アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

SL真岡鉄道の予約はできるの?運行日とか料金とかアクセスとか

2017/08/21

首都圏近郊でSLに乗れるところっていうと、真岡鉄道がありますよね。これまた余裕で日帰りできるから、大人気。でも、予約ってできるのかな。運行日とか料金とか知りたいし。それに、真岡鉄道ってどうやって行けばいいんでしょうか。アクセスもね。

スポンサードリンク

SL真岡鉄道の予約は?

SLもおかって、どこを走っているんですか?っていうと、そりゃーアンタ。真岡鉄道でんがなってことですが、その真岡鉄道が分からない。

栃木か茨城かあの辺って言うまでは分かるんですけどね。っていうと、叱られますが、栃木茨城群馬って、西日本の人間には分からないんです。

ですから、東京に住んでいても出身が関西とか九州とかだと、あの辺っていうところまでは分かるんですけどね。

同じように、東日本の人は島根と鳥取の位置がイマイチ分からないとか言いますよね。大分と宮崎とかね。

って、そんな話はどうでもよくて、真岡鉄道っていうぐらいだから、真岡に本社があります。栃木県真岡市。ですから、真岡から下館まで走っているのが真岡鉄道。

って思いそうですが、実際は真岡のもっと先の茂木から下館が運行区間です。下館っていうのは茨城県。

ってことで、栃木県から茨城県に向けて走っているんですね。もちろん、SLもおかもその区間、下館から茂木までの42キロ弱を走っています。

じゃあ、下館だったらチョチョイのチョイで行けるからってことで、首都圏からもワンサカオタクがやってきますよね。

オタクじゃなくても、小さい男の子とかいるとSLが好きですからね。でも、そんな大人気なら指定席を予約しておかいとって思いますよね。

が、これがSLもおかは指定席がないんです。整理券もありません。ですから、当日早くから並ぶしかないんです。

とは言っても、意外とホームが狭かったりするし、整列乗車が徹底されてなかったり、特に後ろの方の車両は駅員も見てなかったりして、インチキ割り込みする人とかいるから、そこは気を付けてくださいね。

ただ、その日に行っても乗れるので、どうしても乗りたいオタクにはいいけど、ファミリーでゆっくりってことになると、結構不満が出ていることもあるようです。

その点は、心して行ってくださいね。せっかくお子さんを乗せようとしたのに、なんか嫌な思いをしたって言う人もいるぐらいですからね。

SL真岡鉄道の運行日と料金は?

そんなSLもおかですが、運行は基本的に土日祝日です。もちろんゴールデンウィークとか、お盆辺りも運行しています。お正月はお休みみたいですけどね。

ってことで、多くの観光SLは3月か4月から11月ぐらいまでって言うのが多いけど、SLもおかは、1月から12月までの土日祝日。

ですから、お盆とゴールデンウィークは避けて乗る方が、混雑しなくて変な想いをすることは少なくなると思います。

料金は、運賃とSL整理券500円が必要。運賃はどこまで乗るかによってちがってくるけど、例えば始発から終点までの茂木から下館まで乗る場合は1030円。ですから、合計で1530円ですな。運賃はお子さんは半額になります。

1日下り1本、上り1本で、下りは下館10時35分発、茂木12時6分着。上りは茂木14時26分発で、下館15時56分着となっています。


スポンサードリンク

SL真岡鉄道のアクセスは?

じゃあ、アクセスはどうすればいいの?ってことですが、お住まいのところからどう行くかってカンジです。

多くの人は首都圏からだと下館から乗ると思いますが、これは行き方がいろいろありますよね。一般的なのはつくばエクスプレスで守谷まで行って、そこで関東鉄道に乗り換えて、下館っていうのがスムーズでしょう。

ただし、お金に物を言わせる人だったら、東北新幹線で小山まで行って、そこでJR水戸線で下館っていうのもあります。

もちろん、新幹線じゃなくて東北本線の宇都宮行きとかに乗ってもいいけど、まあ、東北本線沿線かつくばエクスプレスの方が便利かによるでしょうね。

まあ、私の様に自分探しの旅に出たい人だと、帰りは途中の益子で降りて、そこで焼きものを
見たりしていいいかもしれませんね。
益子舘 里山リゾートホテル


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

学生時代は筑波に居たから、下館っていうと地元みたいなカンジ。友達で下館から来ている人もいたし、家庭教師で下館に行ってる人もいました。

その頃はまだSLは走ってなかったんですけどね。そうそう、益子は良い町ですね。焼き物を見るだけで心が落ち着きます。

私の様な者でも買える安いモノから、当然高価なものまであって、宇宙人から1000万円もらったら、素敵な花瓶を買いたいと思っています。では、良いSLもおかを。

※SL観光列車についての記事はこちらにまとめてあります。
SL観光列車記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,