アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

SL山口の運航日って毎日走ってるの?料金とか撮影する時の注意とか

2017/09/08

SLって夏休みに運行するところも多いけど、SL山口の運航日っていつなんですかね。今度帰省したときに乗ってみたいし。料金って通常通りなんですかね。SL料金とかあるんだろうか。そういえば、SLやまぐち号の撮影で警察が出動したとかもあったみたい。気を付けないと。

スポンサードリンク

SL山口の運航日は?

休みのたびに電車や列車に乗りに行くのが電車オタク。電車オタクにもいろいろあって、乗るのが目的の乗り鉄とか、写真を撮るのが目的のの撮り鉄とか。

ですが、SLにおいてはちょっと電車オタクとは違いますよね。まず、ファミリーが多い。それに、小さいお子さんが主人公。

ってことで、オタクじゃない人も安心して(?)乗りに行くことができると思います。

そんなSLですが、今でこそ全国いろんなところで走っていますよね。北は北海道から、南は九州まで。

もちろん、昭和40年代までは、これまた全国で走っていましたけど、そうじゃなくて、SLが廃止になった後での話。

その中でも、トップを切って復活させた一つがSLやまぐち号。山口線で走らせたって訳で、やまぐち号。

昭和54年(1979年)に当時の小郡(現・新山口)から、津和野間の62キロ余りを2時間かけて走行するようになりました。

それから40年近く経っていますが、未だに運行しているので、逆に本来のSLの事を知らなくても、小さい頃にSLやまぐち号に乗った人がお父さんになって、今度は子供達と乗りにきているってこともあるみたい。

ということで、山口方面に行かれた際には、ぜひこのSLやまぐち号に乗ってみてください。といいたけど、運航日が決まっているんです。

基本的には、3月中旬から11月下旬までの土日祝日。たまにお正月とか、クリスマスに運行されることもあります。2017年は、12月も結構運行するみたいです。

ですから、私の様にふらっと平日に行っても乗れませんからね。あと、全席指定席だから、これまた事前予約。

それに、結構大人気だから、ふらっと行っても満席ってことが多いです。特に夏休みはね。ただ、直前に多少席が空くこともあるから、サイトでチェックしてみてください。

切符は全国のみどりの窓口で買えるから、別にJR西日本管轄じゃなくても大丈夫。山口行きの切符を買うついでに、SLやまぐち号の切符も調達しておいてください。

SL山口の料金は?

そんなSLやまぐち号ですが、SLのくせに停まる駅が決まっているんです。っていうか、ある意味特急。

新山口駅 - 湯田温泉駅 - 山口駅 - 仁保駅(下りのみ) - 篠目駅 - 長門峡駅 - 地福駅(下りのみ) - 鍋倉駅 - 徳佐駅 - 津和野駅

ってカンジ。まあ、ホントにオタクだったら、好きなところからどうぞってことですが、観光で乗るなら、始発の新山口から終点の津和野まで2時間の旅を堪能してください。

それから、観光地ってことなら長門峡もあり。新山口から長門峡まではSLやまぐち号に乗って、そこからは津和野までは普通列車で行ってもいいし。

逆に泊りは湯田温泉でドンちゃん騒ぎってことなら、行きは新山口から津和野まで乗って、帰りは津和野から湯田温泉までっていうのもありですね。

で、料金は始発の新山口から津和野までは大人1660円、子供830円。新山口から長門峡までだったら、大人1190円、子供590円。津和野から湯田温泉だと、大人1490円、子供740円となっています。

なお、SLやまぐち号って、運行日でも上り1本、下り1本なんです。ですから、そこは時間を気を付けてください。

下りは新山口を10時50分発で、津和野に12時59分着です。ただし、福地駅で14分停車するので、そこで機関車の撮影とかの時間はあります。

上りは津和野を15時45分発で、新山口着が17時30分。湯田温泉までなら17時14分着です。まあ、上下ともSLやまぐち号に乗れるっていうのは、ホントにラッキーだから、片道だけもいいんじゃないでしょうか。


スポンサードリンク

SL山口の撮影で注意

そんなSLやまぐち号ですが、福地駅での撮影なら問題ありませんが、いわゆる線路脇から写真を撮るオタク達がいますよね。

その辺は、オタクの皆さんの方が詳しいから、どこがいいスポットとかは書きませんが、先日ちょっとした事件があって、オタク達からも非難されています。

っていうのは、山口線の撮影ポイントの一つに長門峡っていうのがあります。これはSLじゃなくても、他の列車でも、ここは撮影ポイントなんですね。

が、そこには接近標識っていう黄色に黒の文字で線路のすぐそばに「長門峡」って言う看板っていうか、標識ですが、それがあるんです。

で、本物の電車オタクっていうか撮り鉄の人達の中では、その接近標識の「長門峡」があるからこそ意味があるっていわれています。

が、似非撮り鉄の中には、SLだけを綺麗に撮りたいのに、その標識が邪魔って言う人もいるんですね。で、ついにはその接近標識を取ってしまったんです。

警察が調べたら根元から切断されていたってことで、事件として捜査中とのこと。こういうのがあると、撮影禁止になる可能性もあるってことで、本物の撮り鉄は怒り心頭。

ホントに節度のある行動をしてくださいね。まあ、ここまで極端じゃなくても、結構線路の中に入ってしまう人も多いので、そこは元アイドルだったおネエさん(当時)達の様に通報されないように注意してください。
湯田温泉 ホテルニュータナカ


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

私が小さい頃は、そんな訳でまだ通常の路線にSLが走っていたんですよね。が、SLって乗ったことがある人は分かると思いますが、トンネルに入ると窓を閉めないと煙が車内に入ってくるんです。

それで、通勤に使っていた父なんかは、逆にSLが来ると「あーあ」って言ってましたね。それに椅子も固いでしたからね。

それが今では人気になるっていうんだから、世の中何がどうなるかわかりませんね。では、みなさんも良いSLを。

関連記事
山口県の紅葉というと長門峡?
※SL観光列車についての記事はこちらにまとめてあります。
SL観光列車記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,