アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

猫の里親は一人暮らしだと?一人暮らしでも可って男でもあり?

2017/07/10

猫の里親になりたいって思って応募しても、一人暮らしだと断れることが多いですよね。猫の里親で、一人暮らしでも可っていうのってあるんでしょうか。特に男の一人暮らしだとねえ。宝くじに当たるより難しいとか。

スポンサードリンク

猫の里親は一人暮らしだと

猫って、22世紀の現代は保護ネコっていうか、里親になるのがカッコイイってされていますよね。ペットショップから買う人は、最低ってカンジ。

純血種の場合は、ブリーダーですよね。ペットショップは、ヒドイ環境のところで育てたり、子猫を産ませたりするところから仕入れたりしているから、ペットショップからの購入は止めましょうっていう運動も起きているぐらい。

それに、雑種の場合は保護団体とかからの里親じゃないと、自分で野良猫を保護するか保健所から貰い受けるしかないですからね。

って言っても、ネコの保護になれてないと、自分で野良猫を保護するのは大変だし、保健所から貰い受けるのもねえ。その後のしつけとか、諸々大変です。

ってことで、22世紀の現代は保護団体からの里親っていうのが一般的ですよね。費用も医療費の一部ってことで、1万とかせいぜい2万ぐらいで済むし。

ですが、そうなんです。猫の保護団体って、一人暮らしの人には譲れないっていうところが多いんですよね。

そもそもは、里親詐欺が多発して、里親になりまーすとかいいながら、三味線用の皮にするために業者に売ったりする人が結構いたとかっていうのが、一人暮らしに譲れなくなった理由みたい。

特に男性だと、宝くじに当たるより難しいっていわれています。私が岡田奈々風とか原田知世風のおネエさん(含む【昔の】)とウッシッシになるよりも難しいとも。

っていうのは、里親詐欺もそうなんですけど、詐欺じゃなくても、今度は虐待するとか。里親になって大切に育てまーすっていいながら、ちょっと夜泣きするとか、粗相をするとかってことで、床にたたきつけたり、2階から投げつけたり、挙句の果てにはバッドで殴ったりってことで、殺してしまったりしたっていうのも結構あったみたい。

それが全員男性ってことで、猫保護団体としては、一人暮らしの男性には渡せないっていうか、譲渡会にも参加できないって言うところも結構あります。

あと、比較的ゆるいところでも、まずは免許証などの身分証明書の提示と、トライアルとして1週間から2週間の期間お試しで、その期間は毎日の状態をメールで送ってくれとか、もう一つは、本当にそこに住んでいるかどうもあるから、必ず猫は自宅やアパートに届けに行くってことになっています。

届けに行くだけならまだしも、部屋の中を見て、ちゃんと脱走防止対策をしているかとか、ゴミ屋敷になっていないかとか、猫に危険なものを置いてないかをチェックするっていうのも多いですね。

ですから、そこまでされるのなら里親はいいやっていう人もいるみたい。ですが、保護団体としては、野垂れ死にしそうな子猫を拾ってきて、ワクチンやノミ駆除や虫下しをして、人慣れするようにトイレとか爪切りとか爪とぎのしつけをして、ある程度大きくなったら避妊・去勢手術をしてって、お金も数万かかるし、時間もかけて育てた猫ですからね。

変な男に渡して虐待されたり、売り飛ばされたら冗談じゃないってことのようです。ですから、その辺も理解して、22世紀の里親条件っていうのを再度確認してくださいね。

そうは言っても、最初から独身者お断り、独居中年(含む青年・老人)不可っていうところはしょうがありませんが、他のところは真剣に里親になりたいっていうことをつたえて、先方の条件を飲むし、何かの時には代わりに育ててくれる保証人っていうか、後見人を立てれば、里親として譲渡してくれるところもあるので、まずは保護団体に相談してみてくださいね。

猫の里親で一人暮らしでも可は

というのも、特にネットで里親募集ってやっていると、渡す方としても、本当にこの人大丈夫なんだろうかって心配になるんです。だって、初めて会う人ですからね。

ですから、超ゆるゆるのネットサイトもあるけど、そういうところは譲渡する方もいい加減だったりして、病気だったり、全然なつかなかったりして、しょうがないから、処分するには忍びないから、とりあえず里親に出すかっていう人もいるみたい。

