アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

歴史

大内義隆にザビエルが面会してキリスト教が国内に?風間トオルが熱演

2017/08/03

大内義隆というと、西の京として山口を繁栄させましたが、実はフランコシスコ・ザビエルが面会したことにより、国内にキリスト教が広まったともいわれています。大河ドラマの毛利元就では、風間トオルがその大内義隆を熱演していました。

スポンサードリンク

大内義隆にザビエルが

大内義隆っていうと、大内氏最後の大名っていうか、歴史上はその後大友家から大友晴英を山口に迎えて、新たな大内家当主大内義長として継がせてたけど、直系は大内義隆でおしまいですよね。

その大内義隆、陶晴賢に謀反を起こされるまでは、山口を西の京ということで、京都から文化人を呼び寄せて、飲めや歌えの大宴会を毎日していたとのこと。

それもあって、当時の山口って本当に栄華を極めていたみたいですね。ある意味公家の文化みたいなカンジ。

平和な時代だとねえ。それでまた文化も華開くんでしょうけど、なんたって戦国時代ですからね。

それじゃあ軍事担当からは不平が出るし、周りの列国も虎視眈々の好機を狙っていたって言う訳です。

その結果が陶晴賢の謀反なんですが、その前に実は大内義隆って、サンフランシスコ・サビエルじゃなかった、フランシスコ・サビエルと会っているんですね。

ザビエルがまず最初に大内義隆に会って、山口でキリスト教を布教したいっていったんですけどねえ。キリスト教って戒律がきびしいじゃないですか。

っていうのも、一説によるとっていうか、ほとんどの書物には書いてあるけど、大内義隆って男色だったそうな。女性も好きで、二刀流って奴。

で、それをザビエルに咎められたっていうのが、その時キリスト教を許可しなかった一番の理由と言われています。

が、もう一つはその時はザビエルって、単に布教のお願いだけで、身なりも汚いし、お土産もなかったからとも言われているんです。

で、しょうがないから、内緒で山口で1ヶ月ぐらい布教活動をしていたそうな。その後、京都に行って、時の勢力に布教のゆるしを得ようとしたみたいですね。

大内義隆とキリスト教

でも、山口にあるサビエル記念聖堂って、日本初の教会ともいわれているけど、それって内緒で建てたの?って思いますよね。

実はザビエルって2回大内義隆に会っているんです。1回目は、上に書いたように1550年。その時は、そんな訳でキリスト教の布教は許可されませんでした。

で、その後、ザビエルは平戸に戻ったりして、一度は京都に行ったんですよね。時の将軍かなんかに改めてキリスト教の布教をお願いしようとしたみたい。

ですが、当時って幕府も不安定だったじゃないですか。ってことで、こりゃ駄目だってことで、平戸に戻ったみたい。

じゃあ、栄華を誇っていた山口の大内氏に翌年の春ぐらいにもう一度ってことで、本来は幕府に渡そうとしていたお土産というか、高価なものとかを大内義隆に渡したみたい。

そのときは前回と違い、まずインド総督の日本国王宛の書状を帯びた使節としての品位のある恰好をしていったんです。

それもあって、日本では珍奇な品々を献上された大内義隆は大いに気をよくし、ザビエルの布教の願いを許可したってことなんんですね。

それに、その半年ほど後には大内義隆は、神父たちに土地を寄進し、教会の建設も許可しているんです。現金や奴ってカンジ。とは言っても、義隆自身がキリスト教に改宗することはなかったみたいですけどね。

ただ、その後すぐに大内義隆って、陶晴賢の謀反に遭っているんです。これも歴史の面白さっていうと叱られるけど、謀反がもう少し早かったら、キリスト教の国内の布教もまた違っていたかもしれませんね。


スポンサードリンク

大内義隆を演じた風間トオル

ところで、じぇんじぇん関係ないけど、大内義隆ってイケメンで男色家とは言われていたけど、実際はどんな人だったんですかね。

大河ドラマの毛利元就では、風間トオルが演じているんですよね。風間トオルが男色家かどうかは知らないけど、イケメン優男っていうのはピッタリですよね。

と言っても、最初からそんなんじゃなくて、毛利元就たちと一緒に尼子一味の本城、月山富田城を攻めるまでは、大内義隆もちゃんと軍事にも力を注いでいたみたい。

ですが、月山富田城で歴史的大敗を喫して、本当に命からがら逃げてきたっていうことがあって、戦には興味がなくなったと言われています。

今でいう精神的なダメージがあったんでしょうけどね。その辺り、風間トオルがとってもよく演じていたので、機会があれば、大河ドラマ毛利元就も見てみてくださいね。
湯田温泉 ホテルニュータナカ


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

サビエルが山口に来てキリスト教を布教したってことで、山口市にはサビエル記念聖堂っていう教会があります。昭和26年に出来たのかな。

サビエル来日400年を記念して造られたみたい。ステンドグラスがとってもきれいで、日本のものとは思えない建物でした。

が、1991年かなんかに火事で全焼したんですよね。あれはショックでしたね。私も小さい頃に何度が行ったことがあるし、小学校の遠足でも行きましたからね。

今は2代目が建っているけど、初代を知っている人からすると、ちょっとねえってカンジ。それでも2代目が建つまで結構時間がかかったら、あるだけよしとしますかね。冒頭の写真は2代目です。

山口に行った際には、ぜひサビエル記念聖堂にも行ってみてください。お泊りは、湯田温泉でドンちゃん騒ぎができますからね。

※戦国武将についての記事はこちらにまとめてあります。
戦国武将記事一覧まとめ⇒

スポンサードリンク

-歴史
-,