アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

雪で靴の滑り止めは底にするもの?輪ゴムでも効果はあり?

今年は秋がなくていきなり冬とかいう人もいるけど、そうなると雪対策をしないといけませんよね。特に首都圏とか大都市だとねえ。歩くだけで滑って転んで大分県ってことで、雪が降った時の靴の滑り止め対策はどうしますかね。やっぱり靴底に何かするんですかね。輪ゴムも効果があるのとか。ホントですかねえ?

スポンサードリンク

雪で靴の滑り止めは?

寒冷地だと、普通にスーパーとかで雪道用の靴っていうのを売ってるんですよね。もちろん、長靴だけじゃなくてビジネスシューズも。

ですが、東京とか、一冬に1回か2回しか雪が降らないっていうか、積もらないところですよね。そういうところでは、そんなの見たことないですよね。

私も東京に住んでいるときは、雪が降ったらっていうか、積もったら長靴で出勤していました。

が、意外と営業マンというか、そういう人達は長靴って言う訳にもいかず、革靴というかビジネスシューズで出勤して、滑って転んで大分県って言う人もいます。

大分県だけならいいけど、下手すると骨折とかもありますからね。そこは注意してくださいね。

じゃあ、その滑り止めですが、どうするの?ってことですが、もちろん、寒冷地に売っている様な雪仕様というか、滑り止めが付いた靴だと安心ですよね。

が、普通のお店には売っていません。デパートでもないです。アウトドア用品店とかにはあるけど、ビジネスシューズはないんですよね。

それに、一冬に1回か2回の積雪だとねえ。わざわざそんな靴を買う必要もないじゃないですか。

ってことで、簡単に滑り止めが付くっていうか、そういう靴の滑り止めっていうのが売っています。山登りをする人だと分かると思いますが、アイゼンのゴム版みたいなカンジ。

靴のつま先とかかかとの部分に、ゴムで出来たいぼいぼみたいなのを付けるんです。

って言っても、見れば分かるけど、靴の外からはめ込むものだから、雪道だとそれを使って、オフィスに着いたら外せばいいし。

朝は積雪があっても、帰りには溶けていれば使う必要はありませんからね。百均とかでも似た様なのを売っているので、とりあえず一つもっていてもいいんじゃないでしょうか。

つま先から土踏まずに掛けて装着するものもあるけど、それだと意外と歩き方に注意です。

かかとが滑りますからね。脚の裏全体に力を入れるって言うか、脚をなるべく垂直にあげて、垂直におろすというか、そういう歩き方。

普通に歩くと、かかとから地面について、つま先から土踏まずの部分で蹴るカンジですよね。

それだと、かかとで地面についたときに滑るんですよね。ですから、普通の歩き方をする人は、かかとの部分にも滑り止めが必要。

そういうのもあります。つま先とかかとを覆うカンジ。これも、ホントにそのポイントだけ覆うのから、なんかワラジみたいになったものまであるから、いろいろと試してみてください。
メール便送料0円 かんたん装着 雪道用 滑り止め【メール便対象商品】滑りどめ すべり止め ビジネス 靴 靴底 雪 氷 滑らない アイススパイク スノースパイク スノーブーツ 雪対策 携帯スパイク買い回り

雪で靴の滑り止めは底にする?

ところで、その靴の底に滑り止めをするっていうのはどんなもの?ってことですが、首都圏とかだとあんまり必要ありません。

というのも、金属のスパイクなんです。寒冷地だと雪だけじゃなくて、それが翌日には氷になるから、ゴムだとダメなんですよね。

それで金属製のスパイク。それが靴底についているので、しっかりグリップって言う訳です。

結構、アウトドアショップに行くと、スノーブーツってことで、売っていますけどね。

もちろんそのスノーブーツでもいいんですけど、寒冷地だと、普通にスーパーとかでビジネスシューズにそれが付いているんです。

ですから、安心・安心・また安心ってことで、みなさんそれを履いていますけどね。

えっ?でも、そんな金属製のスパイクが付いていると、雪が無いっていうか、室内とか、駅構内だと逆に危ないんじゃないかって?

そうなんです。雪がないところだと、コンクリート上を金属が滑りますからね。危ないです。

ですから、それは折り畳み式。雪がないところでは、パチンと折り返すと靴底に隠れてしまうので、普通の靴と一緒。

それを起こすと、スパイクになるから、氷の上でもしっかりグリップって言う訳です。よく考えていますよね。

まあ、寒冷地の靴屋さんだと、普通のビジネスシューズに、その加工もしてくれるので、気になる人とか、寒冷地に出張がある人が、次回行った時に、靴屋さんに行ってみてください。

首都圏にあるような、チェーンの靴メンテナンス店でもだいたいやっていますからね。

スポンサードリンク

雪で靴の滑り止めは輪ゴムもあり?

ところで、何やら雪が降った時は、靴の滑り止めとして輪ゴムが効果があるって言う人がいるけど、ホントですか?ってカンジ。

ゴムを巻けば滑り止めにはなるけど、流石に輪ゴムはねえ。って思ったら、普通の輪ゴムじゃなくて、やっぱり靴に撒きつける様のゴムのことみたい。

普通の輪ゴムを撒いてもすぐに切れたり、捻じれたりして使い物になりませんからね。

上に書いたように、簡単に普通のビジネスシューズに装着できる滑り止めの一種ってことで、いかにも大きな輪ゴムに見えるからそう表現したみたい。

ってことで、そこは輪ゴムでも、ゴム製わらじでもなんでもいいので、とりあえず、滑り止めは用意しておきましょうね。

ちなみに、書かなくても分かると思いますが、いくら滑り止めを付けても、ギャグと人生の滑るのには対応できませんからご注意ください。

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

寒冷地に初めて移住した時は、11月の第一週に降雪があって、流石に積もらなかったけど、びっくりしました。パラパラじゃなくて、結構派手に降りましたからね。

で、ちゃんとというか、普通に降るとすぐに氷になるんですよ。バス通りみたいな大きな通でも、道の端の方は1週間とか溶けないし。

裏道だと3週間ぐらい溶けなかったりします。そりゃー、金属製のスパイクが必要ですよね。

ってことで、スノースポーツが好きな人は寒冷地に憧れるけど、生活するには雪が降るところは大変です。では、良い滑り止めを。

関連記事
スタッドレスタイヤの効きがいいメーカーは?

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,