アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

猫のペット保険の選び方は?そもそも必要なのか?アニコムって?

猫を飼うと気になるのが、ペット保険。やっぱり保険には入っておいた方が安心ですよね。でも、どうやって選べばいいんでしょうか。そもそも、猫にペット保険は必要ないって言う人もいるし。アニコムだと窓口で精算できるから、そっちにしようかな。

スポンサードリンク

猫のペット保険の選び方は?

ペット保険、「選び方」って森田検索すると、たくさんのブログが出てきますよ。確かに、おっしゃる通りってカンジです。

ですが、だいたいは、だから「ペット保険は〇〇がおすすめ」とかなっていて、それも間違いじゃないんですけどね。

ただね。保険って人間の保険もそうですけど、きちんと勉強というか研究している人なら選ぶポイントが分かるけど、そうじゃないと、単に大手で安心だからとか、保険料が安いからとかになるから、いざ保険申請のときに、そんなバナナってこともあるんですよね。

というのは、ペット保険ってたくさんありますよね。人間の保険と同じ保険会社がやっているところとか、動物病院の窓口で精算できるものとか。

ですが、アンタが何を求めているかってことになります。なんか心配だから、ペット保険に入っておこうか。でも、そんなにお金かけられないから、安いのでいいや。

っていうのか、1000円2000円の違いなら、あとで後悔しないように、バッチリ保障してくれるのがいいのか。

はたまた、ペット保険っていうか、人間の保険もそういうのがあるけど、だいたいは、一旦病院の窓口でお金を払うのが通常です。

それで、保険会社に申請して、後からお金が戻ってくるというシステム。なんですが、手術とかなると、20万30万ってなりますよね。

そうすると、窓口精算できる保険だと、そこで差額分だけ半分とか30%だけ払えば済むのだと助かるしって言う人も多いでしょう。

その辺までは分かるけど、あとは掛け金とか会社名で選んでいる人多いんじゃないでしょうか。って私もそうでしたけど。

ただね。選ぶポイントしては、免責って言う部分を見ないといけません。それから、保証金額。まあ、保証金額はたくさんあるけど、大きく分けてその2つ。

免責っていうのは、こういう項目っていうか、病気の種類とかでもそうですけど、病院にかかっても、この内容だと保険金はおりませんっていうのがあります。

だいたいは、予防とかのため。ワクチン接種とか、あと避妊・去勢手術ですね。この辺はどの保険も保険金はおりませんが、あとは会社によって降りたり降りなかったりします。

ですから、ペット保険に入っているから安心って思って請求したら、「この項目だと免責ですから、保険金はおりません」ってこともあります。

まずその免責内容についってしっかり把握理解して、本当にその保険会社でいいのか、そのコースでいいのかをチェックしてくださいね。

それから、保証金額。これは、50%までとか70%までとか、中には100%っていうのもあるけど、それじゃないんです。

例えば、通院した場合、1日1万円の保険金が支払われます。って言うペット保険。ですが、これが年間で20日まで。いわゆる20万円までしか支払われないっていうのが多いですよね。

手術とかもそうですが、1年間の上限が50万円とか70万円とか、まあ100万円っていうのもあるけど。

そうすると、手術代で50万円かかりました。その半額の25万円は返ってきます。
が、通院で3ヶ月も4ヶ月もかかったから、1日1万円の90日分、120日分が返ってくるかっていうと、1年間の上限が50万円なら、残り25万円分しか返ってきません。

その辺までは、まだ理解できます。ほとんどのペット保険がそうですから。で、だいたい1年経ったらそれがリセットされて、また上限50万円ってことになります。

が、中には、1年経ってもリセットされないって言う保険会社もあります。そうすると、そのネコ、例えばうちのオタン子が慢性疾患で、ずっと通院しているとします。

でも、2年目で上限の50万円を使い切ったら、3年目からは通院しても保険金は下りないっていうところもあります。

ですから、その辺もチェックしてくださいね。保険金が安いけど、意外と手厚いっていう保険会社にそういうのがあります。

また、ここは手厚い保障って言う保険会社は、最初っていうか、1歳2歳とか年齢が低いときは他の保険会社と掛け金がそんなに変わらないけど、7歳を過ぎるとすごく高くなるとか。

そりゃー、向こうも商売だから、全てバッチリっていうのはありません。ってなると、アンタの懐具合も考えてどれにするかってことです。

比較的身体は丈夫だし、通院程度のものだったらそんなに保険金は要らないから、手術とか大きなお金のときにバッチリ保障してもらいたい。

って言う人もいれば、チョコチョコ病院にかかるかもしれないから、通院とかもバッチリ保障してほしいとか。

掛け金も、やっぱり安い方がいいのか、高いって言っても最初は2000円台。高齢になっても、4000円ぐらいだから、それぐらいだったら問題ないって言う人もいるだろうし。

ってことで、ペット保険、数が多いだけ悩むと思いますが、今はネットで一括資料請求とかあるから、まずは気になる保険会社の資料を全部取り寄せて、特に上に書いた2点をしっかり比較してみてください。

猫のペット保険は必要?

ということですが、じゃあ、そもそもペット保険は必要かっていう議論もあります。これは人間の保険でもそうですけど。

結局保険ですからね。その時一括で払えるお金があるかどうかってことになります。そういう意味では、お金持ちは人間の保険も入ってないですからね。

ペットの場合も、ちょっと病院に行ったら、なんやかんやで1万円かかった。っていう声を聞きます。

が、保険料って安いともちろん960円とかあるけど、だいたい1500円から2500円ぐらいですよね。

1年かければ1万8千円から3万円。でも、保険金として返ってくるのはその半分とか7割。

ってなると、1年間に3万円払って、病院で1万円払ったけど、7割戻ってきたら、結局3万3千円の出費。

これが、1万円ぐらいなんでもないって言う人なら、保険に入る必要はありません。が、問題は高額医療。

手術で30万円かかりました。入院で1日1万円で20日だから20万円。合計50万円かかりましたって言う場合。

これも、50万円ぐらいなんでもないって言う人は入る必要はありません。だって、そういう大きな病気、高齢になれば別ですがあとは、そんなにありません。

子猫から育てた場合、10歳の時に発病したとすると、上の月々2500円の保険だと、1年間で3万円。10年間で30万円払っていますよね。

それで、病院に50万円払ったら、7割返ってくるとすると、35万円返ってくるから、結局15万円の出費。

ですが、それまで30万円払っているから、トータルで考えると、45万円の出費。一応5万円分、保険に入っていた方が得ってことになります。

ですから、その程度なんです。が、これが10年目じゃなくて、2年目とか3年目だと、断然保険に入っておいた方が得ですよね。

だって、2年目だったら、保険料は6万円だから。15万円の出費プラス6万円で、トータル21万円の出費。

病院には50万円払ったから、29万円分得したってことになります。と言っても、こればっかりは、一生そんな大病することはないかもしれないし、はたまた1歳とか2歳で大手術が必要になるかもしれないし。

ということで、一つの目安が、50万円がポンと払えるか。はたまたペットの医療費として、年間150万円ぐらいはポンと払えるか。

この辺の人ならペット保険は必要ありません。っていうか、こんなブログ読んでないでしょう。そもそも、保険という概念がないでしょうから。

その金額はちょっと厳しいってことなら、保険内容を精査してどこかに入っておいた方が、後々安心っていうものです。御検討ください。


スポンサードリンク

猫のペット保険でアニコムって?

ところで、よく聞かれるのがアニコムってどうですか?って言う奴。アニコムって、ペット保険の一つ。

なんですが、多くの動物病院と提携していて、窓口精算が出来るんです。上に書いたように、通常は一旦病院に全額払います。

そして、保険会社に申請して、後から5割なり7割返ってくるのがペット保険のシステム。ほとんどがこの仕組みです。

が、アニコムだと、窓口精算ができるから、保険証をもっていけば、例えば10万円かかったとすると、7割分は保険で賄えるから、あとの3割、3万円病院に払えば済むっていうのも。

いくら後から保険金が返ってくるっていっても、その日数が結構かかる保険会社もあるから、高額になるとその間厳しいですよね。

それがアニコムだと差額だけ払えばいいから人気なんです。が、もちろんデメリットっていうか、マイナス部分もあって保険料が高い。

それも、高齢になるとグーンと高くなります。1歳2歳の倍ぐらいにもなります。ですから、その点も考えて、実はアニコムじゃなくてもいいんじゃんってことなら、他の保険会社でもいいと思いますよ。

なお、アニコム以外にもアイペット保険も、最近では多くの動物病院で窓口精算ができるので、これも候補に入れて検討してみてください。

ただね。これまた特にここ数年、クレジットカードで精算できる動物病院も増えてきたんですよ。人間の病院もですけどね。

それだったら、窓口精算できる保険会社よりも掛け金が安くて、中には申請後数日で振込がある会社もあるから、そっちでもいいですよね。

その辺も検討材料です。まあ、面倒な人は、アニコムでもアイペットでもいいですけどね。私の様なボンビー人だとねえ。その辺もチェックしないとね。
【メール便・送料無料】犬 猫用 サプリ(食べる歯磨き革命 100g)無添加 国産 口の臭い・歯石 用


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

猫は犬に比べて病気になりにくいと言われていますよね。それもあって、ペット保険に入っている割合は低いみたい。

もちろん、上に書いたように実際はペット保険は必要ないカモって思っている人もいるでしょうし、健康な猫ちゃんだったらねえ。その分貯金しておいた方がいいですよね。

ただ、ホント保険ですからね。明日何かあるかもしれないし、やっぱり手術とかになると、何十万単位でお金がかかりますからね。

そういう意味では、私の私見としては、手術とか大きなお金がかかるところに特化した保険が猫ちゃんにはあってるんじゃないだろうかと思うんですけどね。では、良い保険を。

関連記事
猫の目ヤニが多い時は?

スポンサードリンク

-
-,