アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

未分類 生活のヒント

ゴキブリの対策はどうすればいいの?殺虫剤とか駆除剤とかについて

ゴキブリが出てくる季節になりました。っていうか、最近は年中いるけど。ゴキブリ対策ってどうすればいいんでしょうか。とりあえず殺虫剤ですかね。でも、元から断なきゃダメってことで、やっぱり駆除剤ですよね。おすすめはなんでしょうか。

スポンサードリンク

ゴキブリの対策は?

ゴキブリって、私が小さい頃は夏というか、暖かくならないと出てこないっていうイメージでした。

ですから、冬とか春先に出ると、まだこんな季節なのに、って母親が大騒ぎしていたような気がします。

が、22世紀の現代は冬でも暖房完備。ってことで、年中ゴキブリに悩まされているっていう話も聞きます。

が、やっぱり寒いところはゴキブリは苦手。ってことで、基本的には北海道にはいないって言われていました。が、今は新幹線で本州からやってくるし。

でも、長野なんかも居ないことはなかったけど、ほとんど見なかったですね。そういう意味では、やっぱり寒いところは苦手みたい。

っていうと、じゃあ、年中部屋を寒くしていればいいのか?とか、とぼけたことを言い出すオッサンがいるけど、部屋は寒くても外からやってきますからね。

もちろん、懐とか人生が寒くてもゴキブリはやってくるので、対策はしっかりしておきましょう。まあ、懐が寒いと食べるものもなくて、ゴキブリも来ないかもしれないけど。

そう、まずは部屋をきれいにしておくこと。って、別にピッカピカに磨き上げなくてもいいから、食べ物のカスとかをちゃんと掃除すること。

一人暮らしの男性で、部屋の中がごみ屋敷っていうのは論外ですが、どうしても水周りにはゴキブリは出没します。

ですから、台所のシンクですね。最近は三角コーナーは置かないところが多いと思いますが、もちろん、三角コーナーは毎日掃除。

シンクにそのまま食べ残しを捨てれるタイプでも、100均でシンク用の網というか、そのまま捨てれるネットを売っているので、それをかぶせて、食べ残しを放置しないようにしましょう。

当然ごみ箱に捨てるときも、一度ビニールというか、コンビニ袋とかでいいから、それに入れて固く口を縛ってくださいね。

一人暮らし経験者だと当然ですが、意外と一人暮らし初心者だと、その辺も適当で、それでゴキブリが繁殖ってこともありますからね。

あと、同じようにダンボールの整理。ゴキブリってダンボールが好きなんです。って、猫みたいですけどね。

ですから、最近は特に通販で買い物をする人が多いけど、ダンボールはすぐに解体というか、折りたたんで、できれば捨ててください。

自治体によってはダンボールは資源ごみってことで、収集日が先の方だと、それまでは折りたたんだものが開かないように紐で縛るなどしておきましょう。

ってことで、いわゆる小学校で習う、基本的生活習慣って奴ですが、まあ特に一人暮らしをしたばかりだとねえ。それどころじゃないってカンジかな。

その辺をきちんとするだけで、結構ゴキブリの出現は少なくなります。といっても、完全に居なくなる訳ではないので、そこは駆除剤等を使いましょう。

ゴキブリに殺虫剤は?

いやいや、ゴキブリっていうと、まずは殺虫剤でしょう。って言う人も多いのかな。確かにゴキブリが出てきたら、手で捕まえるのも嫌だし、殺虫剤ですよね。

殺虫剤は1本持っておくのは悪くないけど、結局はそのゴキブリだけをしとめるだけですからね。1匹のゴキブリが出ると、その後ろには10匹とか50匹いるといわれています。

いわゆるゴキブリの巣があるっていうわけ。巣までなけくても、ゴキブリの卵があると、そこからうじゃうじゃ出てきますからね。

それもあって、上に書いたように卵を産み付けられないようにとか、巣を作られないようにってことで、まずは、部屋というか家の中の整理整頓と掃除なんです。

ですから、殺虫剤は持っておいてもいいけど、ゴキブリは元から断たないとダメってことで、そこのところはよく覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク

ゴキブリの駆除剤のおすすめは?

ってことで、ゴキブリの駆除剤なんです。以前というか、もう40年ぐらい前ですかね。ゴキブリホイホイが出て時は鮮烈でしたよね。

が、これも基本は出没したゴキブリを捕まえるというのも。卵とかまでは駆除できません。そこで22世紀の現代は駆除剤っていうが主流。

一時テレビとかで流行ったゴキブリ団子みたいなものです。もちろんゴキブリ団子でもいいんですけど、これまた一人暮らしだと、作るのに時間がかかりますよね。

ってことで、ドラッグストアとか、スーパーにもおいてあるのが、ブラックキャップとかコンバットっていわれているゴキブリ駆除剤。

これはもうほんとに劇的で、単に置くだけ。それでゴキブリはもちろん、その卵までも駆除というか卵の中まで威力を発して、孵化させないからゴキブリが居なくなるんです。

ってことは、超楽チンだし、簡単だし、それに値段もそんなに高くない。殺虫剤と同じぐらいじゃないですか。そして、一度置くと最低3ヶ月、通常は半年威力があります。

ってことで、ゴキブリに悩んでいる人は、ゴキブリ駆除剤を置いてみてください。もちろん、上に書いたように、食べ物のカスとか、シンクはちゃんと掃除するっていう前提ですけどね。

私はこれで、ゴキブリを見なくなりました。長野に居た時は安心して、置いてなかったから1匹出てきたけど、すぐにブラックキャップを置いたらそれ以来見ていません。

で、ブラックキャップでもコンバットでもいいけど、効き目という面では、若干ブラックキャップの方が効きがいいみたい。それに12個も入っているからお得。

置く場所は、箱の裏に書いてあるけど、台所のシンクの下とか、冷蔵庫の裏とか、風呂場や洗面所の水周りが基本。これで、バッチリ・チリバツ共和国です。ぜひお試しください。
KINCHO コンバット ゴキブリ殺虫剤 大型容器 連鎖駆除効果(4コ入)【コンバット】

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

ゴキブリはほんとに、食べ物に反応するみたいで、一人暮らしをしてからこの方、ずっと懐が寒かったので、家の中にもあんまり食べ物がなかったんですよね。

それもあって、学生時代で駆除剤とかなかったときでも、そんなにはゴキブリが出てきませんでした。が、友達の部屋に行ったら、足の踏み場もないって感じの荒れ放題。

ゴキブリもウヨウヨいました。ってことで、まずは、部屋の整理整頓と掃除。ここからがゴキブリの駆除の第一歩といえるみたいですよ。あっ、もちろん人生の整理整頓は永遠の課題ですけど。では、良いゴキブリを。

関連記事
猫がいるときのゴキブリ駆除剤は?

スポンサードリンク

-未分類, 生活のヒント
-,