アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

新幹線の予約はexが便利?東海道とか名古屋とかだとね

新幹線の予約っていうと、やっぱりEXが使い勝手がいいんですかね。特に東海道新幹線とかだとね。名古屋周辺に住んでいる人じゃなくてもらくちんですしね。アプリもあるみたい。

スポンサードリンク

新幹線の予約はex?

新幹線の予約って、ザ・ビジネスマンで、じゃんじゃん乗りまくって出張とか言ってる人だとアレだけど、そうじゃないとやっぱりみどりの窓口?とかって思いますよね。

いやいや、今はスマホでチョチョイのチョイっていう若い人も多いのかな。その辺、いろんな予約システムがあってよくわからんっていう人もいるみたい。

っていうか、そもそも新幹線も昔は東海道新幹線と山陽新幹線しかなかったら、新幹線といえば、東京から博多ってことでした。

が、今は東北新幹線はあるし、上越とか北陸とか、秋田新幹線もあるし、九州も北海道までできましたからね。

それに何といっても、JRが分割されたから、これまた予約がねえ。みどりの窓口ならいいけど、ネットとかアプリでやろうとすると面倒なんですよね。

っていうのも、東京とか首都圏の人ならだいたい「えきねっと」っていうJR東日本のサイトとかアプリを使っていると思うんです。

大阪とかの西日本だと「おでかけネット」という、JR西日本のサイト。ほかにもJR九州とかあるけど、サイトとして独立しているのは、えきねっととおでかけねっと。

もちろん、新幹線だけじゃなくて特急列車の予約もできるんですけどね。ですから、通常予約するには、東日本の人はえきねっと、西日本の人はおでかけネットでじぇんじぇん問題ありません。

が、たとえば今は東京に住んでいます。でも実家は山口。普通に2泊3日で帰省するのなら、えきねっとで往復分の切符を買えばO.K.

なんですが、ちょっと不幸があって、とりあえず帰省するとけど、東京に戻ってくるのは3日後か1週間後かは未定っていうことってありますよね。

そうじゃなくても、東京から神戸に出張、商談が長引くかもしれないから、帰りの切符は未定っていう時。

そうすると、えきねっとで予約して、東京から乗る分にはいいんですけど、帰りは山口とか神戸から、帰りの新幹線が決まった段階で「予約」はできます。

が、切符を発券しようとしたら、それはJR東日本管轄の駅じゃないと発券できないんです。ですから、帰りの切符は窓口に並んで買わないといけない。

同じように、大阪時在住で、東京に行くって時に、帰りの切符も大阪で発券できるといいけど、帰りの時間とか日程が未定の場合は、やっぱりおでかけネットでは予約はできても東京駅では発券できないんですね。JR西日本管轄じゃないから。

ってことで、私なんかはJR東日本のえきねっとと、JR西日本のおでかけネット両方に登録して、帰りの切符が未定の場合は、それぞれ帰りの切符を買う駅がある管轄の方で予約して買っていました。

が、東海道新幹線ってじつはJR東日本でもJR西日本でもなくて、JR東海なんですよね。ってことは、JR東海のそういうシステムがあれば問題ないじゃないですか。

東京在住の人が大阪でも発券できるし、大阪在住の人が東京でも発券できますからね。それがEX予約っていう、JR東海がやっている新幹線に特化した予約システムなんです。

ですから、東海道新幹線で東京から大阪間を移動する人には、EX予約がおすすめです。ザ・ビジネスマンはこれを使っている人が多いですからね。ぜひお試しください。

新幹線の予約はex?

ってことなんですが、じつはJR東海の新幹線予約っていうと、EX予約が10年以上前からありました。ビジネスマンは使っています。

なんたって、発車10分前までは、何回でも予約変更ができるんです。ですから、出張で商談が伸びたとか、逆に早く終わってさっさと帰りたいっていうときは、便利だったんです。

それに、座席も座席表が表示されるから、窓側でも通路側でも、空いてるところならどこでも好きなところを選べたし。

ただし、JR東日本のえきねっととか、JR西日本のおでかけネットっていうのは、今持っているクレジットカードが使えたから、登録料というか年会費がいらなかったんですね。

が、JR東海のEX予約は専用のクレジットカードが必要で、その年会費が1000円ちょっと。ただし、その分割引もあるから、東京から大阪まで1往復すると元が取れていました。

ってことで、毎週とか毎月出張で東海道新幹線に乗るビジネスマンは、EX予約に登録していたんですよね。ポイントがたまるとグリーン車にも乗れたような。

ですが、年に1回ぐらいしか乗らないとか、東京から大阪じゃなくて、静岡から東京とか、浜松から大阪とかだと、どうかなあって感じ。

また、クレジットカードを増やしたくないっていう人も、ちょっと二の足を踏んでいたんです。東海地方に住んでいる私なんかもそうでした。

が、2017年9月にスマートEXっていうのができたんです。やっぱりJR東海の新幹線予約システム。なんですが、これだと今既に持っているクレジットカードでそのまま使えるんです。

それに、もしスイカとかイコカとか、パスモとかもですけど、そういう交通系のICカードを持っていれば、チケットレスで新幹線に乗れるんです。

もちろん、予約変更は何回でもO.K.ってことで、年会費もかからないし、予約変更はできるし、交通カードをもっていればチケットレスだしってことでいいことづくめ。

それに、東海道新幹線だけじゃなくて、山陽新幹線も使えるから、東京から博多間の新幹線に乗ることがある人が、登録だけしておいて損はないと思います。だって、年会費いらないから。

ってことで、新幹線にそんなに乗らないけど、予約サイトでいいのがないかなあとか、東京から大阪とかまでじゃなくて、浜松から大阪とかの近距離だとねえっていう人にも対応してくれるサイトができました。一度ご覧ください。

スポンサードリンク

新幹線の予約はexで名古屋メイン? 

JR東日本は東京、JR西日本は大阪、そうするとJR東海は名古屋だから、スマートEXも名古屋中心なわけ?っていう人もいるみたい。

確かに名古屋とかの東海地方だと、えきねっともおでかけネットもちょっといまいちだから、スマートEXができてウッシッシって感じだと思います。

名古屋じゃないけど、やはり東海地方の私なんかも困っていましたからね。これで、バッチリ・チリバツ共和国ってカンジ。

なんですが、上に書いたように単にJR東海がやっているっていうだけで、東海道・山陽新幹線に乗る人だと、その恩恵にはあずかれるので、あまり深く考えずに登録してみてください。

だって、新たにクレジットカードもいらないし、交通系ICカードがあれば、チョチョイのチョイだけど、最悪交通系クレジットカードがなくても、発券できますからね。

あと、アプリも出ているから、スマホやタブレットで変更もらくちん、らくちん、またらくちんです。ぜひお試しください。あっ、もちろん、私はスマートEXの回し者じゃないから、登録してくれてもまったく銭にはなりませんけど。

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

東日本管轄に住んでいるときは、ほとんどえきねっとで事足りていたんですけど、実家が山口ですからねえ。自分探しの旅で、巌流島とか言ってた時は、帰りの新幹線を決めてないじゃないですか。

あと、スットコドッコイのメンバーが大阪とか神戸にとかいると、ちょっと寄ってこようかとかなると、またまた新幹線が決まらないし。

ってことで、えきねっととおでかけネットと二つ登録していたんですけど、東海地方移住するとねえ。東日本でもないし西日本でもない。

一応地理的にはギリギリ西日本になるけど、県内でも東日本と西日本に分かれていたりするところですとねえ。どっちでもないし、困った、困った、コマドリ姉妹って思っていたんですよね。

かといって、EX予約に登録するほど何度も新幹線に乗るわけじゃないし。ってところにスマートEXができたから、さっそく先日使って大阪に行ってきました。

ピッてタッチするだけだから、ちょっと都会人になった気分。ぜひお試しください。では、良い新幹線を。

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,