アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

年賀状作成ソフトって?無料のものとか有料版とかどう選ぶ?

そろそろ年賀状をどうしようかっていう人も多いのかな。最近はみなさん年賀状作成ソフトでチョチョイのチョイっていう感じ。って言ってもねえ。無料のものだと、当たりハズレがあるし、有料版だといいんですかね。

スポンサードリンク

年賀状作成ソフトって?

年賀状って、昔っていうか、私が小さいころは大人の人は墨刷って、筆で書くっていう人が多かったですよね。

そのあと筆ペンとか出てきたけど、我々の世代になるとねえ。そもそも手書きをしなくなるから。

っていうか、もちろん達筆の方とか、書道何段っていう人は、筆で書いた方がいいけど、パソコンで作れるとねえ。簡単っていうのもあるけど、写真とか取り込めますからね。

10年ぐらい前までは、写真を入れるっていうと、結構パソコンに詳しい人か、あとは印刷に出すしかなかったですよね。

が、ここんところスマホの普及で、スマホでチャチャっと作って、コンビニで印刷っていう強者もいるぐらい。参ります。

そんな22世紀ですが、自作で年賀状ってなると、一番悩むのは作成ソフトですよね。これまた以前は筆まめとか、そういうしかなかったけど、ここ数年でわんさかでてきたし。

ってことで、みなさんどれにするか悩んでいるみたい。っていう私も悩みました。これはもう使ってみるしかないですよね。

その人の好き嫌いもあるし、パソコンとかプリンターとの相性もありますからね。間違っても、一気に住所録を全部入力しないこと。

それも手入力とかして、実際に使ってみたらじぇんじぇん使い勝手が悪いってなるとねえ。目も当てられません。って、私の事です。それも2回もやりました。

まずは、一人か二人の住所を入力してみて、それがちゃんと思った通りに印刷されるかを見てください。

あと、連名っていうのもねえ。結構うまくいかなったりするんですよね。ヨレ田ヨレ蔵様ヨレ子様とするときに、上下が合わなかったりね。

それから、中には連名とかその他ちょっとしたことをするには有料タイプにしないとできないとかあります。

その他、意外とプリンターとの相性っていうのもあるんですよね。最新の奴だとだいたいどこも大丈夫だけど、数年前のだとこのソフトは印刷できないとか。

印刷できないってことはないけど、なんかイメージ画像で見たのと、若干ずれていたりして、どうやっても修正できないとか。

それが、ほかのソフトだとじぇんじぇんダイジョブってことだったりします。その辺をチェックして、これなら大丈夫っていう場合に、住所録とかを全部打ち込んでください。

言われてみれば当然のことなんですけどね。結構やってしまうのが、口コミサイトでの内容を真に受けて、これが一番いいじゃんってことでやったら、ダメだったっていう奴。

特にいきなり有料版を買うとねえ。お金を捨てることになるので、気を付けてください。もちろん、私はそれで失敗しています。

年賀状作成ソフトで無料のものは?

ということで、年賀状の無料作成ソフト、森田検索したら、わんさか出てくるから、まずはその2~3行の説明分を読んで、良さそうなのを上の要領で試してみてください。

結構無料のものでもよく出来ているのも多いから、それで問題なければねえ。高いお金出して有料ソフトを買う必要もないし。

そんな中、私が使ってみて特に初心者でも簡単なのをちょっと紹介しますかね。一番目は『はがき作家』というソフト。

私のような超機械音痴でも、チョチョイのチョイで扱えました。ただし、名簿一覧を印刷するには有料版にしないといけないので、そこはご検討ください。

はがき作家は宛名の場合封筒とかもできるから、使い方に違和感がなければ、フリー版はおすすめです。

それから、これまた定番ですが、郵便局がやっている「はがきデザインキット」も初心者でも使いやすいですね。

特に住所録の整理はしやすかったから、エクセル等で住所録作業をしたことがある人だと、いいんじゃないでしょうか。

私にとってちょっと使い勝手がわるかったのが「はじめての住所録」ですかね。連名印刷がしっくりこなかったですね。

その辺は個人差があるので、まずはフリー版を使ってから判断してみてください。私がダメでもほかの人ならいいってことも多々ありますからね。

スポンサードリンク

年賀状作成ソフトの有料版は?

年賀状の作成ソフト、そんなわけでいろんなものがありますが、当然有料版っていうのもあります。

以前はねえ。ソフト買ってきて、それを取り込んでってことで、筆まめでも筆王でもじぇんぶ有料しかなかったんですけどね。

今はフリーソフトがたくさんあるから、結構有名なソフトでも、お試しってことで、無料版がたくさんあります。

上にも書いたようにそれを実際に使ってみて、悪くなければ有料版にしてみてください。有料版のサイトにもそう書いてあるんですけどね。

私のようなスットコドッコイが、最初から有料版を買ってしまって、実際使えなかったってことがありますから。

で、フリーソフトから有料版にする場合は、だいたい2000~3000円です。フリーソフトだと使えなかった機能が使えるので、そこは必要ならばってことですね。

これまた上に書いたように、フリーソフトだと連名印刷ができないけど、有料版だとできるとか、送付者一覧が有料版じゃないと印刷できないとか。そんなのが多いですね。

ってことで、口コミも参考にはなりますが、必ず実際に使ってみて有料版にするようにしてくださいね。
年賀状印刷 お買得カラー印刷 4枚〜 2018 戌年 年賀状 印刷 送料無料(ゆうパケット)

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

20年ぐらい前ですかね。そのころは年賀状作成ソフトって、8000円とかしていましたよね。それに設定も面倒。

ってことで、ずっとワープロを使っていたんですけど、ついにワープロもダメになって、もちろん専門の業者で修繕したらなんとかなるけど、フリーソフトがあるじゃないですか。

ってことで、フリーソフトにしたら、らくちん、らくちん、またらくちんなんですよね。ってことで、やっぱり文明の利器は使わない手はないと思います。では、お大事に。

関連記事
年賀状を元旦に配達してもらうには

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,