アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

神社のお札の返却はどうするの?お寺でも可?お金とかいるのかな

初詣に行って、お札とか破魔矢とかいただいて帰るけど、実は去年のお札もあったりして。それってどうしたらいいんですかね。神社のお札をお寺に返してもいいんでしょうか。あと、お金も包んだ方がいいのかな。

スポンサードリンク

神社のお札の返却は?

初詣で神社とかお寺とかに行くと、だいたいお守りとかお札とかを買って、失礼、いただいて帰りますよね。

毎年それを日課というか、定例にしている人も多いし。何やらお守りの有効期限は1年っていう人もいるぐらいだから。

それはいいんだけど、実は毎年お守りとかお札とか買っていると、去年のものとか、その前のとかがどんどんたまっていくんですよね。

これってどうしたらいいんですかね。っていうお便りをいただくことがあります。あっ、失礼、メールでした。

だからー、私は神社関係者じゃないんだってば。チリバツ大明神でも勝手に作って、お賽銭は1万円以上とかにしてもいいけど。

とか言っても聞いてくるから、一応知ってる範囲でお答えしますね。まず、去年のお札とかお守りは、その買ったというか、いただいた神社に返すのが基本。

大きな神社とかになると、お正月のうちは、「古札返却口」みたいなコーナーが設けられていたりします。

ですから、そこに置けばおしまい。っていうのは、わかるけど、じゃあ、他の神社のお守りとかお札はどうしたらいいの?っていう疑問もありますよね。

基本はいただいた神社に返すんだけど、旅の途中とか、お伊勢参りじゃないけど、一生に一度ってカンジで行った遠方の神社とかだとねえ。

もう一度行けっていうのも現実的じゃありませんよね。ですから、そういう時は、近くの神社に返してO.K.

厳密には、分祠っていうか、本山があって、その支店みたいなところ。例えば八幡宮なら、お近くの八幡宮とか、浅間神社なら、浅間神社とか。そういうところに返すのが一番。

ですが、そうそう支店みたいな神社ってないことも多いですよね。そういう場合は、一見違う神社に見えても、グループっていうか、系列ですな。同じ系列の神社に返すのが良いとされています。

といっても、神学部でも出てないと、どの神社とどの神社が同じ系列かとか分かりませんよね。

そういう場合は、ホントに近くの神社でO.K.そのために氏神さまがあります。天界の窓口ですからね。

氏神様、すみせんが、〇〇神社と△△神社のお札とお守り、返却をお願いします。っていうと、ほい、ほい、了解でーす。ってことで、バッチリですからね。

ということで、そう意味も含めて、氏神様、日頃からお参りしておくと、何かと便宜を図ってくれます。ごひいきにお願いします。

神社のお札の返却はお寺でも可?

じゃあ、近くに神社がないけど、神社のお札をお寺に返すのはどうなんでしょうか?っていうのも気になるところ。

これは一概には言えないけど、結構大丈夫なところが多いですね。っていうか、明治以前は、神仏一体というか、結構一緒のところも多かったんですよね。

特になんちゃら権現っていうようなところは、お寺か神社か分からない。今でも、お寺の中に鳥居があったりしてね。

また、お寺の守り神みたいな神社もあるんですよね。神主さんと僧侶の両方の資格を持っていたりして。

まあ、美容院と理容院の両方をやっているようなもの。っていうと、叱られるかな。そういうところもあります。

それに、お寺は慈悲の心ですからね。意外と何でもありだったりするので、特に大きなお寺とかだと、古札供養のところに置けば大丈夫。

なんですが、これが逆だとねえ。神仏一体っていいながら、結構神社はうるさいところが多いんですよね。

ですから、もちろんO.Kのところもあるけど、基本的にはお寺のお札とかは神社には返さない方が無難でしょうね。

もちろん、神主さんと懇意にしていて、どうですかねえ。とか聞けるんなら聞いてみてもいいけど。

そういう場合は、「ホントはダメだけど、お焚き上げで焼いてしまえば皆一緒ってことで、この中にいれておいてください」とかいうこともあったりします。

そこは、大人の対応でやってくださいね。○○神社は、お寺のお札も大丈夫らしいっていううわさが出ると大変ですからね。


スポンサードリンク

神社のお札の返却時のお金は?

ところで、そのお札。返却っていうか、古札の置き場所に返すときってお金を包んだ方がいいんでしょうかっていう質問もあります。

これまた、大きな神社とかお寺だと、その辺もシステム化されていて、「古札はこちら」っていうところというか、台というかそういうところに、お金を入れる投入口まであります。

ですから、お札を置いて、そこにいくばくかのお金を入れればO.K.ってことになっています。

はいはい、その金額がしりたいんでしたね。これまたお気持ちでっていうやつだから、困ったもの。

ただ、大体はお守り1個とかお札1枚とかだったら、500円ぐらい、それが複数だったら1000円ぐらいっていうのが相場かな。

もちろん、100円でも2000円でもいいし。そこは1年間お世話になりましたっていう気持ちを表してください。

といっても、中には古札返却コーナーに係の人がいて、古札を返却すると「はい、お疲れ様でした」って言って、それでおしまいってこともあります。

その時は、お金はいらなかったりするので、まあケースバイケースって考えておいて、相場は500~1000円ぐらいっていう感じですかね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

お札については、厳格にはいろいろという人がいるけど、22世紀の現代は、感謝の気持ちがあれば、それほどうるさくなくなってきています。

といっても、やっぱり神社の方がお寺よりもうるさいというか厳しいので、そこは臨機応変にいきましょう。

近くの神社仏閣に参拝してみて、古札返却コーナーがあれば、それでいいし、無いようなら社務所なり事務所なりで、「古札を返したいのですが」といえば、対応してくれると思います。

ということで、神社仏閣共に、お正月だけじゃなくて、何かといいことがあったり、困ったことがあったりしたときに、参拝していると、ちょっとはいいことがあると思います。では、よいお年を。

関連記事
初詣はどこに行くべき?

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,