アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

健康と医学

梅雨時の体調不良の原因と対策は?漢方とか予防法とか

2018/04/22

梅雨になると体調不良って言う人は多いけど、こればっかりはねえ。体質ですからっていうか、ある意味原因があるから、対策もできるんですけどね。意外と漢方が効くとか、予防法とかも知りたいし。

スポンサードリンク

梅雨時の体調不良の原因は?

梅雨時の体調不良って言ってもねえ。これが人それぞれ。一番多いのは、やっぱり頭痛かな。あと、めまいとかもありますよね。

もちろん、やる気がしないとか、って、私は梅雨と言わずいつもだけど、いわゆるだるいっていうやつ。

この辺だと、まあいろんなことが言われていますが、結構みなさん経験されていると思います。

が、中にはモノが食べられないっていうか、胃痛とか、下痢による腸の不良とか、胃腸系、消化器系に症状が出る人もいるみたい。

もちろん、一概には云えませんが、ほとんどは気圧の影響。私なんかもなんたって、身体表現性自律神経失調障害ですからね。

この辺の症状はバッチリでます。そう、自律神経の影響が原因っていう人が多いですね。

これは生れつきの人居れば、私の様に中年になってからとか、年齢に関係なくストレスとかの外部要因とか、いろいろと原因はあります。

が、結局それで自律神経の調節というか、副交感神経と交感神経の切り替わり等が上手くいかずに、さまざま症状が出るという訳。

私の様に、身体表現性っていうのは、そういう自律神経の障害が体に出ていろんな症状を表現していますよってこと。

単にヨタ話とか滑るギャグを書きまくるというような、表現とは違うみたいです。医師に聞いたら、「それは自律神経とは関係ありません」って言われてしまいましたから。

ということで、梅雨時、はたまた季節の変わり目はどうしても、この自律神経の調整が上手くいかないってことで、苦労される方が多いみたいですが、少しでも症状を和らげたいものです。

その辺は、新聞やテレビでもよく特集されているけど、22世紀の現代でも、自律神経の調節を上手くするっていうのは、まだまだすんなりはいかないみたい。

私が処方されている薬も、結局は対処療法で胃腸薬とか頭痛薬とかですからね。薬でどうこうっていうのは、まだ先の話かな。

って言われてもねえ、なんとかしてほしいですよね。この頭痛とか、だるさとか。その辺。

これはもう、規則正しい生活をするしかありません。そんなことは分かっているけど、特に首都圏にいると、朝も早い電車でぎゅうぎゅう詰め。

帰りも遅くなるし、何をするにも人が多いし、仕事をすればストレスも貯まるしって、そりゃー、自律神経もおかしくなりますよね。

ですから、まずは出来るだけ早寝早起き。これは仕事とか通勤の問題で、ある程度制限があると思いますが、それでも無駄に夜更かししないようにしましょう。

あとは、ゆっくりお風呂に浸かる。これもゆっくりって言う訳にはいかないかもしれませんが、とにかくシャワーで済ませないで、湯船につかる。

これは夏バテ対策にもなりますから、出来る限り実践してみてください。この二つで結構変わってきます。

あとは、簡単な体操。ストレッチでもいいけど、ラジオ体操ぐらいやれると、意外と夜もぐっすり眠れるから、一度試してみてください。

最初はもちろん第一までで充分。ラジオ体操って、第二までしっかりやると、結構な運動量ですからね。無理をせずに、続けることを心がけてみてください。

梅雨時の体調不良は漢方が?

ということですが、日本人はすぐに即効性のあるものを期待するんですよね。それで、薬というかサプリとかそういうのに走りがち。

確かにそれで効果があればいいけど、サプリもいいけど漢方もこの時期効きます。といっても、漢方は漢方医に診てもらって処方してもらわないといけませんけどね。

ただ、22世紀の現代は漢方っていっても、昔ながらの煎じ薬じゃなくて、製剤漢方だと、多くの医師が処方しています。

総合医療のようなところとか、生活習慣病改善のための医院とかだと、結構漢方を専門とする医師も多いので、近くにそういう病院があれば一度行ってみてください。

それでカクカクシカジカって話すと、じゃあこれを飲んでみますかってことで、処方してくれます。

私も東京にいる時は、激務だったこともあり、梅雨時はぐったり。それで製剤漢方を処方してもらっていました。

そうすると、頭痛やめまいが取れるんですよね。まあ、こればっかりは薬との相性があるから、みなさんに効くとはいいませんけど。

ただ、漢方って結構じっくりゆっくりってことなので、梅雨時に頭痛がするからってことで飲んでも効くのに、1~2週間かかると思っておいてください。

できれば、梅雨前から服用できるように手筈を整えるのが理想ですけどね。

スポンサードリンク

梅雨時の体調不良の予防は?

そんな梅雨時の体調不良、できれば回避したいですよね。回避というか予防というか、症状を出したくない。

ホントにひどい頭痛やめまいなら、一度専門医に診てもらった方がいいですけど、いわゆるよくあるだるさとか、たまの頭痛でも今は総合的に身体を見るクリニックもあるので、行ってみるのがいいでしょう。

まあ、生活習慣病対策とかやっているセンターとかだとバッチリですが。って言う私も40歳を過ぎてから、どうも身体の不調が続くので、そういうところを受診。

それで、生活習慣から見直しってことなりました。1週間の食べたものを全部書いて提出したり、もちろん血液検査もしますし。

それで、基本的な生活習慣の見直しと、軽い運動とか、必要があれば提携のサプリ等の紹介とか、結構至れり尽くせりです。

結局自律神経の乱れを直すっていうのは、特効薬がないから、ストレスを減らしていくのと、ストレス耐性のある身体にしていくということみたい。

もちろん、移住したら一発で治りましたけどね。って、皆さん全員が移住はできないから、今の環境で、少しずつ直していきましょう。
自律神経にやさしい音楽 メンタル・フィジック・シリーズ [ (ヒーリング) ]

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

昔から梅雨時の体調不良ってあったけど、やっぱり現代はストレス社会だからじゃないでしょうか。移住したら治ったっていうのも、そう思うし。

携帯電話にスマホで、24時間どこに居ても追いかけられる毎日だとねえ。そりゃー、神経も休む暇がないから、自律神経もおかしくなりますよね。

田舎暮らしが100%いいとは言いませんが、首都圏の生活はそろそろ見直す時期にきているのかもしれません。

あっ、でも、移住してもダジャレと滑るギャグは治らないから、こればっかりは漢方でもどうしようもないんですよね。では、お大事に。

関連記事
梅雨時のだるさの改善は?

スポンサードリンク

-健康と医学
-,