アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

カメムシの匂いを落とすには?服とか部屋とかに匂いがついたら?

カメムシの匂いっていやですよね。いやっていうか、はっきり言って臭い。だけならまだしも、一度手とかに付くと、洗ってもとれないんですよねえ。カメムシの匂いを落とすにはどうすればいいんでしょうか。服とか部屋とかに付くと、参りますからねえ。

スポンサードリンク

カメムシの匂いを落とすには?

カメムシ、なんかゴキブリとおなじぐらい嫌がられているけど、なんたってあの匂いですからね。

カメムシの撃退法というか捕獲法については、別記事にしてあるので、そっちを読んでみてくださいね。

で、問題はカメムシのあの匂い。あれはねえ。普通にニオイを発生されるだけでも大変だけど、運悪く捕獲するときに手に付いたりするとねえ。

石鹸で洗っても取れないんですよね。それもあって、ゴキブリと並んでの嫌がられている虫って言う訳です。

とか言ってる場合じゃなくて、一度手についたらどうしようもないのかってことですよね。それで、あちこち森田検索しているってことでしょう。

が、あるんです。手立ては。っていうのは、まあ簡単に言ってみれば、カメムシの匂い、なんか液体が出てきてそれが手に付くって言う訳ですが、油に弱いんです。

正確には油に弱いというよりも、親油性っていうんですけど、そう、水とは相反するからいくら石鹸で洗っても取れません。

が、油には「親」という字があるように、親しいというか仲間。ですから、油だと溶けてしまって一緒に流れて行くって言う訳です。

知らべてみると、カメムシの匂いにはナンチャラカンチャラっていう成分があって、それは親油性だからとか書いてあるけど、別に生物の試験を受ける訳じゃないですからね。

ナンチャラカンチャラは置いておいて、油には弱いっていうのだけ覚えておきましょう。ってことは、まず油で手を洗うっていうか、溶かすって言うのが先。

この油、何でもいいけど手軽に家庭にあるというと、食用油ですよね。いわゆるサラダ油っていうやつ。ベニ花でもゴマ油でも、エクストラバージンオイルでも何でもO.K.

まずは、その食用油を手にとって、カメムシの汁がついたところを丹念に揉むように洗ってください。

っていっても、単に手がベタベタになるだけだけど。そしたら、続いて普通に石鹸で洗います。が、その前に軽くお湯で油を落としてください。

もちろん、水でもいいけど、油はやっぱりお湯の方が落ちやすいですよね。それである程度は油が落ちるから、それから石鹸で普通に手を洗ってください。

そうすると、あら不思議、あのカメムシの匂いがないじゃないですか。ってことになります。ぜひ一度お試しください。

カメムシの匂いが服についたら?

ということで、これでメデタシ、メデタシ、バッチリ・チリバツ共和国ってことですが、もう一つ問題っていうか、よくあるのが服にカメムシの匂いが付いたとき。

なんか服にカメムシが留って、捕獲しようとしたらあの臭いにおいを発したってことも結構あります。

そうすると、服にカメムシの匂いが付くんですよね。で、これがまた問題で上に書いたように、普通に洗濯機で洗っても、なんかカメムシの臭いがとれないんです。

なんたってカメムシの匂いは親油性ですからね。普通の洗濯洗剤だとダメ。ってことで、もう着れないとか、クリーニングに出すかとか大騒ぎ。

なんですが、これも上と同じで油で落とすっていう手があります。洗濯機に入れる前に30分ぐらい食用油を服のカメムシの汁が付いた辺りに付けておきます。

その後、普通に洗濯機に入れると、これまた油がカメムシの匂いというか汁を溶かしてくれるから、バッチリ・チリバツ共和国って言う訳ですな。

が、アウターとかで、白いものだと油を付けるとしみになりそうで心配ですよね。っていうか、現にシミになったりしますからね。

そういう場合は、柑橘系の中性洗剤に付けるという手もあります。これは、カメムシ駆除業者も使っている手法。

まあ、柑橘系の中性洗剤っていうのが、あんまりないから、そこで食用油の方が手っ取り早いんですが、カメムシ警報が出るような地域だと、柑橘系の中性洗剤は1本用意しておいてもいいんじゃないでしょうか。

あとは、上と一緒。柑橘系の中性洗剤をぬるま湯に入れて、半日ぐらい付けておいてください。その後は、普通に洗濯機に入れて大丈夫。

これでバッチリ・チリバツ共和国って言う訳です。ちょっと時間はかかりますが、シミが心配な場合はこの方がいいでしょうね。

スポンサードリンク

カメムシの匂いが部屋についたら?

あと、部屋の中にカメムシの匂いが付いたというか、残っている場合はどうするかっていうのもありますよね。

部屋の中だと流石に食用油をまき散らすわけにはいかないので、柑橘系の中性洗剤でその部分を水拭きするっていうことなります。

が、上に書いたように油ほど即効性はないので、何度か繰り返さないと取れないこともあります。それもあって、カメムシの捕獲には細心の注意が必要なんですけど。

で、だいたいこの辺りでカメムシを捕獲して、その時にあの匂い攻撃遭ったっていう場合は場所が特定できるけど、なんか部屋全体が臭いってこともありますよね。

その場合は、場所が特定できないから柑橘系の消臭スプレーとかを撒くしかない手立てはありません。

これまた即効性はないから、1週間から10日はかかることを覚えておいてください。その辺、カメムシの臭いの威力は強力なんですよね。
エコベール 食器用洗剤レモン 500ml【お試し1本】食器用洗剤 (ecover/台所用洗剤/中性洗剤/植物由来/エコ/肌にやさしい/敏感肌/レモン/柑橘系/赤ちゃん/ママ/環境に優しい/ベビー/キッズ/キッチングッズ/男性/女性/新生活)

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

カメムシ、子供の頃は庭に良く居て、あの臭いにおいが発生していましたが、一人暮らしをするようになってからは、部屋の中に入ってくることはほとんどありません。

まあ、入ってきたら以前書いたようなやり方で捕獲していますけど。それもあって、そんなにカメムシの匂いで苦労したことはないけど、やっぱり一度ついたら取るのが大変ですよね。

そういう意味では、虫も近寄らないシケたオッサンってことなんでしょうか。世の中厳しいですな。では、良いカメムシを。

関連記事
カメムシ退治はペットボトルが有効?

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,