アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

季節のイベント

節分に柊イワシを飾るのはなぜ?いつからいつまで?処分の仕方は?

2017/02/26

節分と言えば、豆まきと思っていたけど、何やら玄関とかにイワシの頭を飾るとか。それもヒイラギの葉が必要とか。

なんかおばあちゃんがそんなこと言っていたけど、あれってナニ?豆まきだけじゃあダメなの?それに、ちょっと興味あるんだけど、どうすればいいの?

という方に向けて解説します。

スポンサードリンク

節分に柊イワシを飾るのはなぜ?

イワシの頭を飾るのは、正確には柊鰯(ヒイラギいわし)といいます。そもそもは、柊鰯、節分に魔除けや厄除けとして使われ、昔から日本で行われている風習とのこと。

って言ってもねえ。最近はやってる人はやってるけど、核家族化や独り暮らしでそんなに見かけませんよね。豆まきで十分じゃん。と思うかもしれませんが、実は「門守」と言って、魔物や災難を避けるためのおまじないの一つとして使われていたんですね。

ですから、まあ豆まきで鬼は出て行っても、それ以外の魔物や災難を避けようという事みたい。せっかくなので、今年はやってみてもいいんじゃないでしょうか。

その柊鰯、柊の小枝に焼いた鰯の頭を刺して作るんです。焼かないといけないんですね。なんでかって言うと、焼いた鰯の煙や臭いによって鬼が近寄らないと言われているからなんです。

そしてもう一つは、なんで柊かってことですが、これは、柊の葉の棘が鬼の目を刺して侵入を防ぐからと言われています。ですから、まず鰯を焼いて、そして柊に刺すという2段階方式。これでバッチリです。

あっ、そうそう、完成した柊鰯は、玄関の戸口に飾りってくださいね。鬼が入って来ないようにってことですからね。、

ちなみに、鬼が嫌う臭気を放つものとしてニンニクやラッキョウを用いる地域や、鰯の頭ではなく尻尾の部分を飾るところなどもあるということで、その辺りは狭い日本ですが、地域によって若干の違いはあるってことですな。

節分に柊イワシを飾るのはいつからいつまで

由来は分かったけど、じゃあ一体いつからいつまで飾ればいいの?ってことが知りたいですよね。節分に鬼が来ないようにってことは、節分の前?でも、また例によって前日だと1日飾だなんだってうるさいじゃないですか。

その辺りは諸説ありますが、一番多いのは、小正月(1月15日)の翌日から、節分(2月3日)までみたいです。

スポンサードリンク

後は、節分の日のみっていうのもありました。節分の日から2月一杯とか、節分の日から一年間というのも。その辺りは、地域によって違うみたいなので、代々伝わる期間でもいいですし、今住んでいる土地の習わしに従うのでも良いでしょう。 

節分の柊イワシの処分の仕方は?

で、こういうのってやってみたいけど、処分の方法が分からないから困るっていう人も多いですよね。普通に燃えるゴミに出したら、なんかバチが当たりそうだし。

諸説ありますが、世間一般に言われているやり方としては、

1.神社で焚き上げてもらう
2.玄関先に埋める
3.灰になるまで焼いて、玄関先に盛る
4.塩で清めてから半紙に包んで捨てる

の4通りと言われています。一軒家だったらどれでもいいけど、マンションやアパートだと、玄関に埋める訳にもいかず、もちろん灰になるまで焼くことさえ難しい。

となると、21世紀の現代、特に一人暮らしだと、1.の神社で炊き上げてもらうか、4.の塩で清めてから半紙にくるんで捨てるが現実的ですよね。

神社でお焚き上げをする場合は近くの神社のどんと祭へ持参するのが一般的。ですが、ここで問題になるのが、柊鰯をいつ外すのかってこと。上に書いたように地域によって違いますからね。

1.柊鰯を取り下げるのが、その年の2月4日であればその年のどんと祭
2.柊鰯を取り下げるのが翌年の2月3日の場合は、翌年のどんと祭

となります。なんか面倒くさいですよね。それにどんと祭に行けるかどうか分からないし。ってことで、最近は塩で清めてから半紙に包んで捨てるという方法が、多いみたいです。

まあ、要するに柊鰯は、鬼除けですから単なる生ゴミとしての扱いは避けましょうということですから、その点をしっかり認識していれば大丈夫です


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、今年は豆まきにプラスして、柊鰯も飾ってみるのも良いかもいれません。あっ、でも結構、ネコとかカラスとかに鰯を食べられてしまうので、そこのところは気を付けてくださいね。

とは言っても、地域によっては、柊鰯は猫に食べられるまで飾っておくという風習があるところもあると聞きますので、これまたあるがままの精神でよいのかも。

では、新しき年は幸多き年となることをお祈りいたします。

関連記事
節分の豆まき マンションでは?
節分の鬼にはなぜ豆をまくの?

スポンサードリンク

-季節のイベント
-,