにもする気が起きないけど。ってことで、夏バテを防止するにはどうすればいいのか。対策と予防についてお伝えします。

スポンサードリンク

夏バテを防止するには

夏バテって言っても、日本の場合は6月の梅雨頃からなる人も多いですよね。なんたって蒸し暑いですからね。

以前っていうか、昔はっていっても、つい30年ぐらい前まですが、今ほど酷暑じゃなかったから、梅雨と言ったら梅雨寒とか言って、意外と寒い日もあったりました。

ですので、やはり梅雨が明けてから暑くなってから夏バテってことでしたが、今はねえ。梅雨でも気温が30度とかになるから、バテますよね。

ってことで、夏バテになったらどうするかっていうのは、もうこれは症状によって対処するしかありません。

軽いものなら、栄養ドリンク飲んだり、シャワーじゃなくてお風呂にゆっくり入ったり、睡眠をしっかり取るってことですよね。

後まあ、夏バテに効く食べものとかありますけど。ビタミンB1が多く入っている豚肉とかね。

ただ、本格的な夏バテになると、食欲がなくなるんですよね。それで、そうめんとか冷たいものばかり食べて、もっと症状がひどくなるってことで。その辺は悪循環ですかねえ。

ってことで、単に食欲がないとか、だるいっていうぐらいなら、食事と睡眠で対処するしかありませんが、食欲もないのが続くと、それで体力が落ちてしまうので、一度病院に行ってみてもいいかもしれません。

受診する科は内科で大丈夫。通常はそれで点滴打ったり、食欲の出る薬を出してくれたりするけど、それでも治らない場合は、血液検査とかして、必要であれば専門の科に転送されますから。

夏バテ防止対策は?

ということで、なってしまってからだと対策が困るのが夏バテ。そりゃー、世間のサイトには〇〇がいいとか、睡眠をしっかり取りましょうとか、暑さに慣れましょうとか書いてあるけど、既に夏バテになってしまっていると、そんなことできません。

出来ないってことはないけど、それがデキるのならかなり軽症。お風呂入る気もしないから、ざっとシャワーで済ますとか、豚肉とかこってりしてものは嫌だから、そうめんだけとか。

はたまた、睡眠って言っても寝苦しいから、早く布団に入っても結局寝付けなくて、朝までウダウダってカンジですよね。

ですから、世間一般で言われている対策、もちろんしないよりした方がいいし、効くものもありますが、実際は夏バテになる前、梅雨入りぐらいから心がけないとひど目に遭いますからね。ご注意ください。


スポンサードリンク

夏バテ防止と予防は?

じゃあ、実際何をすればいいの?ってことですが、まずは軽い運動です。結局汗をちゃんとかけなくて、急に暑くなるから、そこで体内調節がうまくいかずに夏バテになるって言うわけ。

特に昨今オフィスでも家でもエアコンがありますからねえ。それじゃあ、外気が30度とかになって、特に湿度が高いと汗も出にくいってことで、夏バテになるんです。

と言ってもそんな運動とかできないし。って言う人は、勤め人ならまず帰りに一駅あるきましょう。田舎で一駅が30分以上っていう場合は、難しいかもしれませんが、30分以内なら1駅歩いてください。

出勤時はねえ。疲れるし汗でベタベタになるとイヤですよね。ですから、帰り。そしたら帰宅してすぐにお風呂に入ればいいですからね。

この時期一駅20分とか30分ちょっと早足で歩くと、結構汗が出ますからね。それを6月からやっておくと、暑くなっても身体が自然と反応してちゃんと汗を出してくれます。

で、シャワーじゃなくてお風呂。っていうか湯船に浸かりましょう。歩いて帰ると足も疲れるから、しっかり湯船に使って方がいいですね。

そうすると、軽い運動しているから、意外と夕食もちゃんと食べられます。そして当然夜もバタンキューってことで、バッチリって言うわけです。

ですから、梅雨と同じかゴールデンウィークが終わってからでもいいぐらい。其のぐらいから、軽い運動と湯船に浸かるお風呂。そうすると、自然と食欲と睡眠がバッチリってことになるので、夏バテもしないか症状は軽いと思いますよ。今年はぜひお試しください。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

と偉そうに書いていますが、私も初めて夏バテになったのは大学2年生の夏。前年までは夏でもバクバクご飯を食べることができたのに、2年生の夏からはいつもの半分ぐらいしか食べられなくなりました。

確かに運動量が減っていましたしねえ。当然そのころは貧乏学生だったからエアコンとか部屋にはなかったけど、バイト先にはあったし、その辺のことも影響していたのかも。

その後社会人になってからは、夏バテしたら栄養ドリンク飲んだりしていたけど、35歳ぐらいからですかね。あまりにヒドイから生活習慣病対策みたないところに行ったら、暑くなる前から運動しましょう。

ってことで、一駅歩いて帰ることにしていました。もちろん、一駅って最寄り駅でもいいけど、それだと駅と駅の感覚が広い場合は、乗る駅を一つ先というか、自宅よりにして歩いても大丈夫です。

最初は無理のないところから始めましょう。そしたら、真夏でも全然大丈夫になりますからね。では、良い夏バテを。

関連記事
夏バテの防止法は?
夏バテに効く栄養ドリンクは?
夏バテ解消のお風呂の入り方は?
夏バテ解消の冷房の使い方は?
夏バテを予防するには運動をする?

スポンサードリンク

-健康と医学
-,