アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

猫の里親は一人暮らしでも可能?見分け方とか不可の場合とか

保護ネコの里親募集って、新聞とかでもしょっちゅうやっているけど、一人暮らしの人が里親になるには、相当な難問。そもそも、譲渡会場に入ることさえもできないってこともありますからね。そんな保護ネコ団体、一人暮らしでもO.K.っていうところもあります。その見分け方は?不可の場合は、どうすれば猫を手に入れることができるんでしょうか。

スポンサードリンク

猫の里親は一人暮らしでも可能?

猫の里親になるっていうのは、今じゃあメジャーになってきましたよね。猫の譲渡会も毎週のように開催されているし。

が、一人暮らしの人が里親になるのは至難の業。特に男性だとねえ。譲渡会場にさえ入場できないってこともあります。

その辺のことは、別の記事にしたのでそっちを読んでもらいたいのですが、ネット上で大騒ぎされたせいか、ここんところだいぶ状況も変わってきたみたい。

というのは、数年前までは一人暮らしじゃなくても、猫保護団体による譲渡の場合は、里親になる人の身分証明書は写真付きのものじゃないとダメ。

トライアルのときは、その人の家の中を全部見る、猫の様子は毎日写真付きでメールするように。っていうのが基本。

そして、独居中年(青年・老人も)はもちろん、小さいお子さんがいる家庭とかも里親にはなれなかったんですよね。

が、里親になるってことがどういうことかってことが、世間一般でだいぶ認知されてきたこともあってか、ここんところだいぶ緩和されたみたい。

まずは、家の中を見るっていっても、ちゃんと猫が生活できるかどうか、ゴミ屋敷になってないか、逃亡防止対策がしてあるかどうかなんかのチェック。

ですから、「全部のお部屋を見るわけではありません」とかの注意書きも見るようになりましたしね。

それから独居中年に対しても、「後見人または保証人をたてていただくことがあります」とか言う風な注意書きが多くなりました。

っていうのは、独居中年=虐待をするっていうことはそんなにないだろうってことですが、結局は里親になったけど、病気で入院とか事故で入院したときに残された猫をどうするかってことですからね。

長期入院とか、一気にあっちの世界に行ってしまったってことなら、戻してもらうか、他に里親を探すことになるけど、1週間とか1ヶ月の入院だとねえ。

里親になった人も、当然退院したらまた猫ちゃんと暮らそうと思っているけど、その間の世話をする人が必要ですからね。

ってことで、独居中年(青年・老人)に対しても、だいぶ風辺りが弱まってきたかなあと感じています。

ということで、猫を飼いたいと思っている人は、まず譲渡会に行ってみてください。そこで、その団体の方向性が分かると思うので、それで独居中年でも可能なのか、やっぱりダメなのかを見極めればと思います。

