アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

花火大会

横浜開港祭の花火を見る場所の穴場ってどこ?ホテルから見る?

2017/04/13

6月って祝日もないし、梅雨だし面白くないなあっていう人も多いみたいですが、首都圏だと、横浜開港祭りっていうのがあります。そして、ナント!花火もバンバン上がるんですよね。ってことで、横浜開港祭りの花火大会について、ゆったりまったり見ることがデキる穴場をお伝えします。ちなみに、私は6月生まれですが、何か?

スポンサードリンク

横浜開港祭の花火を見る場所は?

横浜開港花火って、いつよ?ってことですが、6月2日ですな。何やら江戸時代かなんかに黒船がやってきて、それが6月2日とか。

ってことで、毎年6月2日には横浜開港祭りが開催されます。横浜市内の学校は休みとか。いいですよね。はいはい、私はサンデー毎日でした。

で、6月2日にはパレードやらなんやらあるみたいですが、何時の頃からか花火大会も実際されることになりました。

ただ、2017年みたいに、6月3日っていうこともあるので、その辺は年によって変わるので、毎回確認してくださいね。

時間はだいたい午後7時過ぎ、7時20分ぐらいかっていうのが多いかな。終了は7時50分ぐらい。30分間のナイトショーです。

ですから、花火大会というと夏!っていうか、梅雨明けしてからっていうイメージですが、祝日もないし、おもしろくもなんともない6月に彩りを添えてくれるってことみたい。

そのせいか、首都圏ではこの横浜開港祭りの花火大会を楽しみにしている人も多いみたいですね。

ってことで、毎年60万人とも70万人と言われる人でごった返しています。若い人ならねえ。そういうところも楽しいですよね。

ですから、横浜開港祭りの花火見物のスポットとかいうと、山下公園だとか、横浜赤レンガ倉庫&赤レンガパークとかがベストスポットって言われていますよね。

確かにド迫力で見ることができるから、山下公園とかで見ることがデキるとねえ。ウッシッシなんですけどね。その分倍率は高いですよ。

朝の9時には行ってないと、場所取りでどこもないって言われています。学生さんとかで、暇な人ならいいですけどね。

2017年みたいに土曜日ならお勤めの人も休みの人が多いでしょうから、朝から場所取りできるけど、朝の9時からはねえ。チョット勘弁してほしいですよね。

ってことで、もちろん、山下公園なり赤レンガ倉庫なりで場所取りデキる人はジャンジャンやっちゃってください。そうじゃない人は、ちょっと穴場の方でゆったり観たほうがいいと思いすよ。

横浜開港祭の花火を見る場所の穴場は?

横浜開港祭りの花火をゆったり見ようと思ったら、そりゃーもう港の見える丘公園だしょ。っていうのが、花火鑑賞プロの常識。

というのも、まず打ち上げ会場から2キロ離れています。意外とこの2キロっていうのが距離があって、花火をド迫力でみたいっていうアンポンタンには物足りないみたい。

それから、カップルが多いところなんですよね。新年なんか、ここでカップルは年が明けて0時になった瞬間に抱擁しまくり千代子ってことで、寂しい中年は近づけません。

そんなこともあって、カップル以外はちょっと敬遠するっていうのも空いてる理由。

ですが、高台にありますからねえ。花火だとバッチリ見えるんですよね。それに、横浜の夜景も一緒に見ることがデキるし。

ってことで、大人の貴女には港の見える丘公園をおすすめします。あっ、もちろん寂しい中年でも、この日はO.K.ですけどね。

最寄り駅は、みなとみらい線の「元町・中華街」駅で降りると徒歩5分ぐらい。JRの石川町駅からだと、徒歩10分ぐらいです。


スポンサードリンク

横浜開港祭の花火を見る場所はホテルで?

えー、でも、このあたりの日程って結構雨が降ったりするじゃないですか。そんな中、港の見える丘公園まで歩くのもねえっていう、わがままおネエさん(含む【昔の】)っていう場合は、22世紀の鑑賞法もあります。

あっ、21世紀でしたね。失礼、失礼。つい黒船とかなんとか言ってるから、時代が分からなくなりました。私は昭和の人ですが、何か。

というのは、ホテルから鑑賞するっていうやつ。6月というと、首都圏は結構もう熱い日もありますよね。雨なんか降った日にゃあ、蒸し蒸し大行進ってことやってられません。

その点、ホテルからだとねえ。冷暖房完備。ルームサービスで冷えたワインとかでウッシッシってカンジですかねえ。あっ、もちろんベロベロになっても植え込みコースになる心配もありませんからね。

山下公園の近くにはたくさんビジネスホテルがあるから、そこからだとリーズナブルな金額で、バッチリ鑑賞することができます。

が、その分これまた倍率も高いですからね。早目に予約しておいてくださいね。もちろん、予約の際は、花火の見える部屋っていうのを忘れないように。

ですが、大人の花火鑑賞ってことなら、そりゃーもうヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルでしょう。

ここからだとバッチリ見えるので、優雅なひとときを過ごすことができると思います。ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルって、あの三日月型のホテルです。

確か、映画「東京家族」でも橋爪功と吉行和子が、ここに泊まって花火を見るっていうのがあったと思います。あのホテル。
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

ってことで、結構なお値段なので、意外と前日でも空いていることがあります。そうはいっても、雨天結構なので、ゴールデン・ウィークが明けたら、予約しておいたほうがいいでしょうね。

他にも、横浜ロイヤルパークホテルやパンパシフィック横浜ベイホテル東急からも絶景なので、満室だった場合は、この2つに当たってみるのもいいかもしれませんね。


関連ウッシッシな記事

yorezoの戯言

ということで、20代の頃までなら、暑い中人混みに入っていくのも苦になりませんでしたが、歳を取るとねえ。

ってことで、ミドルエイジの方々、はたまた若いけどゆったりまったりしたいっていう方は、22世紀の花火鑑賞スタイルっていうのもいいんじゃないでしょうか。

そういえば、学生時代は男の先輩と山下公園とか港の見える丘公園に夜景を見に行って、カップルばっかりだったから、「俺たち変態じゃないよ」とかいいながら歩いた覚えがあります。では、良い花火を。

※花火大会についての記事は、こちらにまとめてあります。
花火大会まとめ一覧

スポンサードリンク

-花火大会
-,