アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

スキー場

春スキースノボのウエアでポケットとかインナーとかTシャツとかは?

春スキーっていうか、今はスノボの方が多いんでしょうけど、春に滑りに行く時って、ウエアをどうするかが悩みの種。特に春用とかだとポケットがなかったりしてねえ。それにインナーもどうするかとか。Tシャツで滑るっていうのにあこがれるけど、初心者はねえ。

スポンサードリンク

春スキースノボのウエアでポケットは?

春スキーというか春スノボ、暖かくなって天気がいいと上着がいらないぐらいですよね。

特にミドルエイジになると、厳冬のゲレンデはねえ、体に堪えますからね。やっぱり3月4月に滑るのが一番。はいはい、人生はエブリデイ滑ってます。

そんな春スキー・スノボですが、ウエアってどうしてますかねえ。トップシーズンのウエアだとちょっとねえ。

って、バブル世代はまずは恰好から入りますからね。セーター羽織って、袖を結んでって、そんな80年代の人はいないか。

といっても、アウターは着ないっていう人も多いみたい。っていうか、暑いですからね。特に晴れていると、サウナみたいッていう人もいるぐらい。

ですから、セーターじゃなくてもフリースだけっていう人もよく見かけますよね。もちろん、それでもいいけど。

ただねえ。春の雪って結構ざぶんざぶんの柔らかい雪だから、意外とこけやすいんですよね。それもあって、ベンチレーシン全開にしてでも、スノーウエアの方がいいと思いますけどね。

それに、結構固くなっているところとかもあるから、やっぱりそこはスノーウエアだと怪我しにくいし。

っていうような機能重視な人は見てないか、こんなブログ。ちょっとカッコよくておしゃれに滑りたいてってことですよね。

それなら、フリースでもセーターでもタートルネックのインナーでも、何でもいいんじゃないでしょうか。

とか言ってたら、それはいいんだけど、ポケットがないから困るって言われてしまいました。

滑るときにポケットに物を入れるのはねえ。って思うんですが、意外とリップクリームとか、目薬とか、ちょっとしたものを入れますよね。

もちろん、携帯というかスマホとかも。ですから、全くポケットがついてないフリースとかだと困るみたい。

それについていても、ジッパーとかがないから、すぐに落ちるし。ってことで、あーだこーだいうんですけどね。

一つはウエストポーチを付けるっていうのがあります。これだと、スマホもリップも目薬も、飴玉でも余裕で入ります。

私もよく使ってました。スキーのパトロールとかもつけているから、実態に合っていると思います。

が、ちょっとやぼったいっていう人もいますよね。なんたって恰好が大切ですからね。

そうすると、イントラとかがよくしているのが、ベストですね。魚釣りに行く時のようなアミアミの奴だと暑くないし、ポケットがたくさんついているし、黒とかだと結構カッコいいしってことで、探してみてください。

春スキースノボのウエアでインナーは?

そんな春スキー・スノボですが、じゃあインナーは何を着ればいいの?って言われてもねえ。時期とか場所とか天候とかによりますからね。

春スキー・スノボって言っても、4月なのか5月なのかで結構違います。また、場所も志賀高原とかだと、結構寒いし。

天候も曇ったり雨とか雪だと、まだまだ寒いし。ってことで、そこは天候・気候に合わせてください。

私がよく行く山形は米沢の天元台なんかだと、ゴールデンウィークでもバッチリ滑れます。が、東北ですからねえ。ゲレンデトップまで行くと結構寒いです。

雪がちらついたときなんかだと、通常のスノボウエア一式でじぇんじぇん問題ありません。が、晴れるとねえ。アウターはいらないかなあってカンジでもあるし。

そんなわけでアウターを着るのであれば、インナーは薄手のスポーツシャツといっても、綿じゃない速乾性のものですが、それ一枚で十分です。

が、アウターを着ないのであれば、セーターなりフリースだと晴れると問題ないけど、急に曇るとスポーツシャツだけだと意外と寒いこともあります。

どちらにしても、その時の天候気候を見ながら、いくら春といっても、山の上ってことを認識しておいてくださいね。

スポンサードリンク

春スキースノボのウエアでTシャツは?

同じように、春スキー・スノボだとTシャツで滑りたいっていうオタンコナスも結構います。確かにTシャツでこぶとかをすいすい滑っているとかっこいいし。

ですがこれまた基本はTシャツって言っても、その下にはスポーツシャツの長袖を着て、その上にTシャツを着るようにしてください。

スポーツTシャツで、速乾性の素材だったらいいけど、通常のTシャツは綿だから、濡れるとリフトに乗っているときとか寒いですからね。

それに、これまた天候が急変することがあるから、ザック等にアウターは入れて置いて、寒くなったら着るようにしてください。

Tシャツで滑っている人たちをよく見ると、同じゲレンデでコブとかボックスとかを繰り返し滑っているから、すぐそばにザックにウエアとか飲み物とか入れておいてあるんですよね。

ゲレンデトップからふもとまでロングランをするっていう場合は、いくら春とは言え、Tシャツ滑走はあまりおすすめできません。

白布温泉 湯滝の宿 西屋

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

春スキー・スノボって響きはいいけど、ゴールデンウィークとかになると、結構雪が柔らかいから、歩くだけでヘロヘロ。日差しもありますしね。

が、山形県米沢の天元台は、例年だとその時期でもかなり雪質がいいですね。下手な首都圏のスキー場の2月下旬並みぐらい。

ってことで、今度の春スキーは天元台なんかもいいんじゃないでしょうか。もちろん、その時期ドーン教教祖他、一味が終結しているからご注意ください。では、良い春スキー・スノボを。

関連記事
スノボの日焼け止め対策は?

スポンサードリンク

-スキー場
-,