アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

トレッキング初心者の装備は?3点セットは?選び方は?

2017/02/24

暖かくなるとアウトドアを楽しみたいと思う人も多いかな。今年はトレッキングに挑戦。山ガール(含む【昔の】)として、いろんな山に行って見たいと思っているけど、装備は何が必要?という方に向けて、山登りウンチクラクターが解説します。

スポンサードリンク

トレッキング初心者の装備は

今年は山ガールデビューだ!と張り切って、山岳雑誌とかを買い集め、さあ何から揃えようと毎日ニヤニヤしているんじゃないですか。

確かに、アウトドア雑誌とか山岳雑誌をみると、登山用品の広告がたくさん載っていて、それを着たモデルなんかと自分を重ね合わせたりして、気分はすっかり百名山って気持ちもわかります。

が、そもそも、まずどんな山に行くかを決めるのが先決。というか、初心者だったら、日帰りで行ける山。最悪ロープウエイやケーブルカーで途中で具合が悪くなっても、問題なく返ってこれる山にしないといけません。

ですから、テント、シュラフ、灯り(LEDのヘッド&ランタン)、クッカー、コッヘル等食器類、トイレットペーパー、トレッキングポール、手袋、ハット、サンダル着替え、レインウェア、携帯食、フード類、水(水筒とハイドレーション?)、折りたたみ椅子、トレッキングシューズコンパス、マップ、防水小バック、ザックなどと最初からテント泊でもするのかっていうようなものは必要ありません。

だって、実際に山に行ってみないと、ショップで良いなと思っても、使い勝手が悪かったり、もっと他に良い物があったりしますからね。

まず最初に決めることは、日帰りで問題なく返ってこれる山を決めることです。

トレッキング初心者の装備3点セットは?

じゃあ分かった、そこまで言うのなら高尾山でも筑波山でも、チョチョイのチョイで登れる山にしておくよ。で、何が必要ないの?ってことですよね。

何事にも3点セットというのがあるように、トレッキングというか山登り基本3点セットというのあります。

登山靴(シューズ)、ザック、レインウエアの3つです。まずはこの3つから揃えましょう。この中でも一番最初に買うべきものは、レインウエア。

もちろん、基本は身体に近いところから装着するのもということで、登山靴というのが出てきますが、日帰りでチョチョイのチョイで登れる山だと、最悪スニーカーでも代用はききます。

ザックも、両手がふさがらないものであれば、大丈夫。その点、雨具というかレインウエアって一見いらないような気がしますが、山岳会や登山雑誌の編集長に聞いても、必ずレインウエアは最初に揃えてくださいと言われます。

というのも、山の天候って低い山でもいきなり変わりますよね。絶対晴れると思っていても、午後から急に雨とか、雲の中に入ってしまって、降ってきたとか。

ですから、必ずレインウエアはまず揃えてください。無雪季の低い山だったら、レインウエアがそのまま防寒具にもなりますからね。

そして、その後に登山靴とザックということになります。もちろん、できればこの3点は一緒に購入するのが理想。山ガールデビューの必需品と考えておいてください。

スポンサードリンク

その3つを揃えてもまだ資金的に余裕があるというのであれば、ヘッドライトとコンパス。この2つもほしいところです。

最初は暗くなる前に帰るように計画を練るべきですが、何があるかわからないということで、ヘッドライトはあったほうがいいですね。

それから、コンパスも腕時計のバンドに付けれるような小さなものだと1000円ぐらいでありますから、とりあえず東西南北が分かるものがあれば安心です。

上記3点または5点を揃えたら、日帰り出来る山について、そのルート等をじっくり調査して、いよいよデビューということになります。

トレッキング初心者の装備の選び方は?

でも、その前に3点セットの選び方ってどうすればいいのって聞きたくなりますよね。登山靴については、ちょっと長くなるので、別の記事にしました。そちらを読んでみてください。

ザックは、最初は30リットルぐらいでいいかと思います。1泊するにはちょっと小さいので、あくまでも日帰り用ということになりますが、25リットルでもいいかもしれません。

ショップで実際に背負ってみて、背中にピッタリフィットするもの。特に最近はほとんどそうなっていますが、腰の部分がベルトになっていて、重量を分散してくれるようになっていると思います。

小さいザックだと、たまにそれが付いてないものもあるので、そこはチェックです。付いていると付いていないとで、随分身体の疲れ方が違いますから。

レインウエアは、ゴアテックス。登山用品店にいけば、これまた殆どがゴアテックスですから、そこは気にする必要がありませんが、たまに妙に安いと思って飛びつくと、ゴアテックスじゃないということがあるから注意です。

ゴアテックスは、ゴアゴアしていて、特にズボンというかパンツ部分は動きにくいという人もいますが、濡れたときの回復力と、通気性が全然違うので、基本はゴアテックスです。

また、ズボンの上から履くことになるので、からなず試着して、小さくないかも確かめておいてくださいね。


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、山ガールというとなんかオシャレな感じがしますが、実際に山に行くと自然の中にいるわけですからね、街中とは全然違うということをしっかり認識してください。

最近は、ネット上での山行を募集する集団も多いみたいですが、SNSの場合、リーダー=山のリーダーというわけではありません。

単に呼びかけた人=リーダーと言う場合が多いので、実際には山の危険については認識してなかったり、初心者に対してのフォローがおろそかだったりということもあります。

ですので、初心者の場合は、必ず山について詳しい人、若しくは地元の山岳会での山行に参加するようにしましょう。

山は逃げませんから、じっくり準備をして楽しい山行をお祈りしています。

参考記事
トレッキングシューズの選び方 種類は?
トレッキング初心者用のルート選びは?

スポンサードリンク

-健康と医学
-,