西新井大師の厄除けの料金によってご利益は違うの?お札はどうする?

西新井大師の厄除けの料金によってご利益は違うの?お札はどうする?

西新井大師、関東三大厄除け大師として、多くの人が厄除けに行きますよね。って、私も行きましたけど。そこで気になるのが、厄除けの料金。料金によってご利益も違うんですかねえ。でも、そんなにお金がないし。って言っても大きなお札をもらえると、なんかご利益ありそうだし。

スポンサードリンク

西新井大師の厄除けの料金は?

厄除けって、人生でそんなにするもんじゃないから、どうしようって思いますよね。まあ、私の様に厄除け依存症になると、毎年やっていますけどね。

で、西新井大師にやってきました。今年は厄年だから厄除けしないとってことで、「厄除け受付」っていう大きな看板が出ているから、そこに行きます。

「厄除けしたいんですけど」っていうと、「こちらにご記入ください」っていう申込書があって、住所氏名生年月日年齢と祈願の内容欄に丸をします。

この時注意するのが、年齢。厄除けの時は数え年でやります。ですから、誕生日が来てない人だと満年齢プラス1歳。

その辺は、今年の厄年昭和〇○年生まれって大きく書いてあるし、西新井大師は受付の人がしっかりしているから、生年月日をきちんと書いておくと、年齢を間違っていても修正してくれます。

祈願内容は、当然「厄除け」に丸を付けます。もちろん、その他に商売繁盛とか学情成就とか、家内安全とかあるから、他の年に祈願するときは、そっちになりますが。

で、問題は金額。厄払いの料金って下は5000円から上は5万円まであります。ですから、みなさんどうしようかと思ってしまうんですよね。

通常はだいたい5千円の人がほとんどです。中には1万円とか言う人もいるけど。その上は2万円、3万円、5万円となっています。

何が違うかっていうと、お札の大きさ。5千円のものだと、35.5センチ、1万円だと44センチって言う風に大きくなります。5万円だと54.5センチかな。

やっぱり大きい方がご利益ありそうだし、でもそんなお金ないし。ってことで、窓口の人に「大きい方がご利益があるんですかねえ」って聞くと、「お心で結構です」って言われます。

この「お心で」とかそういうのが一番こまりますよね。もちろん、たくさん出したいけどそんなお金ないし。ってことで、みなさん困るみたい。

私は質より量で勝負ってことで、毎回5千円。でも、お正月と誕生月が6月だったから、6月にもう一回、年に2回やっていました。

西新井大師は、御護摩祈願が終わった後も、お正月とかの大混雑でないときは、僧侶による講和があるんです。っていっても3~5分の短いものですが。

そこでもやはり「お札の大きさによってご利益は変わりません」っていうですよね。じゃあ、ホントに5千でいいじゃんって思っていたんですけどね。

が、ある年、6月の時は人も少なかったので、講和が終わってお札も配り終えたときに、僧侶を捕まえて、「本当にお札の大きさによってご利益は違うんですか」って聞いたんですよね。そしたら、とっても分かりやすいお話をしてくれました。

西新井大師の厄除けのご利益は?

というのも、仏様っていうか、西新井大師の御本尊は空海ことお大師様。身分や財産によって差別もしないし、もちろん誰にでも幸せをっていう考え。

これが根底にあるんですよね。っていうのは、お札というか厄除けの料金ですが、5千円から5万円まであります。

が、その厄除けをする人によって経済状態って違いますよね。例えば明日のご飯もどうしようか、子供たちも5人もいて、給食費も払えないって言う人だと、5千円でも出すのが大変だと思います。

が、若くしてナンチャラ産業で成功して、ベンツでも乗り回して連日おネエちゃんのいるお店に行くような輩だと5万円でも安い。

ってことで、その人の懐具合というか経済状態によって払える金額でいいということで「お心で」っていうそうです。

で、一つの考え方としては、ポンと払える金額よりもちょっときついかな、でもなんとか切り詰めたらこれぐらい払えるっていうのが適性って言うのもヘンですが、一番その人にあった金額とのこと。

ですから、上に書いた明日のご飯もどうしようって言う人だと、本当は5千円でも大変だと思いますが、正社員で長く働いている人なら、5千円ぐらいなら1回の飲み会分ですよね。

そうすると1万円とすると、ちょっときついけどなんとか払えないことはないってカンジ。もちろん、ベンツを乗り回している様な輩だと、本当は50万円でもいいんでしょうけどね。

ってことで、そういうのを基準に考えると、自分の経済状態を考えて、なんとか払えない金額ではないという料金で厄払いするのが、効果というかご利益があるとのことでした。

ってことで、料金よりも、日々一生懸命生きていくという姿勢が大切ということで、厄除けしたからそれでおしまいだと、5万円でも効果はないみたいですよ。

スポンサードリンク

西新井大師の厄除けのお札は?

そんな訳で、厄年だから厄除けしました。おしまい。って言う人は厄除けしてもその帰りに交通事故に遭ったり、なんか大病をしたりということになります。

じゃあどうするかってことですが、厄除けしたらその金額によってお札をもらいますよね。これも西新井大師というか、お寺の場合はどこでもそうですが、どこに置くかはあまり気にすることはないと言われます。

神棚に祀るっていうのは、一応お寺のものだから、避けた方がいいけど、あとは箪笥の上でも机の上でも、玄関の下駄箱の上でもO.K.

ただし、清潔なところにしてください。で、一番の要点は、毎日そのお札に向かって「今日も一日お願いします」って手を合わせること。

それだけで厄が飛んで行くんです。できれば、朝家を出る時に「今日も1日よろしくお願いします」と手を合わせ、寝る前に「今日も1日ありがとうございました」って手を合わせるとバッチリです。

それによって、お大師様も見守ってくれるし、自分自身も厄を寄せ付けないようになるんですよね。朝晩手を合わせるだけ、極めて簡単だから、ぜひ実践してみてください。
「神社仏閣」で開運する方法 お金が舞い込む!願いが叶う! [ すごい!神様研究会 ]

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

私の場合は厄年の時期は、ホントにいろいろあったから、朝晩「今日も〇〇がありませんように。△△が問題を起こさないように。□□が上手くいきますように」って、5分ぐらい手を合わせていました。

そのせいか、人生半世紀になってもなんとか無事にやっています。信じる者は救われるってことで、とりあえず手を合わせてみるのもいいんじゃないでしょうか。では、良い厄除けを。

関連記事
西新井大師のアクセスは?

スポンサードリンク