アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

花粉症の対策っていつからやればいいの?病院とか薬とか

花粉症、症状に困っている人も多いみたい。って、私もそうですけど。で、春のスギやヒノキに反応する人がほとんどだけど、対策っていつからやればいいんですかねえ。病院に行くタイミングとか薬を飲む時期とかね。

スポンサードリンク

花粉症の対策っていつから?

花粉症も国民病と言われて久しいから、みなさんそれなりの対策をしているみたいですよね。

市販の薬で対処できる人はいいけど、結構重症だとねえ。やっぱりきちんと病院に行ってから処方薬って言う方が基本です。

そんな花粉症歴が長い人は、勝手に対策するからいいんですけど、去年あたりからなんか花粉症になったとかねえ。

そういう人だと、まだまだ花粉症初心者だから、いつから対策をすればいいんだろうかっていうのが分からないみたい。

それとね。私なんかもそうなんですが、引っ越しをした人。それも県外とかナンチャラ地方を超えてって言う場合。

これはねえ。私みたいに花粉症歴45年のベテランでも困るんですよね。だって、花粉の飛散時期が違いますからね。

対処を間違うと、悲惨になるってことで、そんなこと言ってる場合じゃありません。そろそろっていうこともあるんです。

というのも、東京なんかだと、例年だいたい1月下旬ぐらいから花粉が飛び始めて、早い人だとそこで症状がでます。

そうじゃない一般的な人でも、2月に入るとねえ。特に2月下旬からは対策をしてないと大変なことになります。

私なんかは超敏感っていうのと、当時は超激務(?)だったからストレスも最大ってことで、年が明けるとすぐに症状がでていました。

が、某甲信地方に行くと、寒いですからねえ。2月とかいうとまだまだ零下の日もあるんです。ってことで、東京よりもだいたい1ヵ月遅れ。

2月下旬から花粉かなってカンジで、3月中旬ぐらいからですかね。それに寒いし、地理的な位置もあるみたいで、花粉量が少ない。

スギの木は東京より多そうなんですけどね。終わりがGWあたりってことで、花粉症の私は症状が軽減していたんです。

が、ナント。この秋に某東海地方に引越し。食べ物はおいしいし、気候も温暖、山も海もあるから、遊ぶところもたくさん。職場には与太話おやじが満載って、それは関係ないか。

まあ、そういうところで、毎日パラダイスなんですが、実は花粉の飛散量は多いことで有名。特に太平洋側はしょうがないみたいですけどね。

それに、温暖ってなるとねえ。飛散時期も早まるじゃないですか。ってことで、いつから対策をすればいいのか困っているところです。

ってことで、ここ数年で花粉症デビューした人とか、私のように長距離の引っ越しをした人は、年末からそろそろ花粉症についてリサーチをしないといけません。

早いところだと、年明けすぐに花粉症の症状がでますからね。基本的に、その地域で花粉の飛散が始まる1ヶ月前ぐらいからは対策するっていうのが、プロの花粉症患者の行動です。

そういう訳で、まずは住んでいるところの例年の花粉飛散開始時期、またそろそろ今期の花粉予測が発表されるので、いつごろから花粉の飛散がはじまるかを確認してくださいね。

花粉症の対策でいつから病院に?

で、その花粉開始の時期が分かれば、その1ヶ月前ぐらいから、病院に行ってください。これは、内科でも耳鼻科でもアレルギー科でもO.K.

その辺は別の記事にしたので、そこを読んでもらえばいいけど、基本的には花粉が飛んできた時に一番重症の科に行くってこと。

くしゃみ鼻水なら耳鼻科、目がかゆいのなら眼科。肌が荒れるっていうか、なんか顔とか手にボツボツが出来るようなら皮膚科。良く分からんってときは、アレルギー科でも大丈夫。

花粉が原因なら、どの科でも他の薬も出してくれます。くしゃみ鼻水がメインだけど、目もかゆいってことなら、耳鼻科なんだけど、目薬も出ますからね。

あと、花粉症デビュー間もないとか、私のように引っ越してきてまだかかりつけの病院がないってときは、内科でも大丈夫。

それに、最近は内科でも花粉症専門医とかの人もいるから、その辺は検索して、これはっていうのがあったら、電話して聞いてみてください。

そこで病院の雰囲気も分かりますからね。サイト上では評判が良くても、なんか電話の対応がイマイチってときは、相性が悪いってことで、他を当たってもいいんじゃないでしょうか。

で、目星を付けた病院が決まったら、花粉が飛散する1ヶ月から3週間前を目安に一度行ってみてください。

そこで、カクカクシカジカって説明すれば、じゃあ、早めに薬を出しましょうとか、中にはアレルギーチェックをしておきますか。ってことで、対策を講じてくれますからね。

ってことで、花粉症、もちろん処方薬が一番重要だけど、その前に病院との相性があるから、早め早めに受診してくださいね。

スポンサードリンク

花粉症の対策はいつから薬を飲む?

気に入った病院さえ見つかれば、あとはもう半分は花粉症対策が終わったも同然。というのも、対策と言ってもメインは投薬治療になりますからね。

もちろん、基本的に花粉をシャットアウトってことで、空気清浄器とか洋服とかの対策をしたうえでの話ですけど。

その薬がねえ。これまた別に記事にしたけど、特に初めての病院だと、合う合わないがあるんですよね。

合わない薬だと、飲んでもあんまり効かなったりするから、1週間ごとに替えたりしないといけないし。

あと、意外と漢方に詳しい先生だと、1ヶ月前から漢方薬を出してくれて、それで体質を少し改善して、本格的に花粉が飛散し始めたら西洋薬で抑え込むって言うやり方もあります。

漢方薬って言っても、ツムラとかの製剤だから、よほどの漢方アレルギーじゃないと大丈夫。それに、そういうのってゆっくり効果がでるから、それで1カ月前からなんです。

ってことで、その辺は専門の先生と相談しながら、いつから薬を飲めばいいのか、またその薬が合ってるかどうか、そんなこともやり取りしながら、ご自分にあった薬を見つけてくださいね。

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

私の場合は、そんな訳で、花粉症歴45年。なんですが、自分に合う薬が見つかったのは、ここ10年ぐらいですかね。

薬も進化するから、またこの先変わるかもしれませんが、それまでは先生が、これはっていう薬を飲むんですが、どうもイマイチ。

悪くはないけど、バッチリって言う訳ではありませんでした。それで、1週間ごとに替えたり、そのうちに新薬が出てそれに替えたりっていうカンジでした。

で、やっと今の薬に行きついたって訳です。もちろん、年齢と共に身体の体質も変わるから、これまた未来永劫今の薬が合うってこともないですけどね。

ってことで、その辺も面倒がらずに全部話を聞いてくれる先生を見つけるのが、一番の花粉症対策です。では、お大事に。

関連記事
花粉症で行く病院は何科?
花粉症の処方薬が効かない時は?

スポンサードリンク

-健康と医学
-,