アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

野良猫を飼う準備は?注意点とか最初の費用とかは?

野良猫が居ついてしまって、それもすっかりなつくとこのまま飼ってしまおうかとか思いますよね。それは猫ちゃんにとってはありがたいことですが、野良猫を飼うにはいろいろと準備があります。それにもちろん注意する点とか、費用も意外とかかりますからね。

スポンサードリンク

野良猫を飼う準備は?

昭和の時代だと、庭に居ついた猫をそのまま飼うっていう人も多かったみたい。22世紀の現代でも地方だとそういう人は多いのかな。

地方じゃなくても、一軒家だとねえ。家族のO.K.が出れば飼うことができますからね。

ただね、いくらなついているからといっても、単にそのまま自分ちの猫にするっていう訳にはいきません。

22世紀の現代だと、野良猫を飼い猫にするには、いろいろと手順があります。

まずは、猫の捕獲ですよね。野良猫って、いろんなところに行っているから、だいたいノミだらけ。

それに、変なものを食べているから、おなかの中に虫がいることが多いんです。

ってことで、それらを駆除してから、今度はワクチン打ったり、去勢・避妊手術をしたりってことになっています。

ですから、まずは捕獲ですね。飼おうと思っているぐらいだから、なついているとは思いますが、捕獲機というかキャリーバッグを用意します。

その中に餌をいれて、膝の上にでも乗ってきたら、そのまま嫌がらないうちに、キャリーバックに入れてください。

入れたら可哀そうでも病院に連れていくまでは絶対に出さないこと。一度出すと、もう二度と入らなかったり、近寄らなくなったりしますからね。

それと同時に、22世紀には警察や保健所にも届け出が必要です。野良猫と思っていたら飼い猫だったってこともありますからね。

そうすると盗難罪で逮捕されてしまいますので、必ず警察と保健所に届けてください。拾得物届になります。

3か月たっても落とし主(?)が現れなかったら、晴れてあなたの猫ちゃんになるっていう算段です。

3か月待っている間に、病院でノミ取り、虫下しをして、生まれたばかりの子猫じゃなければ、時期を見て去勢・避妊手術をしてください。

ノミ取りをしても、24時間はキャリーから出さないでくださいね。そこで出してしまうと、部屋の中がノミだらけになって大変なことになりますからね。

野良猫を飼う時の注意は?

ということで、野良猫を飼いたい場合は、まず本当に野良猫かどうかを確認することが一番です。

最近は、マイクロチップを埋め込んでいる猫ちゃんも増えているので、動物病院に連れいけば、そのあたりマイクロチップが入っているかどうかも確認してくれますからね。

あとは、ノミやダニ処理をして、虫下しをして、ワクチンを打てば、もともとなついている猫ちゃんでしょうから、3日もすれば我が家のようにリラックスすると思います。

最初のうちは、やっぱり環境が変わるとケージに閉じこもったり、ベッドの下に隠れていたりするけど、それは仕方ないから、餌だけやってあとは知らん顔しておきましょう。

ただ、人慣れしてない猫ちゃんの場合は、特に成猫だと、ちょっと厳しいかも。そもそも、なついているから飼おうと思ったんでしょうけど、単にかわいいからっていうだけだと、成猫は部屋の中で大騒ぎするかもしれません。

それでも、年単位で見守れる人ならなんとかなりますが、基本的には野良猫は過去に飼われた経験があるとか、小さいころに人間に接した経験がないと、飼い猫にするには厳しいってことは覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク

野良猫を飼う場合の費用は?

ところで、野良猫を最初に病院に連れて行くときって、どのぐらいの費用がかかるのかが気になりますよね。

基本的に動物病院って健康保険がないから、全部自由診療なんです。ってことで、病院によって値段も違います。

が、極端に違うと患者さんが来ないから、多少の差はあってもだいたいは同じような金額です。

で、まずはノミやダニがいるのかとか、病気にかかってないかとか、だいたい何歳ぐらいかとかを見る「健康診断」っていうのからです。

これが、1000円から2000円。そこでほとんどの野良猫はノミやダニがついているから、その駆除がやっぱり2000円ぐらい。

あと、野良猫は何か感染症にかかっているとワクチンを打つと逆に発症する場合があるから、すぐには打てない場合もありますが、健康だったらワクチンを打っておきます。

これが3種にするか5種にするかとかで変わってきますが、5000円から1万円ぐらい。

ってことで、最初に病院に連れて行くときは、1万円はかかるって思っておいた方がいいですね。

その後、避妊・去勢手術をする時期になったら、それもやっておきましょう。男の子だとスプレー行為とか女の子の場合は、夜泣きするとかがなくなりますからね。

これが男の子だと1万円から1万5千円ぐらい、女の子だと2万円から3万円ぐらいです。

ってことで、野良猫といっても、自分の家族にするにはそれなりのお金がかかるってことで、そこは準備しておいてくださいね。
かわいい猫の飼い方・しつけ方 [ 作佐部紀子 ]

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

成猫の野良猫でなついている猫っていうのは、ほとんどが元飼い猫だったりするんですよね。一度捨てられているから、結構人間不信の子も多いみたい。

ですが、なついているってことは、本当は人間と一緒に暮らしたいってことだから、自分ちの子にできるのなら、ぜひしてあげてください。

きっと、楽しい人生が待っていると思います。では、良い野良猫を。

関連記事
野良猫と地域猫の違いって?

スポンサードリンク

-
-,