アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

お花見

浜松のお花見はフラワーパークがおすすめ?アクセスとか宿とか

浜松のお花見っていうと、やっぱりその名の通り、フラワーパークでしょ。っていうのも、ソメイヨシノはもちろん、八重桜もあるし、チューリップもあるから見ごたえ十分。それにライトアップもするし。宿をとってゆったり見たいものですね。

スポンサードリンク

浜松のお花見はフラワーパーク?

浜松のお花見っていうか、静岡県西部っていってもいいかな。そこでのお花見っていうと、やっぱりはままつフラワーパークでしょう。

なんたって、桜の木が1700本もありますからね。そもそものテーマが、桜とチューリップのコラボレーション。

なんじゃそりゃってことですが、チューリップってこの時期じゃないですか。ですから、チューリップが一面に咲いているところに、桜も咲くってことで、そりゃーもう荘厳です。

それに、22世紀の現代は桜と言うとソメイヨシノ。もちろん、ソメイヨシノもザ・桜ってカンジでうっとりですよね。

が、桜はソメイヨシノだけじゃないじゃないですか。当然フラワーパークって言ってるから、他の桜もたくさんあります。

ヤマザクラにシダレザクラ、八重咲き里さくらに早咲き桜ってことで、3月下旬から4月下旬までバッチリ楽しめるんですよね。

ですから、静岡県の西部とか、愛知県でも岡崎アタリなら、じぇんじぇん日帰りで行けるから、今度のお花見ははままつフラワーパークがいいんじゃないでしょうか。

といってねえ。東京ドーム6倍以上の広さ。見ごたえ十分な反面、全部見て回ると結構疲れます。特に我々ヨレヨレ中年だとねえ。花見に来たのかウォーキングに来たのかってカンジです。

でも、心配いりません。フラワートレインっていうのが園内を走っているんですね。大人一人100円、子供50円です。

乗ったところから、正門まで連れてってくれます。ですから、行きはよいよい、帰りは疲れたーって言う人は、このフラートレインに乗れば楽ちんです。

ただし、このフラートレイン、必ず正門前で降りないといけないので、途中から乗って、そこまで戻ってきたいって言うのはダメなんです。

まあ、園内を1週したいってことなら、正門から乗って、正門まで乗ってればいいんですけどね。

あと、営業時間は朝の10時から夜の9時まで。ですから、ライトアップってほどじゃないけど、夜桜も堪能できます。

そうそう、入園料なんですけどね。これが変動相場制。相場じゃないけど、変動制なんです。なんじゃそりゃってことですよね。

一応、大人は500円から1000円ってなっています。からって何よ、からって?ってことですが、その日によって入園料が変わるんです。

桜の最盛期は1000円。何にもないってことはないけど、冬の間の温室がメインのときなんかは500円。

ですから、開花情報を見ていて、段々と入園料が上がったら、おっ、咲いてきたなって言うのが分かります。

日によっては、昨晩確認したときは900円だったのに、朝確認したら1000円ってこともありますが、そういう場合は、もっとも見ごろってことなので、迷わずに行ってみてください。

園内にはもちろんカフェもたくさんあるから、そこでご飯やお茶してもいいし、食べ物の持ち込みもO.K.です。

独居中年(含む青年&老人)から、カップルやファミリーまで楽しめるお花見スポットですので、3月になったら、開花情報を確認しておきましょう。

浜松のお花見フラワーパークのアクセスは?

そんなはままつフラワーパーク、アクセスは超ラクちんです。車の場合は、東名高速の浜松西で降りて、最初の交差点を右折。あとは看板通りで15分ぐらいです。

電車バスでもこれまたバッチリ。浜松駅からバスターミナル1番の乗り場で「舘山寺温泉」行きに乗ってください。

40~50分乗ってると、「フラワーパーク」って言うバス停が出てくるので、そこで降りれば眼の前です。

ウィークディは街中を抜けるのにちょっとかかるから、50分ぐらいですが、逆に週末は街中が空いているから、40分で到着。料金は560円(2017年12月現在)です。

ということで、車でもバスでもラクちん、ラクちん、またラクちんってことで、行き応えあるわよ。ってカンジですかね。

スポンサードリンク

浜松のお花見フラワーパークの宿は?

そんなはままつフラワーパーク。もちろん、カップルやファミリーはさっさと帰って次の予定がありますよね。

が、独居中年とか、ヨレヨレ中年のみなさんは、「昼から飲んじゃうと、動きたくないねえ」とか言って、そのまま泊りたいっていうアンポンタンもいるみたい。

そうすると、すぐ横っていうか、近くに舘山寺温泉があるじゃないですか。ここは浜松の奥座敷ってことで、ちょいと温泉旅館でねっていうときに使います。

ですから、そこでゆったりまったりでも、どんちゃん騒ぎでもお好きにどうぞ。でも、結構現代的なリゾートホテルもあるから、カップルの方でも問題ありません。
浜名湖かんざんじ温泉 ホテル 鞠水亭

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

はままつフラーパークは、その名の通りさまざまな花が咲いているから、桜の季節はもちろん、四季折々、いつ行っても楽しめます。

それに上に書いたように、舘山寺温泉地域だから、他にも観光名所があるし、お泊りも充実しているしってことで、浜松観光のスポットとして、お役立てください。では、良い桜を。

関連記事
浜松の観光といえば舘山寺?

スポンサードリンク

-お花見
-,