身体のねじれは人生のねじれ?ねじれの原因とか治すには?

身体のねじれは人生のねじれ?ねじれの原因とか治すには?

身体がねじれている人って多いですよね。っていうか、ねじれてない方が少ないか。身体のねじれは人生のねじれっていうのは私だけですが、ねじれの原因を知って、治したいですよね。

スポンサードリンク

身体のねじれは人生のねじれ?

身体のねじれとかゆがみって、年齢とともにどうしても出てきますよね。一部では、「身体のねじれは人生のねじれ」とかいわれているし。

ってことで、それが原因で身体の不調っていうのも起きてくると言われていますよね。それで、ねじれやゆがみの矯正っていうのが人気。

特にスノーボードとかやっているとねえ。スノボじゃなくてもいいけど、左右非対称のスポーツをやっていると、どうしても身体がねじれてきます。

まっ、スノボオタクになると、本当に人生までねじれていて、世間からは冷たい目で見られていますが。

テニスをする人は効き腕だけ長くなるとかもいわれているし、何事も使い過ぎはよくないですよね。

ちなみに、私も真面目にスノボやっていたときは、腕や腿の太さも左右で数センチ違っていて、それが元で人生もねじれたのかも。

ただ、整体の先生とかに言わせると、完全に左右対称って言う人は、これまたいない訳で、ある程度の左右差というか、ゆがみとかねじれは問題ないとのこと。

とはいっても、明らかにどちらかの方が下がっていたり、首が傾いていたりすると、矯正した方がいいですよね。

特に骨盤はよく言われているように、ゆがんだりねじれたりすると、内臓にも影響がでて、それで体調不良になるみたい。

ってことで、最近はセリフチェックとかもあるから、気になる人はやってみてもいいんじゃないでしょうか。

簡単なものをいくつか挙げてみますね。一番有名なのっていうか、簡単にできるのは指合わせって言う奴ですよね。

両足を肩幅に広げて立ちます。で、両手を広げて目を閉じ、人差し指を立てっていうか、手でピストルの形みたいな風に親指と人差し指だけを立てて、後は握ります。

それを両側から正面へ向けて合わせていくと、ピッタリ合えばいいけど、だいたいはどちらかの手が上になるんですよね。

右手が上になる場合は、右肩、右骨盤が上がってるゆがみとなります。左手が上になる場合は、左肩、左骨盤が上がっているゆがみってカンジ。
 
上下じゃなくて、前後っていうか手前と奥にズレるっていうのも結構ありますよね。私なんかもそう。

左手が奥になる場合は、左肩、左骨盤が前にねじれていて、右手が奥になる場合は、右肩、右骨盤が前にねじれていると言われています。

手軽にできるので、ちょっとやってみてはいかがでしょうか。あっ、もちろん、これだと人生のねじれはチェックできないので悪しからず。

身体のねじれの原因は?

ところで、この身体のねじれってなんでそうなるの?っていうのは気になりますよね。だからー、人生のねじれだってば、って、それは私だけか。

一番は、日常生活での習慣ですよね。良く言われているように、足を組むのは止めましょうって整体院にはポスターが貼ってあるけど、足を組むのを続けると、骨盤がねじれますよね。

それから、鞄とかバッグを持つ手というか肩に掛けるというか、それも左右どちからばかりだと、当然ねじれてというか、ゆがんできます。

あとは、スノボじゃないけど、身体の片側だけを良く使うという状態。これはスポーツでもそうですが、お仕事で作業がどうしても左だけとか右だけって言う人にも多いですよね。

ですから、その辺を意識するだけでもねじれやゆがみは軽減すると言われています。まあ、お仕事とかだと仕方ないから、それを矯正する体操とかをやるしかないですけどね。

スノボオタクなんかも、オフシーズンになったら、身体のねじれとかゆがみを戻す運動というか、トレーニングをしていますからね。

あっ、もちろん、これまたいくらトレーニングをしても、人生のねじれは矯正できないので、諦めめましょう。

スポンサードリンク

身体のねじれを治すには?

じゃあ、その身体のねじれとかゆがみを戻すのはどうすればいいの?ってことで、一番は信頼できる整体院、スポーツトレーナーに診てもらうこと。

実際ねじれているのが、骨盤なのか背骨なのか、その他なのかを把握するのが一番目にすることですからね。

が、日常生活で簡単にできることもあります。いわゆる骨盤回し運動って言う奴。これだと、朝とか寝る前にちょっとできますからね。

脚を肩幅に広げて、腰を左右にぐるぐる10回ずつ廻します。意外とこれで左右どちかにひっかかりがあったりしますので、そこで骨盤のズレとか歪みも修正されますからね。

その他、お尻歩きなんかも最近は手軽っていうことで人気。脚を伸ばして座って、お尻を片方ずつ前に出す要領で、前にすすみます。

同じようにお尻を片方ずつ後ろに出すとバックです。10歩ずつ前後にするのを1セットとして、1日2~3セットが目安。

スノボのオフトレキャンプとかいくと、このお尻歩きで競争とかして、傍から見ると変な宗教みたいですけどね。ご注意ください。
【GW超限定クーポン】ヨガポール ストレッチ用ポール リセット用ポール 体幹 ストレッチ ポールダイエット ダイエット 器具 ダイエット器具 お腹周り 座る エクササイズストレッチ ポール 肩 筋膜リリース フォームローラー ローラー 送料無料

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

プロスノーボーダーなんかは、オフシーズンになると、まずはダラダラ歩くっていう人もいます。それで身体のねじれを取るというよりも、身体をニュートラルにするみたい。

たしかに、ちょっとしたハイキングコースなんかも1時間ぐらいかけてダラダラ歩くとリフレッシュにもなって気持ちいいですけどね。

ってことで、身体のねじれは取れても人生のねじれはねえ。どうやって取るかを知りたいものです。では、よいねじれを。

関連記事
足指のねじれは万病のもと?

スポンサードリンク