アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

東武鉄道にSLが走るけど区間は?日程とかチケットとか転車台とか

2017/08/21

何やら東武鉄道にもSLが走り出したってことで、これまたSLファンのオタンコナスとか、乗り物好きの子どもたちがこぞって押しかけているみたい。東武鉄道って言ってもどこを走ってるんですかね。運行日程とかチケットの入手方法も知りたいし。それに転車台まで設置したってんだから、これはやっぱり乗りに行きますか。

スポンサードリンク

東武鉄道にSLが走るけど区間は?

東武鉄道にもSLが走り始めましたね。って、もちろん、20世紀は走っていたでしょうけど、復活版。2017年8月10日から、東武鬼怒川線の今市から鬼怒川温泉間の12キロ余り。

で、これがC11っていう機関車。ABCDって機関車にはあって、D51とかC62が有名だけど、C11も北海道を中心に走っていました。

が、22世紀ですからね。最後尾にはELとかDLとかの電気機関車とかヂーゼル機関車も連結しています。

これは、SLだけだと牽引が厳しい区間とか、なんか故障のときにってことで、全国の復活版SLもほとんどはSLだけじゃなくて、ELとかDLがついています。

で、客車がねえ。いいというかなんというか、鉄道オタクならすぐに分かるけど、通称14系っていうやつで、外側はブルー。椅子もブルー。

で、昭和40年代に製造されたものだから、それなりのレトロ感はあるけど、戦前のみたいにおしりが痛くなるってことはなくて、いい旅になるんじゃないですかねえ。

あと、これって東武鉄道が相当力を入れていて、専属のアテンダントというか、おネエさんを配備。

日光観光協会所属のおネエさんを、各車両に1人配備っていうんだから、寂しい中年も、ウッシッシで乗りに行きそうですね。

で、その東武鉄道のSLですが、「大樹」っていうんです。なんだその森みたいな名前はってことですが、結構気合を入れて付けたみたい。

というのも、上に書いたように機関車はC11。ってことは、動輪が3つなんです。Dだと4つ、Bだと2つAだと一つっていうのが、CとかDとかの意味する所。

ですから、ヘッドマークも3つの動輪をモチーフにして、それぞれ意味があるんですよね。

っていうのが、その大樹プロジェクト、一つは鉄道産業文化遺産の保存と活用、2つ目が日光・鬼怒川エリアの活性化、で、3つ目が東北復興支援の一助ってこと。

あと、それに加えて日光・鬼怒川温泉・今市の3つのエリアが互いに連動し、地域の回遊性が向上してほしいという想いとか、「大樹」の由来のひとつである「東京スカイツリー」の足元が三本柱であるといった意味があるそうです。

ってことで、東武鉄道沿線では、ここんところ大樹のポスターばっかりだったみたいですが、ついに走り出したので、乗ってみてもいいんじゃないでしょうか。

東武鉄道のSLの日程とかチケットとかは?

じゃあ、その東武鉄道のSL、大樹かなんか知らないけど、乗ってみるかいって思っても運行日程をしらないとね。

だいたい、土日祝日とかですからね。って思ったら、この東武鉄道のSLは、もちろん土日祝日も運行するけど、2017年の10月11月は、金曜から月曜日までの4日間っていうのが多いですね。

まあ、日光ですからね。その時期は紅葉もきれいってことで、SL大樹に乗って、紅葉も見てほしいし、周辺を観光してほしいってことなんでしょう。

もちろん、それもありですけど、単にSLに乗るだけのアンポンタンの方でも、金曜日とか月曜日とかあると、平日休みの人でも安心ですよね。

で、チケットというか切符はってことですが、22世紀ですからね。基本は、ネットです。ネットで購入できるので、日程が決まったら、ちょちょっと予約してください。

電話でも予約できるし、03-5962-0102(午前8時30分~午後7時00分 年中無休(ただし年末年始を除く))東武鉄道の駅でも、押上・相老・赤城・寄居・越生駅および駅員無配置駅以外では、各駅で販売しているので、行ってみてください。

値段は、大人750円、子供380円です。12キロあまりですからね。乗ってる時間も30分ぐらいです。

そうそう、それで、この東武鉄道のSL大樹、1日3本の運行。1号は、今市発が、9時2分で、鬼怒川温泉着が、9時38分、3号は、今市発が13時ちょうどで、鬼怒川温泉着が13時36分、5号が今市発が16時32分で、鬼怒川温泉着が17時8分となっています。

偶数号は上りで、2号は鬼怒川温泉発が11時8分で、今市着が11時41分、4号は鬼怒川温泉発が14時35分で、今市着が15時9分、6号は鬼怒川温泉発が18時9分で、今市着が18時43分です。

ってことで、鬼怒川でゆっくり遊んでもいいし、もちろん、鬼怒川温泉でしっぽりっていうのもいんじゃないですかね。


スポンサードリンク

東武鉄道がSLのために転車台を

あと、これは鉄道オタクしか興味ないかもしれないし、オタクのみなさんはもっと詳しいと思うけど、今回のこの東武鉄道のSL復活に際して、転車台も購入したみたい。

転車台って、終点に到着した機関車をぐるっと回して、来た道を戻るように向きを変える施設。かなり大掛かりで値段もすごいから、意外と転車台がない復活SLもあったりするんですよね。

が、東武鉄道のSLは、何やら山口県の長門市のあったものを下今市駅へ、広島県の三次市にあったものを鬼怒川温泉駅に配置したっていうんだから、お金持ち。

これで、鉄道オタクも、そうでない人も、一度転車台を見てみてもいいんじゃないでしょうね。

鬼怒川温泉で一泊してのんびりっていうのもね。お父さんはウッシッシだい、僕ちゃんもウッチッチですな。
鬼怒川温泉 きぬ川ホテル三日月


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

SL、ここにきて結構人気みたいですね。まあ、確かに男の子とかは、あの機械の塊みたいなのが動くのは面白いでしょうしね。

それに、汽笛がねえ。汽車!!ってカンジですよね。その辺りも22世紀だからこそ、ザ・アナログが受けるのかもしれません。

まあ、寂しい中年の私は、鬼怒川温泉でのんびり温泉にでも浸かってこようと思っていますけどね。では、良いSLを。

※SL観光列車についての記事はこちらにまとめてあります。
SL観光列車記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,