猫が爪切りを嫌がるのは?コツとかおすすめのものとかは?

猫を初めて飼う時の一番の難関っていうのが、爪切りですよね。爪を切らしてくれないってことで、結構悩んでいる人も多いみたい。なんか上手く切るコツってあるんですかね。お勧めの爪切りも知りたいし。

スポンサードリンク

猫が爪切りを嫌がるのは?

猫を初めて飼うときって、いろいろと心配がありますよね。ごはん食べてくれるだろうか。とか、ちゃんとトイレを使うだろうかとか。

その辺は、別の記事にしたけど、だいたい2~3日もすればなつかない猫でも、飼い主が見てないところで、ごはん食べたりトイレしたりします。

が、一番というか、最初の難関は爪切りですよね。これは結構慣れたというか、ずっと猫を飼っている人でも、この子は爪を切らせてくれないって言う話もあるぐらい。

ですから、本当に最初が肝心。そこを失敗すると後々まで爪を切らせてくれなくなりますからね。っていっても、トリマーとか動物病院だと上手く切れるから不思議ですけどね。

で、猫の爪切り、何が大変かっていうと、手とか足とかに触らせてくれないっていうのが最初の難関。

そこがクリアできれば、意外とあっさり切らせてくれます。ですから、最初は1~2ヶ月は爪は伸び放題を覚悟して、長期戦でいきましょう。

というのも、猫の爪切りって、爪とぎされたりすると大変とか、ひっかかれると大変っていうのがあって、すぐにやらないとって思いますよね。私もそうでした。

が、ちゃんと爪とぎ機を用意して、壁も爪とぎ防止シートを貼っておけば大丈夫。まずはそっちの対策をしておきましょう。

その後は、野良猫なら爪も切らないだろうぐらいに思って、まずはスキンシップが取れるようになるのが一番。

それも別にの記事にしたけど、家に猫がやってきて、社交的な猫だと初日からゴロニャンするけど、通常は2~3日、ひどいと2ヶ月も3ヶ月もなつかないってことがあります。

ですから、まずはちゃんとだっこが出来るようになるのが一番。それができれば、あとはゴロゴロ言っているときだと、簡単に手足を触らせてくれます。

もちろん、爪切りっていうように、爪をきちんと出しても全く動じません。と言っても調子にのって全部の指の爪を切ろうとすると嫌がる場合もあるので、その時はすぐに辞めましょう。

というのも、うちのオタン子も家にきたときは、トイレも食事も私がお風呂に入っているときしかしなかったようなビビリ。

だったんですが、根気よく慣らしていくと、膝にも乗るようになったし、爪切りも今では全く問題ありません。

と言っても、そこまで2ヶ月かかりましたけどね。だっこを嫌がる猫だと結構難しいけど、そこもきちんと段階を踏めば、向こうからやってきます。

特に餌をやったりトイレ掃除をする人には、この人が面倒を見てくれているっていうのが分かるから、猫の方からすり寄ってくるようになりますから。

と言っても、猫にその気がないのに、膝に載せようとしたり、捕まえようとすると、その後も嫌がるので、まずは猫の方からやってくるのを待つのが一番です。

猫の爪切りのコツは?

ということで、ゴロニャンしてくれる猫だと、膝に乗ってきたり、すり寄ってくるときは、向こうもベタベタしたいので、結構ラクに爪が切れます。

といっても、いくら膝に乗ってきても、手足を触ると嫌がるときは、その気がないので、その時は諦めましょう。

向こうにその気がある時は、両手両足全部一気に切ることもできます。その辺は、なんたって猫ですからね。気が変わるのが普通と思って、嫌がる前に切るのを辞めてくださいね。

あと、ゴロニャンじゃない猫。これも2~3ヶ月なら待てるけど、半年も1年もなつかないってなると、爪も伸び放題だから、悠長なことは言ってられません。

一番いいのは、一度トリマーや病院に連れて行って、爪を切ってもらう。その時にどうすれば猫がおとなしくなるのかを見ながら、よく教えてもらってください。

通常は猫が伏せたときに、背後から肩甲骨を抑えると動けなくなるから、そこで爪を切るのが王道です。

が、一人暮らしとかだとねえ。それも結構難易度が高いです。で、もう一つのやり方は、首の後ろを掴むっていうのも。

子猫を母猫が運ぶときは、首の後ろを使うというか噛んで運びますよね。クロネコヤマトのイラストのようなカンジ。

あそこを掴まれると、猫は動けなくなるんですよね。ですから、そこを掴んだり、大きめの洗濯ばさみで挟むという強硬派もいます。

確かに猫はおとなしくなるから、爪を切ることはできるけど、意外と猫も嫌がるから、次からは逃げまくったりするんですよね。

一番は、猫の方から膝に乗ってくれるようになるよう、信頼関係を築くことですけどね。焦らずにやっていきましょう。

スポンサードリンク

猫の爪切りのおすすめは?

という猫の爪切りですが、爪切り機っていうか、爪を切る道具は何がいいんですかね。慣れた人だと人間用の爪切りでもいいっていうけどねえ。

これは猫用の爪切りがたくさん販売されています。基本的ははさみのようなハサミタイプが初心者には使いやすいかな。

通常のハサミと同じなんですが、ちょっと先端が反っているので、猫の爪をスムーズに切ることができます。

使い方もハサミと一緒だから、戸惑うこともなく、値段もお手頃なので、まずは1本ってことなら、ハサミタイプの爪切りを用意しておきましょう。

あと、猫上級者っていうか、猫歴が長い飼い主だとギロチンタイプっていうのを使っている人もいます。

丸い刃の穴に爪をいれて、スパッと切るカンジ。慣れればこっちの方が猫にもストレスがなくていいって言われています。獣医さんなんかはこのギロチンタイプを使っている人が多いみたい。

なんですが、猫初心者だとまず使い方でちょっと戸惑うし、猫は暴れるしってことで、ゴロニャン系のおとなしい猫の場合でお試しください。

その他ニッパータイプとかもあるけど、それはホントにちょっと上級者用。巻き爪の猫とかだとこっちの方がいいっていうけど、初心者は巻き爪もヘチマも分かりませんよね。

その辺は獣医さんやトリマーに聞きながら、まずは使いやすいもの、猫が嫌がらないものからスタートしましょう。
猫用爪切り ネコ つめ切り NS-88 ドギーマンハヤシ

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ということで、爪切り慣れればというか、猫と信頼関係が築けていれば、全く問題ありませんが、結構みなさん人間の都合で爪を切ろうとするから嫌がられるみたい。

まずは抱っこができるようになること。そして膝の上でゴロニャンするようになること、この辺を第一目標にやっていきましょう。

うちのオタン子は、寒い時はすぐに膝にのるけど、暑くなると膝じゃなくて私の座っている椅子を占領するようになります。ですが、一応近くにくるので、爪を切るのも簡単ですけどね。では、良い爪切りを。

関連記事
猫をなつかせるのはケージが重要

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする