アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

猫の脱走防止は網戸も必要?玄関とか手作りでも対応できるのか?

2017/07/10

猫って一度でも外で過ごしたことがあると、完全室内飼いでも、外に出たがりますよね。特に成猫で里親として引き取ったりすると、スキあらば脱走ってことで。それもあって、猫を飼う場合は脱走防止が必須。網戸は当然ですが、玄関もね。最近は手作りで脱走防止グッズを作る人もいるみたい。

スポンサードリンク

猫の脱走防止は網戸も?

猫って脱走したがりますよね。って言っても、本当に脱走したいわけじゃないけど、外をよく見たりしてねえ。

ドアとかも、最近の建築物によくある形のドアノブがL字型で上下に動かせばドアが開くタイプだと、そこにぶら下がって開けることを覚えるし。

ふすまとか引き戸だと、相当立て付けが悪くない限り開けてしまうんですよね。ある意味賢いというか。

ですから、まずは窓ですね。アルミサッシの窓は、キチンと締めてあれば大丈夫ですが、チョットでも開けておくと、そこに手をいれて広げて、自分の体が入るぐらい開けてしまいます。

ですから、鍵をかけるかストッパーで、それ以上開かないようにしておきましょう。ホント、一度出ていってしまうと、戻ってこないことも多々ありますからね。

それに、網戸。これが一番の問題。まず網戸は必ずストッパーを付けて、それ以上開かないというか、動かないようにしてください。網戸って軽いから本当に猫の手で開いてしまうんですよね。それともう一つは、突進されると破れます。

猫用の網戸じゃないと、普通設置してあるのもだと、突進されても破れるし、爪でキーってやると穴が開きます。

ってことで、網戸の部分には金属製の金網を付けてください。猫ちゃん用の脱走防止グッズも売っているので、それなら大丈夫。

100均とかで売っている金網を結束バンドでつなぎ合わせて、窓の部分というか、網戸の部分にはめ込んでいる人も結構います。

金網自体は猫ちゃんだと突破できないけど、きちんと設置してないと金網ごと外れて、その隙間から脱走するってこともあるから、そこは注意してください。

あと、脱走防止とはチョット違うけど、台所とかには入ってきてほしくないってこともありますよね。

食べ物扱っているっていうのもあるけど、火を使ったり包丁使ったりしていますからね。ですから、ちょっとした柵を入ってほしくない部屋に設置する人もいます。

実際には、猫って1メートルぐらいは軽々とジャンプするから、逃亡防止っていうことなら意味が無いけど、猫に、ここは入って来ないでって言う意味では、意外と便利っていう人も多いですね。

猫の脱走防止で玄関は?

で、猫脱走の対策の一番は玄関ですよね。玄関のドアを開けた途端に、するりと逃げて行ったっていうのが、脱走で一番多いって言われています。

ですから、ドアを開ける時にバッグ等で防御して開けるって言う人もいるし、逆に宅急便とかが来たときに、大きく開けられて逃げるのを防止するために「猫がいます」って言う張り紙をするっていう人もいます。

が、これはもう二重扉にするしかないですね。玄関の前にもう一つ扉を付けるっていうもの。ここはやっぱり1メートルぐらいの柵だと、簡単に飛び越えられてしまいますからね。

天井近くまでの高い物を付けてください。器用な人は、ここもホームセンターで金網と突っ張り棒を買ってきて手作りする人もいるみたい。

ですが、網戸というか窓と違って開け閉めを頻繁にしますよね。それに完全にドアというより、折というか、猫は通り抜けできないけど、格子になっているようなものの方が向こうの状態を把握できるから、そうなると普通の人は中々手作りは難しいみたい。

特に賃貸だとねえ。壁や天井を傷つけられないってことで困っているみたいですが、今は賃貸向けにもセミオーダーで作ってくれる脱走防止柵があります。

玄関の部分の幅と高さを図って、申請っていうかネットで注文ですが、ピッタリのものを作ってくれるので、それを設置すれば絶対に逃げられません。

だって、寸分の隙間もないし、天井いっぱいまで格子がついているから、ルパン三世じゃないと無理ってカンジですかね。

チョットお値段はするから、その辺はご用意ください。ただ、脱走されると、その後チラシ作ったり、警察や保健所に届けたり、地域の保護団体に連絡したりって大変ですよね。

それででてくればいいけど、戻ってくるのは3割から4割って言われているので、それを思えば、バッチリ脱走防止柵を設置した方がいいと思いますよ。


スポンサードリンク

猫の脱走防止を手作りで

器用な人はそんな訳で、脱走防止柵は手作りしている人が多いです。ネットで検索しても、動画で説明してあったりするから、これぐらいならって思いますよね。

特に窓というか網戸対策はねえ。ホント100均でもホームセンターでもいいから、金網を買ってきて、それをつなぎ合わせて窓にはめるっていうので十分みたいです。

ただ、もう一方の窓が開かないように、ストッパーも必要ですけどね。って言っても、窓のストッパーってこれまた100均で売ってますよね。

泥棒防止グッズとかなんとかいって、窓のレール部分にはめるヤツ。あれで十分です。設置してみて、手がやっと入るぐらいまでしか開けないところで、止まるようにすれば問題ありません。

完全に夏とか冬になって、エアコンかけて窓は締め切るってことならいいけど、春秋は窓を開けてしまいますからね。その辺は注意が必要です。

それに、里親として猫を譲渡する場合も、最近は脱走防止対策がしてあるかどうをチェックしてからっていう保護団体もありますからね。万全を期してください。
猫脱走防止パーティション キャキャ(CatCatch)【ネコ ねこ 猫 脱走 防止 脱走防止 とびら 扉 フェンス パーテーション 猫 ドア】


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

猫ちゃんも、ずっと室内飼いだとそんなに脱走は試みないっていうけど、何かの時に出ていってしまうってこともあるみたいですしね。

特に1階とか平屋とかだと出やすいし、高層階だとそのまま落下して骨折ってこともあるので、脱走防止対策は重要です。

猫を飼っている人の家に行くと、玄関にその折というか、脱走防止柵があって、なんか人間の方が折の中で暮らしているみたいで、初めてみたときは大笑いしてしまったんですけどね。

ってことで、22世紀はペットと一緒に暮らすのも、いろいろと大変です。では、良い脱走防止策を。

※猫を初めて飼うときに関連した記事はこちらにまとめてあります。
 猫を飼うことについてのまとめ一覧

スポンサードリンク

-
-,