アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

野良猫とか地域猫とかってその違いとか問題点とかは?

野良猫に困っている人は多いけど、最近は地域猫っていうのもいますよね。野良猫とはどう違うんでしょうか。家の中で飼うことはできない人でも、地域猫だと大丈夫なのかな。そうはいっても地域猫でも問題点があるとか。

スポンサードリンク

野良猫とか地域猫とか

猫って、飼い猫か野良猫ですよね。首に鈴をつけていると飼い猫、そうじゃないと野良猫。っていうのが昭和の時代の話。

サザエさんちのタマも、首に鈴をつけていますよね。まあ、タマはほとんど家の中にしかいませんが。

それに対して、飼い主がいない猫が野良猫なんですが、それが居ついて困るっていうのが、結構いろんなところで聞きます。

そう、居つくんです。それにはそれなりの理由があるってことは書いたけど、結局ある程度は猫が好きな人たち。

ですが、家の中で飼うほどではないというか、家族に猫アレルギーの人がいたり、諸般の事情で飼えないっていう人たち。

といっても、ガレージや物置、マンションのベランダとかに居つくから、他の人から見ると飼っているように思われるし。

っていうことで、自分のところじゃあ飼えないけど、それなりに世話をしましょう。でも、それは、一人というか1つの家だけじゃなくて、その地域で世話をしましょうっていうのが地域猫と言われているもの。

野良猫が一番困るのは、どんどんどんどん子猫が生まれることですよね。ですから、まずは避妊・去勢手術をしましょう。

そして、生ごみをあさられると困るから、決まった場所で餌もやりましょう。そして、もう一つの問題は糞の問題。

花壇とかでされると困るから、これも決まったところにトイレを置きましょう。それを地域の人で見守りながら世話をしましょうっていうのが、地域猫です。

ですから、その地域の中には当然猫を見るだけでも大っ嫌いっていう人もいますよね。その人たちの協力も必要になります。

って、別に何かしてくれってことはないし、庭にやってきたりしたら、見守り隊に連絡して引き取りに来てもらうとかするのはあるんですけどね。

そのあたりは、最近「地域猫」っていう言葉だけが独り歩きして、地域猫=野良猫って報道されていたりすることもあります。

また、地域猫を推進する人たちは、完全な正義と思っているから、世の中に猫が嫌いという人がいるってことを理解してなかったり。

ですから、そもそもは横浜の磯子区で出てきたシステムで、本当によく機能しているですけど、ほかのところでは地域猫に絡むトラブルっていうのも結構多いみたいです。

そういう訳で、まだまだ発展途上ですが、地域猫として野良猫を減らしていくっていうことが22世紀の猫との共存って言われていますので、猫に興味のある方は、ぜひ地域猫について勉強してみてください。

野良猫と地域猫の違いは?

よく言われるのは、野良猫と地域猫の違いですが、一番は地域猫はそれを見守る人たちがいるってことです。

野良猫が一番困るのは、上に書いたようにとにかく鼠算式に繁殖していくってこと。ですから、その猫一代で生涯を終えてもらえば、徐々に野良猫というか飼い主のない猫も減っていきますよね。

ですから、まず一番は去勢・避妊手術を受けさせるってこと。もちろんお金がかかりますが、今は自治体からも補助金が出るようになりました。

自治体としてもできるだけ殺処分はしたくないですからね。それに賛同する獣医師たちは、原価に近い金額で手術をしてくれるところも増えています。

これをするだけで、飛躍的に野良猫が減ります。そういう手術をした猫には、手術済みっていうマークで、耳をちょっとだけカットしてあります。

桜の花びらに似ているから、そういう手術済みの猫で、耳がちょっとだけカットされている猫をさくら猫っていいます。

さくら猫は、地域猫だから、ちゃんと見守っている人たちがいるってことで、その子一代で生涯も終えるし、餌も決まったところで食べるし、糞もトイレでするので、いわゆる野良猫の困った問題は減ってくるという訳です。

そのあたり、実は長野県でも結構成功しているみたいで、長野県、特に長野市は野良猫が少ないんですよね。そういう地域が増えていくと、野良猫問題も解決するんですけどね。

スポンサードリンク

野良猫や地域猫の問題は?

ただ、そうはいっても猫って外猫でも3~5年が平均寿命だから、すぐには野良猫がいなくなりませんよね。

そうすると、猫嫌いの人たちは、すぐに何とかしろって大騒ぎするんです。それから反対に猫好きの人は、なんで地域猫としての協力をしてくれないのかとか言いだすし。

その辺は、たまたま猫が問題の原因となっただけで、実は地域住民の問題って言われています。地域猫システムを世に送り出した横浜市の元職員も、「ほとんどが人と人の問題」って言っています。

それを解決しない限り、地域猫は根付かないけど、逆に猫が発端となって、その地域の人たちがどう生きていくかをきちんと考えられるようになったところは、猫だけじゃなくて、住民みんなが幸せな毎日を過ごすようになったという報告もされています。

ということで、奥が深い問題ですが、猫は飼えないけど、殺処分は忍びない、何かできることがあればやっていきたいっていう人は、まず地域猫について、その地域に導入できるかどうか、そこから学んでいただきたいと思います。

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

犬の場合って、登録制じゃないですか。狂犬病予防接種の問題とかあるから。でも、猫は勝手に飼って、勝手に捨てるっていうのが野良猫問題の諸悪の根源なんですよね。

ここ数年で少しは飼う側の意識も変わったっていうけど、まだまだなつかないから捨てるとか、ふざけた人もいるので、あと10年はかかるかな。

早く人間との平和的な共存ができるようになるといいですけどね。では、良い地域猫を。

関連記事
野良猫が住み着いたときの対処は?

スポンサードリンク

-
-,