アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

トレッキング初心者用のルート選びは?コースは?ステップアップは?

2017/02/24

今年からトレッキングデビュー。トレッキング3点セットもバッチリ揃えました。さあ、どこに行ったらいいんでしょう。という貴女に、コースの選び方から、お勧めの山を紹介します。

スポンサードリンク

トレッキング初心者用のルートの選び方は?

トレッキングビューと言うか、今年から山ガールとしていろんなところに行ってみたいと思って、装備もバッチリ揃えました。

で、実際に初心者でも問題ない山ってあるんでしょうか。っていう質問が多いですね。

山は出来れば独りじゃなくて2人以上で行ってほしいもの。でも、足慣らしとか、相手の足手まといになりたくないからってことで、まずは一人で簡単な山というかハイキングの延長をしてみたいという人も結構いますよね。

よく「高尾山ぐらいしか登ったことないですから」っていう人がいますが、高尾山も立派な山ですよ。

特に、高尾山はルートがたくさんあるので、いろんなルートでチャレンジしてみると、自分の得意不得意も分かるし、最悪ケーブルカーがあるから、足がいたくなったら、帰りはケーブルカーのコースで下るのもアリ。

首都圏の方なら、高尾山に始まり高尾山に終わると言ってもいいでしょう。特に裏高尾まで足を伸ばすとかなりのルートになりますからね。じっくり高尾山の魅力を味わってください。

で、一つの目安としては、これからデビューと言う方には、片道の参考時間が1時間以内というのが良いでしょう。

この参考時間っていうのが、出版社によって微妙に違いますが、1時間程度ならそんなに差もでません。それに、ずっとスポーツをやっていた人なら、物足りないルートになるかもしれませんが、今まで運動らしい運動をやってなかったという人なら、この参考時間×1.5倍と思っていて大丈夫です。

ということは、1時間の参考時間なら1時間半。これぐらいなら、ホントに初歩の初歩ということで、時間配分とか、休憩の取り方とか、登り始めのきつさとかを実感できるでしょう。

ですので、お住まいの近くに、片道1時間程度で登れる山があれば、まずはそこからスタートということで良いでしょう。

トレッキング初心者用のコースは?

ということで、具体的な山としては、首都圏ならまず高尾山。高尾山は、ナイキが高尾モデルを作ったほどの山ですから、本当に何度も登ってほしいと思います。

特に下から頂上までは3コースあるので、その違いを実感するのにはもってこい。最初が急登のコースとか、最初はなだらかだけど、最後に長い階段があるとか、配分を実感するにも良いコースが揃っています。

★詳細な地図や周辺情報はこちら【楽天たびノート】★

スポンサードリンク

もう一つは、若干コースとしては短いのですが、筑波山。一般的にはつつじが丘まで車かバスで行って、ケーブルカー乗り場の下から、登るコースが初心者にはお勧めです。

途中一か所急登りがありますが、あとはゆったりのんびりと登れるので、登山靴の慣らしにもよく使われています。

★詳細な地図や周辺情報はこちら【楽天たびノート】★

この2つを難なく登れるようになったら、1000m以下で標高差500mぐらいまでの山はどこでも大丈夫でしょう。

夏場だったら、1500mとか2000m級でも、標高差が500mぐらいまでなら休憩を入れながら登れると思います。

ただし、必ず地図とコンパス、また事前にルートの確認はしておいてくださいね。地元民からは小学生が登る山と言われていても、1500mの山って頂上は下とは全然違いますからね。できれば2人以上での山行をお勧めします。

トレッキング初心者用のステップアップコースは?

じゃあ高尾山、筑波山からステップアップの山ってどこ?ってことになりますが、首都圏だと御岳山がそれに当てはまります。

ルートとしては、御岳山から日の出山、その後つるつる温泉方向におりることです。日の出山山頂に、つるつる温泉方向の案内矢印もあります。つるつる温泉からは、JR五日市の駅まで、レトロなバスがあります。

やはり下山後は温泉ってことで、そう言う意味では、棒ノ折山も、最後に温泉があるという点では、いいですよ。

あとは奥多摩三山の大岳山御前山三頭山。どれも高低差500メートル前後で登る事が出来ますので、初歩の初歩から、初級者への脱出と言うには持ってっこいだと思います。


yorezoの戯言

ということで、山ガールブームで、自然の素晴らしさを満喫するのはいいですが、やはり大自然の中では何が起こるか分かりませんからね。

携帯電話も電波が届かない所も多いので、最初のうちは単独行は慎みましょう。それに、山はやっぱり仲間と一緒に登った方が楽しさも倍増しますからね。では、良い山を。

関連記事
トレッキング初心者の装備は?
トレッキングシューズの選び方 種類は?

スポンサードリンク

-健康と医学
-,