アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

洗濯機のカビというかワカメみたいなものの掃除におすすめは?

洗濯機で洗濯したのに、なんか黒いワカメみたいなものが服についているってことがありますよね。これってカビですかね。掃除ってどうすればいいんでしょうか。おすすめのものってなんですかね。

スポンサードリンク

洗濯機のカビというかワカメみたいなものが

洗濯したっていうか、22世紀の現代は洗濯板でゴシゴシってことはないでしょうから、みなさん洗濯機で洗濯しますよね。これで汚れもきれいに落ちました。

っていうのが洗濯ですが、洗濯した後に干そうと思って洗濯物を広げたら、何やら黒いカスというかワカメみたいなのがついてるってことありますよね。

これってナニ?なんでこんなのが付くの?って思うんですが、これってカビでんがな(なぜか関西弁)。洗濯機の中についているカビが洗濯物についたってことです。

ですから、いわゆるどろんこになったり、汗とかは洗濯したら取れるけど逆にカビが付いたってことだと、なんだかなあってことになりますよね。

特に梅雨時とか、夏場は高温になるから、洗濯機の中ってカビの温床。ジャカジャカ生えています。小さい子とかいるとねえ。カビの胞子がくっついて病気になるから、早急に除去してください。

まずは、ゴミ取りネットですよね。ここに糸くずっていうか、そういうのが溜まっていると思いますが、それを頻繁に取っていれば、カビにも気が付くと思います。

糸くずがいっぱいになるまでほったらかしていたら、見てみたら、なんか黒ずんでいたってこともあるので、まずはゴミ取りネットのカビを除去してくだい。

これは簡単、ゴミ取りネットを外して、まずは使い古しの歯ブラシみたいなので、ゴシゴシ洗うと、だいたい落ちます。が、それだけならネットの繊維に入り込んだカビは落ちないので、キッチンハイターのような塩素系漂白剤に30分程度つけておけば完了です。

定期的に1ヶ月から少なくても2ヶ月に1度はこれをやれば大丈夫。まあ、洗濯が終わったら、その都度糸くずを捨てれば状態も確認できますからね。

あと、もう一つは洗剤投入ケース。ここも結構カビが生えています。ですから、歯ブラシでゴシゴシやってください。

ケース自体が外せるものだと、裏表全部確認すれば、結構ねっとりしたものが付いているので、それを落とせばおしまい。ここも1ヶ月か、少なくても2ヶ月に1度は掃除してください。

これをきちんとやっているいるだけで、結構変わってきますからね。主婦ならあったりまえのテンテンよってことですが、私の様な寂しい中年とか、一人暮らしをはじめてまだ1年とか2年だと、意外と何で?なんで?ってことだと思います。

が、この2つ以外に一番の問題は洗濯槽。ここが一番のカビの温床。そして、ここのカビの除去が一番大変なんですよね。

洗濯機のカビ掃除は

洗濯機のカビのほとんどは洗濯槽についたもの。上に書いたゴミ取ネットとか洗剤投入ケースなんかはかわいいもの。掃除もすぐできますしね。

が、それを掃除してもワカメみたいな黒いものは出てくるんです。それが洗濯槽に着いたカビ。だいたい1年以上使っているとついてきます。

だって、洗濯がおわっても水分はたっぷり。それに梅雨から夏を経過すると、温度は高い状態が続いているから、カビの繁殖にはもってこいなんです。

かといって、掃除ってできないですよね。ですから、普通に使っているとこの洗濯槽にびっしりカビが生えているっていう訳。

で、気が付いたらワカメみたいなのがじゃんじゃん出てきて、どうしようってことになるんですよね。

よく、リサイクル市場とかの再生工場がテレビで放映されているけど、まずこの洗濯槽の汚れを取っていますよね。カビ以外にも、ここには汚れでドロドロになっていますからね。

じゃあ、買い換えるしかないの?ってことです、そんなことはありません。取扱い説明書を読んだら、洗濯槽のメンテナンスっていうか、掃除の仕方が書いてあります。

最近の全自動洗濯機だと、ほとんどのモノが洗濯槽洗浄コースっていうのがあるから、1ヵ月に1回ぐらいそれをやっていれば大丈夫。

ですが、これってだいたい12時間ぐらいかかるんです。ですから、やりませんよね。特に一人暮らしの人は。私もそうでしたから。

それに、ワカメが出てきた段階だと、超強力な洗濯槽洗剤を使わないと取れないし。休みの日にやると、洗濯できないので、勤めに出る日に朝セットして出かけてください。夜戻ってきたら完了しています。

洗濯槽洗浄コースがない洗濯機だと、一番多くまで水というかぬるま湯をいれて、半日置きます。もちろん洗濯槽洗剤も入れます。

その後、通常の選択コースを選んで終了までやると、カビは取れます。が、もちろん、ワカメが出てきた段階だと、1回2回じゃ取りきれないので、3回から5回、ワカメが出なくなるまでやってください。


スポンサードリンク

洗濯機のカビ掃除のおすすめは?

じゃあ。その洗濯槽洗剤はなんでもいいの?ってことですが、基本的に何でもいいです。特に新品の洗濯機を買ってきてから、1月に1回は洗濯槽の洗浄をしているのなら、どれでも大丈夫です。

が、ワカメが出てきた人ですよね。って、私のことですが。こうなるとねえ。いろいろ試したけど、意外と効かないんです。

もちろん、多少の効果はありますよ。なんか前回よりもワカメの量が少なくなったなあっていうのあるけど、それでもちょっとは出る。

ってことでたどり着いたのが、この洗濯槽洗剤。エステーの洗濯槽クリーナーって奴。カビ胞子除去率99.9%って謳っているだけあって、これをやったら一発でワカメが出なくなりました。

が、かなり強い薬品のようで、終わった後は洗濯機の中は薬品くさいです。ただ、このエステーの洗濯槽クリーナーを使えば、終わった後にもう一度洗濯物を入れずに洗濯コースをしなくても、ワカメが出ることはありません。

通常の洗濯槽洗剤だと、洗濯槽洗浄をしたあとに、洗濯物を入れずに選択コースをやらないと、ワカメのカスがついてくるってことがあるんですね。

ワカメのカスっていうか、カビ自体は取れるけど、まだ洗濯槽についていたりするってことみたいです。このエステーの洗濯槽クリーナーはそれも根こそぎとるから、その必要はありません。

が、その分薬品の匂いが強いから、洗濯槽洗浄をしたあとは、お父さんのパンツとか(笑)、臭いがついてもいいもので、一度洗濯する方がいいかもしれませんね。

あっ、寂しい中年はしょうがないから、靴下でもあらってください。もちろん、パンツでもいいけど。

ってことで、いろいろ試した結果、洗濯槽洗剤の一番のおすすめは、エステーの洗濯槽クリーナーですかね。
【企画品】ウルトラパワーズ 洗たく槽クリーナー 2本パック(1セット)【パワーズ】[洗濯槽クリーナー]


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

考えてみれば、5年ぐらいは洗濯槽洗浄ってしてなかったんですよね。ゴミ取ネットとか、洗剤ケースは洗っていたけど。

そりゃー、ワカメも付いてきますよね。これはもう買い換えるしかないかと思っていたけどエステーの洗濯槽クリーナーを使えば、バッチリでした。

それからは、3ヶ月一度洗濯槽洗浄をやっています。未だにワカメがでることはありません。ワカメで悩んでいる人はぜひ、洗濯槽洗浄をやってみてください。では、良いワカメを。

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,