アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

家計・貯蓄・資産運用

新社会人の貯金の方法は?積立は?銀行は?

2017/02/25

4月から社会人。いよいよ自分の稼いだお金で暮らしていかなければなりません。

社会人になったら、貯金もしようと思っているけど、どういうやり方がいいんだろうか?そんな疑問にお応えしました。

スポンサードリンク

新社会人の貯金の方法は?

毎月決まった給料をもらえるようになったら、やはり貯金をしておきたいですよね。

と言っても新入社員の薄給。本当にそれでやっていけるのか心配。社会人にもなって親に援助してもらうというわけにもいかないし。

となると、やはり生活してみて、その月の給料が余ったらその分を貯金するっていうのが妥当と思いますよね。

でも、それだと結局お金は残らないんです。財布の中や銀行口座にまだあるから大丈夫と思って使ってしまうんですね。

ですから、まず給料が振り込まれたら、自動的に引き落としで貯金されるシステムにしないと、いつまでたっても貯金はできないと思っておいてください。

新社会人の貯金 積立は?

ということで、社会人になったらいわゆる「積立預金」というのをやりましょう。給料日の翌日に自動引落にすれば、翌月は残ったお金で生活しないといけないので、貯金できないということはありません。

あと、勤め先に「財形貯蓄」というシステムがあれば、ぜひそれを活用というか申し込んでください。

財形の場合は、給料から事前にその分差し引かれてしまうので、最初から差し引かれた分しか給料がないってことで、これまた自動的に貯金ができるシステムです。

それに、税金の優遇もあるので、財形がある場合は是非申し込んでください。

とは言っても、最近は終身雇用が崩れてきたこともあり、意外と財形をやってない会社も多いので、その場合は上に述べたように、給料日の翌日に自動引落にするように「積立預金」口座を作りましょう。

スポンサードリンク

新社会人の貯金 銀行は?

で、どの銀行でその積立預金をするかってことですが、それはもう給料振込み口座のある銀行しかありません。

ネット銀行など、多少金利が高い銀行がありますが、給料振込み口座から自動的に引き落としてくれるならまだしも、そうでないと自分で送金するなり、一度引き出してから別の銀行に入れなければなりません。

そうすると、結局面倒だったり時間がなかったりするので、やらなくなって貯金ができなくなったということになります。

ですので、積立預金は給料振込口座のある銀行でやりましょう。会社によってはどの銀行でも給料を振り込んでくれるというところも多いので、自分がメインにしている銀行を指定すれば大丈夫です。

給料振込み銀行が指定される会社は、その銀行に積立預金口座を作ってください。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、貯金をするためには、とにかく自動的に、そして理想は給料が振り込まれる前にその分を貯金してもらって、手取りはその分差し引かれているという状況です。

財形ならそれができますが、そうでないと給料が振り込まれた後に積立預金に振替になりますので、できるだけ給料の振込日かその翌日には振り替えてもらうように設定しましょう。

その他金額設定などは、また別の記事にしますので、そちらを読んでくださいね。

では、新しい生活でのご活躍をお祈りいたしまーす。

関連記事
新社会人の貯金で積み立て預金は?
新社会人の貯金は家計簿から?
新社会人の家計の見直しは?
資産運用の初心者にお勧めは?

スポンサードリンク

-家計・貯蓄・資産運用
-,