アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

ろくもんの料金とか食事内容とか運転日と予約の仕方も知りたいし

2017/08/21

観光列車のろくもん、人気で中々乗れないっていわれていますが、料金とか食事内容が気になるところ。それに運転日も毎日じゃないみたいだし。予約はどうすればいいんですかね。

スポンサードリンク

ろくもんの料金とか食事内容は?

ろくもんってなあに?ってことですが、六文銭って言うバンドっていうかグループがあったけど、あれとは関係ありません。

全く関係ないことはないけど、あっちも六文銭からの名前をとったんでしょうけどね。

ろくもんっていうのは、しなの鉄道を走っている観光列車。しなの鉄道ってどこ?ってことですが、長野から軽井沢間。

昔っていうか、新幹線が出来るまでは当然国鉄というかJRだったんですけど、新幹線が出来たから、第三セクターになったんですよね。それで、しなの鉄道。

そのしなの鉄道の観光列車がなんで「ろくもん」な訳?ってことですが、沿線に上田ってあるじゃないですか。

上田はあの真田家があったところ。で、真田家の家紋は六文銭ってことで、ろくもんになったみたい。

ってことは、真田一族の格好をした車掌さんとかがいるの?って思うかもしれませんが、基本的には観光列車というより食道列車ってカンジ。

信濃というか、主に北信州ですが、そのあたりの特産を使った料理とかワインを飲みながら、楽しんでもらおうっていうのが企画意図みたい。

もちろん、上田駅あたりでは、真田一族の格好をした駅長さんか、助役さんが、ホームでお出迎えしてくれますけどね。

ですから、美味しい食事をたのしもうっていう人が乗ってくるってわけ。コースというか、プランもいろいろあるんです。

イチオシはお昼ごはんを食べるコース。長野から軽井沢か、軽井沢から長野まで乗ってもらって、豪華な食事を堪能してもらうっていうもの。

で、これがまたコースが2つあって、下りというか軽井沢から長野へ行くのは、主に軽井沢のシェフとかが作っているもの。

ですから、和洋折衷ですが、創作料理系になります。軽井沢10:40発で長野が13:05着です。

じゃあ、長野から軽井沢は内容が違うの?って思いますよね。違うんです。上りっていうか、長野13:55発で軽井沢15:52着のは、懐石料理なんです。

ですから、上下線で食事の内容が違うから、どっちも楽しんでほしいっていうか、はっきりいって、儲けてまんなあっていうやつ。

あと、ワインがメインって言う飲んだくれコースっていうと叱られるけど、ワインと軽食って言うコースもあります。

これは下りだけで、軽井沢17:14発で戸倉に19:04着です。ワインが4~5種類出てきて、それに合うオードブルってカンジ。

戸倉って温泉郷ですからね。そこで温泉宿に泊まってしっぽりっていうのもいいかも。2017年6月には、ドラマ「鉄道捜査官」の舞台にもなりましたからね。

で、料金はフルコースとかワインメインだから、ちょっとそれなりです。

軽井沢から長野行きの創作料理コースと、長野から軽井沢行きの懐石料理コースは、平日が13800円、週末(土日祝日)が14800円となっております。

夕方のワインコースは、12800円ってことで、本番はその後のお楽しみですかね。

それから、食事なしの単に乗るだけっていうのもあります。これは大人1000円、子供500円だから、電車が好きなお子さんにはいいかも。

あと、クルーズプランっていうもあって、日本三大車窓っていわれている夜の姨捨からの風景を楽しんだり、ろくもんとバスを組合せて、戸隠とか小布施を回るツアーもあります。でも、ちょっとそれは別でも良いかなってカンジ。

ろくもんの運転日は?

そんなろくもんですが、運転日はねえ。結構毎日の様に走っています。通常観光列車っていうと、土日祝日ですけどね。

食堂列車だし、ちょっとお値段もそれなりだから、ある程度のミドルからシニアを狙っているってこともあって、平日もすぐに満席です。

食事なしの乗るだけコースは1号車だけの24席しかないから、土日祝日、ゴールデンウィークに夏休みとかは、即日完売ってカンジかな。

ですから、詳しい運転日は、ろくもんのサイトで確認してくださいね。見てもらえば分かるけど、結構走ってますよね。

ですから、なるべく予定がたったところで、予約してもらうのが、良いかと思います。大人気の列車ですからね。


スポンサードリンク

ろくもんの予約は?

じゃあ、予約はどうするの?みどりの窓口に行けばいいの?ってことですが、基本的にはネットで予約ってことになっています。

ネット以外だと、本社受付センターに電話するか、あとは直接駅の窓口に行くしかないんですよね。本社受付センターの電話はTEL:0268-29-0069(10:00~17:00

駅もねえ。限られているんですよ。軽井沢か小諸、上田、戸倉、屋代ってなっているから、首都圏からだとやっぱりネットですかね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ろくもんはねえ。ちょうどNHKの大河ドラマで真田丸を放送していたときに走り出したから、2016年は、本当に予約をとるのが大変だったみたい。

今はだいぶ落ち着いたけど、それでも世の中にはお金持ちと時間がある人が多いみたいで、結構満席なんですよね。

特に、3号車は障子で個室になるから、これまた直ぐに完売。乗ってる時間も2時間ってことで、食事を楽しみながら、車窓を見るっていうのもいいですね。

もちろん、ミドルやシルバーじゃなくても、若いカップルの方々もおデートにどうぞ。あっ、寂しい中年もね。では、良いろくもんを。

※SL観光列車についての記事はこちらにまとめてあります。
SL観光列車記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,