猫のノミダニ予防は市販薬とかシャンプーとかだと効き目は?

暖かくなると、人間だけじゃなくて猫にもいろいろと虫が付きます。いわゆるノミやダニって言う奴、以前書いた蚊による寄生虫の危険もあるし。ってことで、ノミやダニの予防はどうすればいいんですかね。市販薬売ってるからそれで良さそうだし。基本はシャンプーでしょうか。

スポンサードリンク

猫のノミダニ予防は?

猫ってノミとかダニが付いているっていうのが基本。っていうか、外で飼っているとねえ。当然そういうのが付いています。

ですから、野良猫を保護するとまずは、ノミ・ダニ駆除をしないといけません。その辺はまた別記事にしますが。

が、22世紀の現代は厚生労働省も完全室内飼いを推奨しています。ですから、保護猫をもらって来たり、ブリーダーやおすすめできないけどペットショップから調達した猫だとノミやダニはいませんよね。

うちのオタン子ちゃんは、ずっと家の中だからノミやダニとは無関係よ。っていう人も多いみたい。

もちろん、ノミやダニって草むらとかそういうところにいるから、完全室内飼いだと通常だとノミやダニはついてきません。ですから、駆除も予防も必要ない気がしますよね。

なんですが、これが怖いところでノミとかダニって成虫でも小さいですよね。ですから、よく見ないと分からない。

それに、一番はやっぱり卵だとほとんど目に見えないじゃないですか。ってことで、猫自身は外に出てなくても、飼い主の服とかに卵がついてきて、それが部屋の中に落ちる。

13度あれば孵化するっていわれているので、それが絨毯の間とかに入っていて、暖かくなると孵化して猫にくっつくっていう事例も全国で発表されています。

ということで、完全室内飼いでも、ノミやダニの予防は必要です。それに、今は簡単にできますからね。

そういうこともあって、かかりつけ医を一つ決めておくと、「じゃあやっておきますか」ってことで、春になると予防薬を投与ってカンジです。

前にもどっかに書いたけど、以前はノミやダニはそれ用の薬。蚊の媒介とかによって寄生するフィラリアとかは別の薬でした。

が、今は一つで両方退治してくれる薬が出来たので、それを使えば一石二鳥。それに、成虫だけじゃなくて、ノミやダニの卵も一掃するので、便利です。

ほとんどの動物病院で扱っているので、一度その辺を聞いてみてください。もちろん、ノミやダニだけに効く方の薬でも十分ですけどね。

ってことで、小学校とかのときって身体検査ってだいたい春でしたよね。1年に一度成長も記録するってことで。

そういう意味でも、成猫の場合は1年に1度の健康診断っていわれていますが、それを春に持ってくるのがいいんじゃないでしょうか。

猫のノミダニ市販薬は?

はいはい、そういうのはガッテン承知なんだけど、動物病院で処方されると高いから、金欠病のあたしには厳しいって言う人も。

だからー、猫を飼うにはお金がかかるんだってば。って言っても、いやいや、最近はペットショップとかでも、おんなじ様なものを売ってるから、それで十分じゃん。

って言う人もいます。確かに同じように、ノミやダニ駆除の薬を販売しています。箱で買うと結構安いですよね。

それに、フロントラインとかは毎月やらないと効果がないし。ってことで、その辺を考えると市販薬を購入しようって考える人も多いみたい。

が、ここで確認してほしいのは、それはちゃんとした医薬品ですか?ってことで、以前は医薬品は動物病院じゃないと販売できなかったんですよね。

ですから、首輪状になっていて、それをつければノミやダニを寄せ付けないっていうものとかしか売ってなかったんです。

それらが効果がないとはいいませんが、あくまでも寄せ付けないだけだから、すでにノミやダニがいる場合や、卵が付いているときには効果がありません。

ってことで、その場合はちゃんと「動物用医薬品」って明記あるものにしてください。ただし、最初はやっぱり使い方等注意事項があるので、動物病院でやってもらってください。

慣れたら、動物用医薬品を取り寄せることができれば、それでも大丈夫。といっても、結構「獣医師の診察が必要です」っていうものが多いです。

それを考えると、動物病院でやってもらった方がいいんですけどね。ただ、どうしても動物病院に行くとなると大暴れって言う猫の場合は、獣医師と相談して薬だけ通販っていうのもありですけどね。

スポンサードリンク

猫のノミダニはシャンプーで

ところで、猫のノミ・ダニ予防はシャンプーが基本ってありますよね。特に外に出ている子とか、脱走後捕獲した時とかは。

もちろん、シャンプーが基本ですが、そこでノミなりダニなりがたくさん出てきて、流れていきます。

特に卵とかだと黒い粒粒がたくさん水に浮かぶんですけど、絶対に潰さないでそのまま流してください。

また、成虫の場合は皮膚に食い込んでいる場合が多いので、そうすると無理に取ろうとしないで、これまた動物病院で対処してもらいましょう。

マダニは人間にも吸い付くし、全国でも数件ですが、それによっての死亡事例も出ているので、むやみに猫と一緒に寝るとかはお勧めできません。
フィラリア予防薬8回分+フロントラインプラス12回分+腸内寄生虫駆除薬(虫下し)4回分がセットになった「予防薬フルセット」(体重2.5Kg未満)往診診療で済ませる予防薬フルセット!栃木県・群馬県・東京都・埼玉県・神奈川県にお住まいの方限定です!

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

猫というかイヌもでしょうけど、ペットにはノミやダニは付き物。なんですが、今は完全室内飼いですからね。

その辺もきちんと駆除して、ペットともにハッピーな毎日を過ごしたいものですね。あっ、寂しい中年には、悪くても良くても、早く虫がついてほしいんですけど、虫も食わないってことで世の中の厳しさを実感しています。では、良い虫よけを。

関連記事
猫がいるときにの蚊の対策は?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする