アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

花粉症2018年は飛散量は多い?時期とか漢方が効くとか?

花粉症、今年はどうなんでしょうかね。毎年飛散量の予測とかが発表されるけど、2018年はねえ。飛散の時期とかも気になるし。そういえば、花粉症には漢方が効くっていうけど、ホント?

スポンサードリンク

花粉症2018年は

花粉症、毎年嫌な季節になったってことで、皆さんうんざりですよね。それに、今年の飛散量も気になるし。

だいたい、秋に翌年の飛散量の予測が出るけど、まだ半年ぐらい先の話ですからね。

で、お正月明けから早い人だと症状が出るってことで、急いで飛散量を確認するってカンジかな。

2018年は、全国的に多いみたいですね。特に中国・四国、と近畿。場所によっては昨年の倍以上ってところも。

九州や東北は平年並みかそれ以下みたい。首都圏や関東は平年並みってことで、みなさん万全の対策をしていってください。

ただねえ。これはもうアレルギーだからしょうがないんだけど、飛散量だけなら多くても、ストレスが少ないと症状が軽かったりするんですよね。

あと、よく言われているように排気ガスとかの問題。ですから、東京に居る時は悲惨な状況だったのに、地方に行ったら杉花粉は多いのに症状が軽くなったって言う人もいます。

あと風向きですよね。私が去年まで住んでいたら某甲信地方。山ばっかりで、県庁所在地なのにクマが出てくるようなところ。

ひどいと、朝6時に新幹線ホームにクマがいて、夕方4時にまた新幹線ホームに出没ってことで、実は新幹線で東京に行ってきたんじゃないかとか言われるところ。

当然、杉の木はたくさんあるから、杉花粉の飛散量というだけなら、東京よりもじぇんじぇん多いんですよね。

が、風向きっていうのがあって、もちろん寒冷地ってことで、寒いから花粉の飛ぶ時期も遅いっていうことで、症状は軽かったですね。

ですから、一概に花粉の量だけで症状が道の功とは言えないけど、それでも、ずっとその土地にいるのなら、やっぱり花粉の量は少ないに越したことはありません。

ってことで、昨年よりも花粉の飛散量が多い地域の人は、早めに対策をしてくださいね。製薬メーカーのホームページとかには、各地のスギ花粉の飛散量が出ているし、予防対策も出ていますからみてみてください。

花粉症2018年の時期は?

というような2018年の花粉ですが、これがねえ。土地が変わると当然飛散の時期も変わるから注意が必要です。

東京に居る時は、一応杉花粉の飛散は1月下旬からっていうのが例年。基本的には2月に入ってからでしたね。

まあ、敏感な人は1月下旬とか中旬からマスクをしていたけど、花粉情報による花粉は2月上旬からでした。

が、私も敏感っていうか、ストレスがたくさんあったので、1月になると抗アレルギー薬を飲み始めていました。

って言っても、だいたい1月の中旬から下旬からですけどね。やはり症状が出るのは2月に入ってからでした。

が、これがその某甲信地方の寒冷地に行くと、杉自体はたくさんあるけど、寒いから、花粉が飛ぶのが3月からなんですね。

基本的には3月中旬からってことで、東京よりも1ヶ月遅れ。それに風向きの関係とか、ストレスの関係で東京よりもかなり軽症。

寒いところに来た甲斐があったって言う訳。ですから、街中でもマスクをしている人は少なかったですねえ。

ところが、某東海地方に来ると、お正月明けてすぐになんか、くしゃみと鼻水。猫を飼い始めたから猫アレルギー発症か?って思ったほど。

なんですが、ここは逆に正月明けたらスギ花粉がジャンジャン飛ぶとのこと。何やら全国で5本の指に入るほどのスギ花粉の産地。

産地っていわれてもねえ。こまるんですけど。そういえば、お正月明けから、やたらマスクをしている人を街中で見かけるようになりました。

ってことで、ずっとその地にいる人はいいけど、転勤族とか移住族とかは、その土地の花粉状況を把握してくださいね。

花粉の飛散で悲惨な毎日なりますからね。って、いつものお約束です。私は花粉に関係なく、悲惨な人生ですけど。

スポンサードリンク

花粉症2018年に漢方は?

ところで、花粉症の薬っていうと、抗アレルギー薬ってことで、通常は耳鼻科や内科で処方されます。

最近は市販薬にも登場したのかな。クレアチンとシングレアが双璧ですよね。私も飲んでいます。

が、これまた以前にも書いたけど、薬は相性があるから、1週間飲んでも効かない場合は、すぐに替えてもらった方がいいですね。

私も2回か3回替えてもらって、今の薬に落ち着きましたから。が、一方で漢方って言う手もあります。

これまた漢方だけじゃなくて、西洋薬っていうか、通常の抗アレルギー薬と組み合わせて使う場合が多いんですけどね。

先生によっては、製剤してある漢方っていうと、2社しかないけど、そこの漢方を使う先生もいます。

私も結構効きました。が、漢方ですからね。即効性はないです。ですから、東京に居る時でも、1月になるとすぐその漢方だけは飲んでいました。

で、2月になってから抗アレルギー薬を飲むと完璧ってカンジ。ただし、基本は処方薬だから、医師に相談しながら使ってください。

某漢方製剤会社の薬だと、番号を言えば最近はネットでも買えるみたいですが、やはり漢方も副作用はありますからね。そこは気を付けてくださいね。

くしゃみとおじゃらば

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

花粉のない国に行きたいっていうと、すぐに出てくるのが国じゃないけど沖縄ですよね。

沖縄には杉の木がないのかな。本当にスギ花粉で大変な人達は、沖縄に1ヶ月とか2ヶ月移住するみたい。

そういう人のためのコミュニティがあって、そこでアパートも短期のアルバイトも何とかしてくれるんですよね。

北海道も雪が好きな私としては気になるけど、北海道は杉はないけど、白樺の花粉で結構苦労している人が多いみたい。

ってことで、世の中、中々上手くいきまへんなあ。ちなみに、チリバツ共和国もスギ花粉はあって、結構国民は苦労しています。では、お大事に。

関連記事
花粉症の対策っていつからやるの?

スポンサードリンク

-健康と医学
-,