アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

夏バテを予防するには運動をする?体操とかストレッチとかは?

夏バテ防止には、梅雨入りする前から軽い運動をしましょうって書いたら、そんなのスポーツジムでも行かないとできないって言われてしまいました。そんな現代の忙しい人に、日常生活で簡単にできる運動とか、そこまで出来ない人へ、まずは軽い体操やストレッチからってことをお伝えします。

スポンサードリンク

夏バテを予防するための運動は?

ってことで、前回夏バテをなんとかするには、夏バテになってからじゃなくて、梅雨入りとともに対策をしましょうって書きました。

まあ、これは花粉症とかも一緒ですよね。花粉が飛び始める前に、どれだけ対策ができているかで、その年の花粉症の症状は変わってきます。

ですから、夏バテも一緒。特に私のようにヨレヨレ中年のプロになるとねえ。春からその辺を考えています。

だって、それでもやっぱりどうも今日は調子が悪いとか、何にもやる気が起きないとかって言う日がありますからね。はいはい、やる気がないのはエブリデーでしたね。失礼、失礼。お詫びして訂正します。

と、そんなことはどうでもよかったですね。梅雨入り前ぐらいから、軽い運動っていうのが、意外と効果があります。

前回書いたように、現代の特に大都市圏だと室内だと汗をかかないようになっていますからね。冷房完備ってことで。

で、外を歩くときだけ猛烈な暑さで自律神経も参った、参った。ってことで、夏バテになるんですよね。

それを予防しようっていうのが、梅雨入り前からの軽い運動。って書いたら、そんな運動をする暇なないし、スポーツジムでも行けっていうのかって言われてしまいました。

が、大都市圏だと結構通勤の中で軽い運動ができるんですよね。前回書いたようにまずは一駅歩くというもの。

通勤の場合は、帰りですよね。疲れても家に着けばゆっくりできるし、汗をかいてもすぐにお風呂に入ればいいですからね。

が、場所によっては一駅が長い。JRとかだと歩くと軽く30分以上かかるってこともあります。

できれば、30分ぐらい歩くのがちょうどいいけど、いきなりはちょっと厳しいですよね。

ですから、まずは、降りるところじゃなくて、乗る駅を一つ歩くっていうのもあり。

結構中心地だと、一駅って言っても歩いて10分とかそれぐらいの距離だったりしますよね。そこを歩くって言うのも手です。

それから、駅やオフィスでは階段を使う。これが実は一番効果的。脚の筋肉とともに心肺機能が高まりますからね。

慣れてくると10階ぐらいまでは階段で登っても何でもなくなります。と言っても、最初は2階か3階ぐらいでいきましょう。無理は禁物ですからね。

そうすると、ショッピングモールやデパートに行っても、エスカレーターやエレベーターを使わなくなります。

そして、そして体調が良く分かります。いつもは難なく登っていた3階までが、今日はやたらきついとか。

逆に今まで結構苦労していたけど、最近は5階までラクに登れるようになったとか。その辺は、ある意味バロメーターになるので、ぜひやってみてください。

ただし、心臓や膝に障害がある人は、まずはドクターに相談してからにしてくださいね。結構な運度量になりますからね。

夏バテを予防するための体操とは?

いやー、そう言われても、僕ちゃん車通勤だから、駅の階段とか使わないんですよね。職場も1階の平屋建てだしって言う人もいるかも。

また、いきなり階段っていうのは、1回やったけど、翌日筋肉痛になって大変だったとか。今でいかに体を動かしてないかってことですけどね。

そう言う場合は、とにかく毎日やることが重要ですから、ちょっとした体操からでも違ってきます。

一番はラジオ体操ですね。あれって本当に良く出来ていて、若いころはラジオ体操なんかしてもねえ。って思っていましたが、ミドルエイジになってやってみると結構大変です。

特に今まで全然身体を動かして中っていう人なら、ラジオ体操第一・第二って全部やると結構ヘトヘトになると思いますよ。

ってことで、もちろん最初は第一だけでもO.K.です。それに、某NHKでは、体操の時間っていうのがありますよね。5分ぐらいですが。

あれがまた、実際やってみると結構ハード。やっている人は軽々やっていますが、出ている人ってだいたい体育大学の人ですからね。

ってことで、あの辺からやってみるのも結構効果があります。まあ、昼間仕事だと録画してないと出来ないと思いますが、夜にちょっとやるのもいいんじゃないでしょうか。


スポンサードリンク

夏バテを予防するストレッチは?

いやいや、安アパートだし、ラジオ体操って言っても結構その場で飛ぶのとかあるじゃないですか。そんなの出来ないっていう人もいますよね。

まあ、実際をそれを言い分けにしてやらないだけなんですけどね。って言う私も最初の頃はそうでした。

結局スタジオじゃないとできないとか。体育館でもないととか、言い訳ばかり言っていましたが、やりたくないだけなんですよね。

が、本当に身体がヨレヨレになると、そんなこと言ってられません。っていうか、私の場合は腰が悪いので、腰痛体操をしないと一日中大変なことになるんですよね。

ですから、腰痛体操もしていますが、その前段階としてストレッチっていうのがあります。

これはいろんなストレッチがあって、よく出てくるのがダイエットのためのストレッチとか。

他にも肩こり解消とか、股関節のストレッチとかあるから、自分の興味のあるものからやってみるといいと思います。

まず、簡単なものでいいから、身体を動かしてみると、意外とすっきりして続けてみようかと言う気になります。

で、本当に今まで全く身体を動かしてなかったいう人には、下の動画の1分で出来るストレッチからでもいいと思います。

寝る前にできるし、これを1週間やってみると、結構身体の疲れ具合が変わってくると思いますよ。試してみてはいかがでしょうか。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

私の場合は、若い頃から腰痛だったり、肩とか腰が凝りやすりから、そういうのを改善できるストレッチっていうのは気にしていました。

そうすると、意外と新聞とか雑誌にチョコチョコ改善用のストレッチって載っているんですよね。

とりあえず効果があるかどうかってことでやってみます。で、その通りじゃなくて、自分にいいように、もちろん時間短縮とかも含めてアレンジすると、結構毎日出来るようになるんですよね。

今では毎朝10分ぐらいストレッチしないと、身体がねじれ田ねじれ蔵っていうカンジなので、やっていますけどね。

あっ、ストレッチをやってももちろん人生のねじれはとれません。では、良い夏バテ防止を。

関連記事
夏バテを防止するには?
夏バテの防止法は?
夏バテに効く栄養ドリンクは?
夏バテ解消のお風呂の入り方は?
夏バテ解消の冷房の使い方は?

スポンサードリンク

-健康と医学
-,