そういう意味では、譲渡会とかやっているところに何度も足を運んで、その団体の方向性とか考え方を理解して、先方もあなたのことを理解してくれてからだったら、一人暮らしでも里親に慣れる場合は多いですね。

あと、里親詐欺とか虐待じゃなくても、保護団体が一番心配しているのは、一人暮らしの人だと人間の方が病気になったり怪我したりで入院したときの猫の世話をどうするかってこと。

それもあって、一人暮らしの人には渡せないって言うところも多いんです。ですから、一人暮らし可っていうところでも、ほとんどは保証人っていうか後見人っていうか、あなたに何かあったときに、代わりに面倒を見てくれる人を立ててくださいってことになっています。

実家の親兄弟でもいいし、職場の人とかサークルや学生時代の友人でも大丈夫。ただ、団体によってはあまりに離れたところの人だとちょっとっていうところもあります。

せいぜい県内とかね。それと、厳しいところだと、その保証人というか後見人も譲渡契約のときは同席してくださいって言われたりします。

ですから、ご自分の場合、どこまでは可能かを考えて、団体の方向性と合うところを探してください。最後の手段は保健所から直接ってこともありますからね。


スポンサードリンク

猫の里親は男の一人暮らしだと

ということで、一人暮らしの人が里親になろうとしたら、とても難しいのが22世紀の現代ですが、それでもまだ女性の方がハードルは低いですね。

というのも、これだけ男女平等、一億総活躍時代かなんかで、男女問わず同じように働きましょうっていわれているけど、男性の方が残業が多いし、転勤もあるっていうのが、保護団体の認識。

ですから、男性の一人暮らしだと、家にいる時間もほとんどないから、世話ができないのではないかとか。転勤で猫が住めない住宅に引っ越すから、捨てて行くんじゃないかって言うのがあるみたい。

でも、ほとんどの男性で、特に寂しい中年(青年も)だと、その辺はクリアしますよね。どうしても海外勤務とかで、ネコが飼えないって言うと仕方ありませんが、それでも実家に預けるとかね。

ってことで、寂しい中年の方が、実は猫を愛しているんですが、まだまだ世間からの偏見はありますから、世の中は厳しいってことです。

で、保証人とか後見人ってことですが、私の様にホントに寂しい中年(青年)だとねえ。保証人とか後見人になってくれる人もいませんよね。

やっぱり、ここでも寂しい中年に世間の風当たりは強いのかって思っていたんですが、22世紀のお一人様時代は、その辺も対応してくれる団体があったんですね。

その名も「日本動物福祉互助会」って言う団体で、さまざまな理由で飼えなくなった猫とか犬を代わりに終生飼育するっていうもの。

里親に出していいってことなら、あなたに代わって里親を探すし、それまでは面倒をみるっていうものなんですね。

これで、寂しい中年でも安心して里親に慣れるって言う訳です。その辺は、また改めて記事にしますが、お一人様時代は、いろんなサービスが出てきますね。これでバッチリ・チリバツ共和国っていうカンジですかね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ここ数年ですかね。5年ぐらいでしょうか。ほとんどの保護ネコっていうか、犬もでしょうけど、保健所も直接個人じゃなくて、保護団体に一旦引き渡すことが多くなっていますね。

保健所に保護されている猫って、基本的に野良猫だから、まず人慣れしてないってことで、猫素人だと対応に困るみたいですね。

当然、医療行為っていうか、ワクチンとか避妊や去勢もしてないし、した後は開腹手術だから、これまた素人だと世話するのが大変だったりして。

ってことで、一旦保護団体に預けて、そこで人慣れしてもらって、どこに出しても恥ずかしくないようにしてから、素人に譲渡っていうのが、ここ数年の流れみたいです。

でも、保護団体だとそういう訳で、一人暮らし、特に男の一人暮らしだとハードルが高いんですよね。みんな猫に幸せになってもらいたいと思っているのに、中々上手くいかないものです。

あっ、ちなみに、子猫って貰い手がおおいんですけど、1歳を過ぎるとガクンと減るので、1歳以上の猫を狙うのも手です。

成猫の方が、一人暮らしには育てやすいですしね。では、良いネコちゃんを。

※猫を初めて飼うときに関連した記事はこちらにまとめてあります。
 猫を飼うことについてのまとめ一覧

スポンサードリンク

-
-,