アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

ゆふいんの森の運行ルートや運行日は?予約とかアテンダントも

ゆふいんの森って、大人気の観光列車だけど、2017年の大水害でルートが変わっているとか。運行ルートとか運行日ってどうなんですかね。予約方法も知りたいし。それに、アテンダントが美人とか。

スポンサードリンク

ゆふいんの森の運行ルートや運行日は?

ゆふいんの森っていうと、観光列車のさきがけっていうか、JR九州が誇る大人気列車ですよね。

九州はもとより、中国・四国、近畿一円。挙句の果てには首都圏を中心に東日本からもオタンコナスがワンサカ乗りにやってきます。

が、そうなんです。2017年7月の北部九州豪雨で、一部不通区間があるため、いっときは運休していましたよね。

何やら鉄橋まで流されたっていうんだから、その被害の大きさは甚大なもの。まだまだ現地の方々は不自由な生活をよぎなくされているみたい。

私も人生が流されているから、不自由な生活なんですけどね。って、誰も聞いてなかったですね。

そんなゆふいんの森ですが、2017年の7月15日からは、迂回ルートというか、いつもとは違ったルートで運行をしています。

通常ならねえ。博多を出発して鹿児島本線で二日市から大牟田ってカンジで、その後は九大本線で日田とか通って大分なんですよね。

ただし、ゆふいんの森って、博多発は博多発なんですけど、行き先は由布院までと、別府まで行くのがありました。

が、現在はそんな訳で久大本線が一部不通。ってことで、鹿児島本線で博多から小倉周りで、今度は日豊本線に入って、別府まで行って大分経由で由布院ってカンジです。

ですから、九州横断の景色を楽しみにしていた人にはチョット残念ですが、逆に北九州の人たちにはウッシッシなんですよね。

ただね、臨時というか、正規のルートじゃないじゃないですか。ですから、1日に2往復しかしてないんです。

通常ルートだったら、博多からゆふいんまでが2往復、博多から別府までが1往復の3往復だったんですけどね。

通常のダイヤの合間を縫って走らせているので、これまたNo GINGERってことで、スピードもね。遅いんです。

同じ路線を走っているソニックって言う特急がありますが、それだと2時間半から3時間なんですけど、ゆふいんの森は3時間半から4時間ってことで、まあ観光列車ですからね。のんびりいきましょう。

と言っても、現在のその臨時ルートは、停車駅を超しぼっています。博多→小倉→別府→大分→由布院ってことで、新幹線なみ。ですから、そこはちょこちょこ停まらないから、車窓からの景色をお楽しみください。

ゆふいんの森の予約は?

じゃあ、その臨時ルート、せっかくだから乗っておこうかってことですが、ゆふいんの森は全席予約制なんです。

特急列車とか、新幹線もそうですけど、とりあえず乗車券と特急券を持っていれば、車内で席が空いていれば座れるってことがありますよね。

が、ゆふいんの森はそれはありません。ですから、もしそんなことをしたら、次の停車駅で降ろされます。現に降ろされた人がいます。

ってことで、必ず事前に席を予約しておいてくださいね。予約自体は究めて簡単で、JRのみどりの窓口とか、旅行会社でO.K.です。

JRの九州のサイトでも予約できるので、ネットでちょちょいのチョイとやってみてください。


スポンサードリンク

ゆふいんの森のアテンダントは?

ところで、僕ちゃんはゆふいんの森に乗れれば大喜びですが、パパの愉しみというと、美人のアテンダント。

ママがいないことをいいことに、アテンダントさんと一緒に写真を撮ったりして、鼻の下を伸ばしているスケベオヤジも多いみたい。

確かにゆふいんの森のアテンダントさんは美人ばかりだし、最高のおもてなしってことで、シルバーの方々になると、息子の嫁にとか言って、これまた大変みたい。

そんなゆふいんの森のアテンダントですが、実はアテンダントさんにも階級というかステータスというか、そういうのがあって、JR九州内ではゆふいんの森のアテンダントが最高峰らしいです。

ですから、アテンダントになった方は、みなさんゆふいんの森に乗れるように、日々切磋琢磨し、試験とかもあるみたいで、そうきくと意外とベテランの人が多いかなっていうのも理解できますね。

ってことで、単に鼻の下を伸ばすだけじゃなくて、彼女たちのおもてなしをじっくり堪能するのもいいんじゃないでしょうか。
由布院温泉 ゆふいん山水館


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

日田が大水害で大変っていうのは、心が痛みますね。今は知らないけど、以前と言っても、40年ぐらい前ですかね。大分県というと、甲子園常連校に日田林工っていうのがありました。

あのあたりは以前は木材が多く取れていましたからね。地元産業にも貢献していたんでしょうけどね。最近は、大分も私立が強いみたいだから、ちょっと出てこないのが残念です。では、良い日田林工を。

※SL観光列車についての記事はこちらにまとめてあります。
SL観光列車記事一覧まとめ

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,