猫の里親に一人暮らし可能の見分け方

とは言っても、上に書いたように、まだまだ独居中年(青年・老人)だと、譲渡会場に入場さえもできないってところもあります。

また、ネット上でも「お一人暮らしの方にはお譲りできません」って明記してある団体も多いです。

これはもう、あーだこーだ言っても仕方なくて、その団体の方針だから諦めてください。

というのは、猫を保護するってとっても大変。野良猫だと、捕獲するだけでも、傷だらけになるんです。

それから、子猫、それも生まれてすぐで、母猫とはぐれたりしていると、2時間おきにミルク飲ませて、トイレの世話もしてって、人間の赤ちゃんより大変だったりします。

当然医療費はかかるし、エサ代もかかる。寄付等もあるけど、それだけだと足りませんからね。ある意味、人助けっていうか無償の猫助けじゃないですか。

そこまでして、やっと独り立ちした猫だから、変な男(女)のところに行って、不幸になるぐらいなら、ずっと手元に置いておきたいってことなんです。

というのも、虐待をしないとか、病気になったらちゃんと病院に連れて行くというのは、最低限のことですよね。

が、一人暮らしのところに里子に出すと、猫が一人の時間が長いじゃないですか。男女問わず、一人暮らしってことは、その人自身で生計を立てている訳ですからね。

ネットビジネスでボロ儲けとかじゃない限り、勤めに出ていたら、9時間から10時間は家を空けますよね。

成猫で、一人でもじぇんじぇん大丈夫って言う猫もいるけど、猫って大人になると、人間の4倍の速さで歳を取るんです。

ということは、人間の4倍の時間感覚。10時間家を空けたら、猫にとっては40時間一人ってことなんです。約2日ですよね。

それでも、帰ってきてちゃんと猫の相手をすればいいけど、忙しいとかいって、餌だけやってほっぱらかしておくと、いくら自由が好きっていわれるネコでもねえ。なんだかなってことになるじゃないですか。

ってことで、それなら、里子に出さなくてこのまま家に置いておくかってことになるんですよね。

そういう前提があるっていうのが分かると、明らかに「一人暮らしの方はお断りします」って明記してなくても、まずは難しいっていう前提で保護ネコ団体に接してみてください。

特に「お一人暮らしの方には難しい場合があります」って言う書き方が曲者。はっきりダメと書いてないけど、ほぼダメです。

だって、一人暮らしでもO.K.なら、「保証人を立てていただきます」とか書いてありますからね。

「難しい場合があります」って言うのは、『通常は無理だけど、例外的に一人暮らしの人も譲渡した実績があります」ってことです。

それは、メンバーの身内だったり、ボランティアスタッフだったりして、身元がはっきりしているけど、たまたま一人暮らしだったって人って言う訳です。

その辺も、事前に認識してアプローチすれば、「結局一人暮らしだとダメじゃん」とか言わずに済みますからね。

スポンサードリンク

猫の里親が一人暮らしに不可の場合は

ということで、猫の里親になるのに一人暮らしの人はだいぶ緩和されてきたけど、まだまだハードルは高いのが現実です。

じゃあ、一人暮らしの人は里親不可って言われたらどうすればいいの?ってことですが、一番は一人暮らし可能なところを探すしかないですね。

上に書いたように、保証人や後見人を立てれれば一人暮らしでも譲渡しますという団体も増えているので、地道にそういうところを探してください。

あとは、100%ダメっていうところは諦めるしかないけど、「難しい場合があります」って言う団体だと、例外としても過去に実績があるから、通いつめれば何とかなることもあります。

まず、どのくらい真剣に猫を飼うことを考えているかを先方に伝えること。当然、完全室内飼いで、脱走防止対策、マイクロチップ挿入、避妊・去勢、定期的なワクチン接種等は必須です。

そのうえで、譲渡会に可能な限り通い詰めて、団体の代表の人に、理解してもらうというのが突破口になります。

それでも、結局はネコを保護している保護主さんが、O.K.を出さないとダメだけど、中には、「それじゃあ、この子だったら一人暮らしの人でも大丈夫だから」ってこともあり得ます。

もちろん、その後も定期的に写真付きの近況報告と、たまにはその団体の譲渡会のお手伝いとか、そこまでじゃなくても半年に1回ぐらい、譲り受けた猫を連れて、こんなに元気にそだっていますっていうのを見せに行く必要はありますけどね。

ってことで、猫なら誰でもいいのか、やっぱりこの猫ちゃんじゃないのかによって、対策も違ってきますが、真剣に猫を飼うことを考えていれば、道は開けます。頑張ってください。

はじめてネコBOOK いちばんわかりやすい!幸せ飼い方マニュアル [ 主婦の友社 ]

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

保護ネコに対しての世間の認知っていうのも、ここ数年で随分かわりましたよね。ドラマとかでも、猫が出てくるのが多くなったし。

それでもまだまだ特に地方だと、完全室内飼いっていうのは理解されてないみたいですね。猫を家の中で飼うの?って言われるし。

ただ、ネットやSNSの力って大きいから、あと3年でまた随分猫を取り巻く環境も変わりそうですけどね。では、良い猫ちゃんを。

関連記事
猫の里親は一人暮らしだと無理?

スポンサードリンク

-
-,