アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

蚊に刺された時の正しい対処は?刺されやすい人とか跡が長引くとか

蚊に刺されるとかゆいから嫌ですよね。すぐにバッテン付ける人とかいるけど、あれって跡が残りませんか?蚊に刺された時の正しい対処法って、どうすればいいんだろうか。特に刺されやすい人はねえ。それに、最近跡が長引くんですけどね。

スポンサードリンク

蚊に刺された時の正しい対処

これからの季節、蚊が出没。出没するだけならいいけど、結局蚊が血を吸いにやってくるからやっかい。

もちろん、蚊取り線香やベープ等で蚊を寄せ付けないことが重要ですが、刺されてしまったら、かゆくて参りますよね。

まあ、これはよく言われているように、蚊が血を吸う時に唾液を逆に注入するから、それがかゆみの原因ってこと。

ですから、極端なことを言うと、唾液が人間の身体に残らないように、全部血を吸わせた方がかゆみがすくないとも言われています。

といっても、やっぱり血を吸われるのは嫌だし、途中で気が付くと、蚊も逃げていきますよね。で、蚊の唾液が体内に残るって言う訳。

それでかゆいっていうことです。もちろん、ウナコーワでもムヒでも何でも塗っておくのもありですが、やっぱりその後かゆい。

ってことで、かゆみを少なくするには、どうしたらいいんですかっていうお便りをいただきました。

それには、蚊の唾液成分を分解するっていうのが一番。って言っても、そんな難しいことはありません。蚊に吸われたところを暖める。

お湯や熱いおしぼりで蚊に刺されたところを暖めると、蚊の唾液成分が分解されるので、かゆみが少なくと言われています。

とりあえず騙されたと思ってやってみてください。あとは、同じ原理でドライヤーとかで暖めるっていうのも手です。

お湯でもドライヤーでも、とりあえず家にあるものでできるので、試す価値はありますよね。もちろん、刺されてすぐにやらないと、蚊の唾液が固まってしまうと意味がありません。

同じように、これまた刺されてすぐにやらないと意味がないけど、蚊の唾液成分を中和させるって言う意味で、酢を塗るっていうのもあります。

蚊の唾液成分は弱酸性だから、それを中和させるためにアルカリ性の酢を塗るって言う訳です。同じ理由でアルカリ性石鹸での洗浄もあり。

どちらも中和が目的だから、お手軽な方でいいけど、とりあえず、ウナコーワを塗る前にやってみると、効果は倍増です。

他にもハチミツを塗るとか、レモンなんかの柑橘系の汁を付けるなんてのも効果があると言われていますが、ちょっと抵抗があるかも。

ってことで、取り合えず手軽に出来てその後も逆に綺麗になるという意味でも、お湯で洗い流すっていうのが一番手軽じゃないでしょうか。お試しください。

蚊に刺されやすい人は?

ところで、よく血液型がO型の人は蚊に刺されやすいっていわれているけど、なんで?理由は分かりませんが、確かにそういうデータはあります。

まあ、血液型は変えることはできませんが、その他気を付けると蚊に刺されにくくなるので、そこは気を付けましょう。

まず、蚊に刺されやすい人ですが、蚊って基本的に二酸化炭素に引き寄せられてくるんですね。

ですから、ドライアイスとかを置いておくと、気化する時に二酸化炭素が出るっていうか、あの白い煙は二酸化炭素。

ですから、そこにへばりついて凍死している蚊をたくさん見ることができます。特に飲食店の裏口とかにドライアイスが捨ててあると、そこに蚊がやってきているのを見たことがあるかもしれません。

ってことは、二酸化炭素をよく出している人。運動した後とかに蚊がよってくるのはその証拠。

同じように肥満傾向の人も、身体からの二酸化炭素が痩せている人よりも多く息を吐くから、やっぱ痩せている人よりも刺されやすいです。

同様に飲んだくれというか、お酒を飲んだ後っていうのも、なぜか刺されることが多いのも、やはり二酸化炭素が原因。

ってことで、二酸化炭素は呼吸しているからしょうがないけど、そこは多く輩出しないように、出来る努力はしていきましょう。

同じように体温が高い人とか、汗をかきやすい人も蚊に刺されやすいと言われています。が、どれも上の条件に当てはまりますよね。

運動した後とか、肥満気味の人は汗をかきやすいし、飲んだ後も夏だと結構汗が出ていたりして。

ってことで、汗はかいたらすぐに拭く。これだけでも結構違うので、タオルは常備しておいてください。


スポンサードリンク

蚊に刺された跡が長引く人

ところで、蚊に刺された場合、そこが少し赤くなって盛り上がりますよね。それでバッテンを付けたりする人もいるけど、それは跡が残るからやめましょうね。

というのも、子供うちとか若いうちはそれでもすぐに跡が無くなるけど、中年といわず、30歳ぐらいとか、早いと20代でもかな。

掻きむしっていると、そこが盛り上がってしこりみたいになることがあります。って、私も子供の頃はならなかったけど、最近はだいたいなります。

いわゆる慢性痒疹って言う奴、かゆみ自体も残っているからかきむしってしまうんですけどね。

こうなると、市販薬だと治りません。かかないのが一番だけど、そうもいってられないので、跡が残る場合は皮膚科に行ってください。

ステロイド系の塗り薬とか、ひどいと飲み薬を処方されるので、それでほぼ治ります。この辺は、やっぱり市販薬より処方薬ってことでしょうな。お気を付けください。
【第2類医薬品】新ウナコーワ クール(55mL)【ウナコーワ】


ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

子供頃って、竹藪とかに行ったりするし、半そで半ズボンだから、蚊にはじゃんじゃん刺されますよね。

大人になると、長ズボンとかだからって安心していると、服の上からも刺されることがあるから気を付けないとね。

ちなみに、上に書いたようにお酒を飲むと刺されやすくなるんだけど、それって血にもアルコールが入っている訳ですよね。

それを吸った蚊は酔っ払わないんだろうか。では、飲みすぎ注意で良い蚊を。

関連記事
猫がいる時の蚊の対策は?

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,