アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

猫の脱走防止は玄関が重要で手作りで100均でも材料が揃う?

猫って、今は厚生労働省も室内飼いを推奨していますよね。が、元々が野良猫だったりすると、結構外に出たがるんですよね。一度出てたら戻って来ないこともあるから、脱走防止策をしっかりしないとね。やっぱり一番は玄関が重要です。と言っても、手作りで大丈夫だし、100均で材料も揃いますからね。

スポンサードリンク

猫の脱走防止は玄関が重要

猫って、生まれた時から室内飼いだとそうでもないけど、保護猫とかで以前外に居たってことなら、結構外に出たがります。

あと、単に窓から外を見ているだけだけど、飼い主が外に出たいのかと思ってリードを付けたとしても、外に出るとそりゃー味をしめますよね。

おとなしい子はおとなしんだけど、結構なんかの拍子に外に出てしまって、そのまま帰らないってこともあるんですよね。

一度外に出ると、帰ってくる確率は50%とか30%とか言われています。ですから、そこは脱走防止策を万全にしておかないとね。

で、もちろん窓を開けっ放しとか、網戸だけだと突き破るっていうのがあるんだけど、意外とみなさん困っているのが玄関。

玄関も2重扉っていうか、玄関の扉を開けて、廊下があってそこにもう一枚ドアがあればそうでもないけど、昔ながらの和風作りとかだとねえ。

玄関のドアを開けるといきなり両サイドに部屋があるとかの作りだと、宅急便屋さんが来たときに、荷物を取り出たら一緒についてきて、そのまま外に出て行ったとかいうこともあります。

ってことで、玄関だけはちゃんと猫ちゃんの脱走防止をしないとって思っている人も多いみたい。

なんですけどね。これが特に賃貸住宅とかだとねえ。変に改造できないし、とりあえず衝立みたいなのを置いておくかってことで凌いでいる人も。

それで大丈夫ならそれで十分です。結構猫の脱走防止グッズもでていますからね。通販でもあるし、ホームセンターにもあるし。

なんですが、猫って身長の5倍ぐらいの高さまではジャンプできるんです。ですから、40センチだと2メートルぐらい。

ってことで、1メートルや150センチぐらいの衝立だと、元気な猫ちゃんだと訳もなくジャンプってことで、脱走成功です。

そういう元気な猫ちゃんには、完全に監獄みたいなカンジで、もう一枚ドアを付ける形の猫脱走扉もあります。

賃貸住宅でも突っ張り棒形式だから、原状回復には問題ないし、受注生産だから、幅とか高さもピッタリに作ってくれます。

ってことで、心配な方はそういうのを玄関に設置することをおすすめします。じゃないとねえ。自分探しの旅に出られると探すのも大変ですからね。

猫 脱走防止パーティション キャキャ(CatCatch)【ネコ ねこ 猫 脱走 防止 脱走防止 とびら 扉 フェンス パーテーション 猫 ドア 飛び出し事故防止 突っ張り 柵】

猫の脱走防止玄関用を手作り

ってことで、私もその玄関の脱走防止扉っていうか柵っていうか、そういうのを注文しようと思いました。

が、これが高い。受注生産っていうこともあるんですけど、結構最近はいろんなメーカーから出ています。

と言っても、安いところで4万円弱。高いところは8万円とかします。いくらでもお金がかけられる人ならいいけど、ボンビーな私だとねえ。1ヶ月の生活費ですからね。

それに、皆さん最近はそういう意識が高まったみたいで、2017年11月現在、注文しても出来上がりが2か月後とかなんですよね。

ってなると、そのうち猫を引き取るって言う人ならいいけど、今既にいるとか、既にトライアルが決まっているって言う人だとねえ。間に合いませんよ。

と思っていたら、結構手作りというか自作する人もいるんです。作り方から丁寧に解説しているサイトあるから見てみてください。

まあ、私でも出来たぐらいだから、出来栄えを気にしなければ、小学校の図画工作というか、最近だと女子も家庭科だけじゃなくて技術科とかも中学校でやるのかな。

それぐらいが出来れば誰でもできます。それに材料費も安く調達できますからね。急ぐ人、ボンビーな人は手作りしてみてください。

使うものは、突っ張り棒、これは2本ですね。床から天井までで扉を固定する棒になります。220センチぐらい多いんじゃないでしょうか。180~240センチっていうのがあるから、それが合うと思います。

それから、扉自体はワイヤーネットを組み合わせ。いろんなサイズが出ているけど、柵を設置するところの幅と高さを考えて組み合わせてください。

幅が120センチで高さが220センチだと、60×30センチのワイヤーネットを横は2枚で足りますよね。

高さは4枚でちょっと重ねて20センチ分を調整するってカンジです。ですから、合計8枚必要。

そのワイヤーネットを組み合わせて120センチ×220センチの扉にするには、結束バンドとワイヤージョイントを使います。

扉自体を1枚で動くようにするのなら、結束バンドだけでO.K.です。が、折り畳みにしたい場合は、ワイヤージョイントで留めて、そこで折り畳むって訳です。

これは結束バンドはだいたい100個とか200個入りだから、1袋あれば十分。ワイヤージョイントは折り畳みの箇所をどうするかですよね。

真ん中で折り畳むのなら、上の例だと縦に4枚だから、1枚に2個ずつつけるとしても8個で大丈夫。

横の幅がもっとあるところで、横に3枚つなげてアコーディオンみたいにするのなら、もう1セット必要だから、16個って訳ですな。

ワイヤージョイントはだいたい4個入りって言うのが多いから、それでいくつ必要かを計算してください。

あとは、鍵の代わりにコードまとめ用マジックテープがあると、それで突っ張り棒とワイヤーで作ったドアを固定するので、猫ちゃんがガシガシやってもドアが開かないっていう作りとなっています。

以上で、手作りの脱走防止柵の材料はそろいます。あと、細かいところに拘る人は、ドアストッパーで開けた状態をキープしたいとかありますけどね。その辺はお好きなように。

スポンサードリンク

猫の脱走防止玄関用は100均で

で、猫脱走防止柵玄関用を手作りする場合の材料調達はやっぱりホームセンター?って思いますよね。もちろん、ホームセンターでもO.K.です。

が、ほとんどのものは100均でそろうので、そっちの方が経済的ですね。突っ張り棒は流石にその長さだとちょっとないかもしれませんが。

ワイヤーネットと結束バンド、コードまとめ用結束バンドとかは100均一であります。ワイヤージョイントはあっても108円じゃなくて、324円とかって言うのが多いけど。

それでも、ワイヤーネットを1枚飼っても1200円プラス税。結束バンドは1袋で十分。ワイヤージョイントが324円で、コードまとめ用マジックテープも108円。

ってなると、突っ張り棒だけがちょっとするけど、それでも1本1500円ぐらいからあるから、2本で3000円。

ってことで、全部合わせても5000円ぐらいなんですよね。4万円払って2ヶ月後よりでんでん良くないですか?お試しください。

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

玄関の脱走防止柵に比べると、網戸のものはチョチョイのチョイなんですよね。ワイヤーネットと結束バンドがあればできますから。

ですから、まずは網戸用に1枚ワイヤーネットと結束バンドで作ってみてもいいかもしれません。

それができれば、あとはその両サイドに突っ張り棒を付けるだけですからね。もちろん、真ん中で折り畳みにしてもいいけど。

ってことで、今度の休みの日に材料を揃えてチャレンジしてみてください。では、良い脱走を。

関連記事
猫の爪とぎ防止は賃貸住宅だと?

スポンサードリンク

-
-,