アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

猫のトイレの砂はどう選ぶ?捨て方とかおすすめとかは?

猫のトイレの砂。結構みなさん悩んでいるみたい。っていうか、最初に猫を飼う時とか、どう選べがいいか分からないし。猫が気に入る砂にしましょうって言ってもねえ。捨てる時のことを考えないとね。おすすめとかって言われても。

スポンサードリンク

猫のトイレの砂は?

猫のトイレって、もちろん形というか、普通のトイレにするかシステムトイレにするかっていうのも悩むところ。

なんですが、その前にトイレの砂ですよね。これが一番の悩みどころ。システムトイレ系にしたいから、紙とかウッドチップとかおから系にしたいのはやまやま。

なんですが、猫ってそもそも砂漠に住んでいたから、一番は天然の砂なんですよね。それもあって、鉱物系が人気。

人気というのは、猫ちゃんにとって人気ってこと。人間にとっては、捨てるときの手間を考えると鉱物系は一番面倒なんですよね。

そういう前提なんですが、やっぱり人間としては、消臭効果があるとか、持ち運びが便利とか、そっちを基準に考えます。

この砂は消臭効果が抜群とか、おしっこしたところは色が変わるから、処理が便利とか。

はたまた、スーパーやホームセンターにも売っているから、やっぱり運ぶのには軽い方がいいとか。そんな話。

で、これこれがおすすめとか、こっちの方が安いとか、これは猫ちゃんも嫌がらずに使ってくれるとか。

もちろん、それらは大切です。まあ、一番大切なのは、やっぱりネコちゃんが使ってくれるかどうかってこと。

いくら消臭効果があって、安くて軽くてもねえ。猫って結構砂にに拘るから、見向きもしないってこともあります。

挙句の果てには、トイレ以外のところで粗相をして、しまいには布団の上でやられたとか。あっ、別に男の子でも、しまいにはってこと。はいはい、いつものオヤジギャグです。

ってことで、猫ちゃんが使ってくれないと話にならないけど、もう一つ忘れてはいけないのが、処理の仕方。

処理というか、捨てるときにどうするかってことですよね。これまた、トイレにそのまま流せるとか、人間の都合で考えるけど、意外と集合住宅だとそうもいかなったりするんですよね。

ですから、いくらペット可のマンションと言っても、特に古いマンションとかアパートとかだと、その辺も考えないと、トイレに流せるってことで流したら詰まってしまって、莫大な費用を請求されたってこともあります。

そこまで考えて、どの砂がいいかを選んでくださいね。そうすると、一戸建てで、庭に埋めることが出来るような人じゃないと、結構選択肢は決まってくるって言う訳です。

猫のトイレの砂の捨て方は?

というのも、猫のトイレの砂、捨て方はその種類によって違うし、一番の問題は自治体によって違うってこと。

ですから、紙とかウッドチップとかおから系だと、ほとんどの場合は燃えるごみで出せるんですけど、問題は鉱物系。

猫ちゃんが一番好んで使うのが鉱物系の砂。中には、鉱物系の砂しか使わないっていう猫もいます。

が、鉱物系の砂って、ほとんどは本物の砂というか土に近いものだから、不燃物で出せるところと、別途市町村に連絡して取りに来てもらわないといけないところとあるんです。

不燃物でじゃんじゃん出せるんなら、鉱物系でもなんでも猫ちゃんが好きな砂にしてあげればいいと思います。

猫の満足、粗相もなく、鉱物系でも消臭効果が高いのとか、比較的軽いものとかあるから、そこはお勧めって言うサイトでも見て、研究してください。

が、某東海地方の県内第一の都市とかだと、鉱物系の砂はその都度、市町村に連絡して取りに来てもらわないといけません。

それに、1回に300円だか400円かかるんですね。まあ、そこまでは、猫を飼うってことで、必要経費として予算どりしていればいいでしょう。

が、問題はその引き取ってもらう量。土嚢袋に入れて、汚物は取り除いてって言われてもねえ。

土嚢袋に入れて、一杯になるまで保管しておかないといけないし。汚物は取り除くっていうと、糞尿の部分は別にして不燃物でださないといけないってことですよね。

なんか、産廃業者みたいなことをしないといけないってことで、そりゃー、1日中家にいる独居中年(含む青年&老人)ならできないことはないけど、フルタイムで働いているとねえ。ちょっと難しいですよね。

ってことで、もちろん猫ちゃんが使ってくれないと意味がないけど、住んでいる市町村の収集方法と、自分のライフサイクルを考えて、その中で一番猫ちゃんが喜んでくれるものを選ぶしかないっていうことです。

ということで、一戸建てで庭に埋めることが出来る人はいいけど、22世紀の現代で、集合住宅住まいで猫を飼うっていうのは、いろいろとハードルが高いんですよね。


スポンサードリンク

猫のトイレの砂のおすすめは?

ということを考えると、やっぱり処理が簡単ってこともあって、システムトイレを使うのが一番ラクちんですよね。

が、これまた子猫の時から使っているとそうでもないけど、成猫になるまで鉱物系を使っていたり、成猫の野良猫を保護したりすると、中々システムトイレを使ってくれないってことも多いんですよね。

ですから、繰り返しになりますが、鉱物系の砂の処理が問題なければ、それでもいいけど、某東海地方のようなところだと、やっぱり紙系の砂ってことになってしまいます。

その中でも、結構重さがあって鉱物系に近いものだと、運ぶのにはちょっと大変ですが、猫ちゃんは喜んで使ってくれるので、システムトイレは厳しいって言う場合は、試してみてください。

【最大500円OFFクーポン配布中!】猫砂 紙の猫砂 7L×6袋セット あす楽対応 送料無料 当店人気1位 7リットル 6個 紙製 再生パルプ まとめ買い ねこ砂 ネコ砂 消臭 固まる 燃やせる トイレに流せる 猫トイレ トイレ砂 トイレ用品 消耗品 アイリスオーヤマ


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

猫のトイレの砂もねえ。「そんなに気にすることはないですよ」って言う人もいれば、「うちのは、この砂じゃないと、絶対しないんですよね」って言う人もいるし。

まあ、どんな生い立ちで、どういう育てられ方をしたかにもよるし、一概には言えませんが、比較的、早くに保護されたり、生まれた時から家の中っていう猫だと、何でも対応するみたいですね。

ってことで、そこは猫ちゃんが使ってくれるのと、処理の仕方を考えながら、ベストな砂を見つけてください。

って言う前に、うちのトイレも早くウォシュレットにしてくれないかなあ。大家さんに言ってみよっと。では、良いトイレの砂を。

スポンサードリンク

-
-,