アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

引越し

遮光カーテンの種類は?防音断熱効果は?ブラインドとどっち?

2017/02/25

新居では遮光カーテンにしようかと思っているけど、何やら種類も結構あるみたい。どういう基準で選べば良いのか分からない。っていう方に、解説します。

スポンサードリンク

遮光カーテンの種類は?

遮光カーテンを買おうと思って調べてみたら、何やら1級とか2級とか。これってどういう意味?1級の方が上質ってことですかね。

って思いますよね。日本酒でも昔は1級2級ってありましたからね。って若い人は知る訳ないか。

遮光カーテンは1級から3級まであります。これはカーテンの遮光性について、遮光率っていうものによって決められているんですね。

上等とかっていうのではなくて、どのくらいの遮光性があるのか分りやすくするために、それぞれ遮光率によって等級が決められているんです。

完全遮光:遮光率100% ただしNIFの定めには完全遮光という言い方はなく表示としては1級遮光となります。
1級遮光: 遮光率99.99%以上
2級遮光: 遮光率99.80%以上
3級遮光: 遮光率99.40%以上

試験方法JIS L 1055 A法(太陽光を想定した10万ルクスを照射し測定します)ってことですが、そんなこと言われてもねえ。

ってことで、一般的にどんなカンジかと言うと、

◆1級遮光
 ほぼ完全に光を通さず、お部屋はほとんど真っ暗!朝になっても気がつかないくらいの遮光性!明るいとぜんぜん眠れない人はこれがおすすめ!西日がきついお部屋にもどうぞ。直射日光が当たると、少々生地は透けますが、お部屋はほぼ真っ暗になります。

◆2級遮光
 かなり光を通さないが、直射日光が当たるとやっぱり透けます。直射日光がかなり気になる人にはもの足りないかも・・・朝の訪れがなんとなく分ります。普通はこれで充分。

◆3級遮光
人の表情のが解るレベル。全体的にうっすらと光が入ってきます。寝室だと、朝の光と共に明るくなので、あんまり遮光の意味はないかも。

ってことで、通常の寝室だと2級で十分ですが、夜のお仕事で昼間寝ないといけない人なんかは1級が必要かと思います。

それでも、カーテンレールのところから光は入ってしまいますから、完全に真っ暗にしたいのなら、カーテンレールが窓よりも結構高いところに付けてあるか、あるいはカーテンレールの上の部分をダンボール等でふさぐ必要があるので、その点は気を付けてください。

スポンサードリンク

遮光カーテンって防音断熱効果はあるの?

遮光カーテンだと防音効果とか断熱効果もあるって思っている人がいますが、基本的に防音断熱はありません。

ですので、防音効果や断熱効果を求めるのなら、その点も補っているカーテンにしないといけません。

と言うのも、ネットで検索すると「遮光カーテン、これにすると寒さも防げて冬も暖かい」とかいう宣伝が載っています。

が、それはコーティングをしてあったり、生地に断熱効果があるものを使っていたりするからです。

ですから、普通にスーパーとかで遮光カーテンを買ってきても、それが防音や断熱効果があるかどうかは、きちんと確かめてからにしてくださいね。

っていうか、ほとんどは防音・断熱効果はありませんから、そのつもりで購入してください。

もちろん、カーテンを閉めるとそれなりの防音・断熱効果はありますが、それは遮光カーテンでなくても一緒ですからね。そこのところは間違えないようにご注意ください。

遮光カーテンとブラインドどっち?

遮光カーテンを検討している人の多くが、ブラインドとどっちがいいんだろうかって言いますよね。ブラインドも閉めてしまえば、真っ暗になるものもあるので、これはもう好みとしか言いようがありません。

が、ブラインドを付けた人は10人中9人は、遮光カーテンの方がいいよっていいます。もちろん、その9人の中に私も入っていますけど。

っていうのは、ブラインドって掃除が大変なんです。軍手をはめてそれで間をこすれば埃が取れるとかいいますけど、それでも何回もやらないといけないし。

それに比べてカーテンなら丸洗いできますからね。あと、ブラインドって一度つけると、そう簡単に違うものに替えれないじゃないですか。

カーテンだと、時々新しいモノにして雰囲気も一新。違う部屋に引っ越した気分になれます。

ってことで、絶対にブラインドにしたーい!っていうのでなければ、カーテンをお勧めします。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、私も学生時代のすぐに光が漏れるカーテンから遮光カーテンにしたときは、気がついたら昼前まで寝ていたということもあったほとです。

とは言っても、やはり早寝早起きが一番。上にも書いたように光はさえぎっても、音はそうでもないですからね。昼間寝ようというのはなかなか難しいモノがありますよね。

では、おやすみなさい。

関連記事
引越し後の光熱費ガス代は?

スポンサードリンク

-引越し
-,