人生のやり直しができる年齢ってアラフォーだとお金に苦労する?

人生のやり直しができる年齢ってアラフォーだとお金に苦労する?

人生ってやり直したいって思っている人は多いですよね。でも、やっぱり年齢がいくとねえ。やり直しが出来る年齢ってあるんですかね。特にアラフォーだと考えてしまうし。結局はお金がねえ。

スポンサードリンク

人生のやり直しができる年齢って?

先日エレベーターに乗っていたら、20代と思われる若者二人組が乗ってきて、「いやー、高校生からやり直したねえ」って片方が云うと、もう一人が「俺は中学校からだ」とか言ってました。

人生何歳になっても、やり直したいって思う人がほとんどですよね。でも、そのやり直したいっていう思いというか、深刻度によりますよね。

その若者みたいに、なんとなくやり直したいっていう人は多くても、私の様に今までの人生を捨ててやり直そうと思う人はそうでもないですよね。

っていうのは、その若者、多分20代。20代ぐらいだったら、そんなに築き上げてきたものって少ないですよね。

ですから、仕事を辞めてもいいし、外国に行くのもいいし、移住するのもいいしってことで、人生のやり直し、どうぞどうぞってカンジ。

なんですが、これが30代を過ぎるとねえ。一つは結婚している人も増えます。すると、人生のやり直しっていうと、結婚も解消っていうことにもなります。

お子さんなんかいたら、そりゃー単にお父さんの我がままでのやり直しは考えてしまいますよね。

40代、50代と年齢があがると、次第にそういう気力もなくなりし、なんとかしたいと思っても体力も落ちるから、まず行動ってことができなくなるし。

ってことで、これはもうNo Gingerってことで、淡々と生きていくしかありません。

というのは、なんとなく人生をやり直したい、今の人生は思い描いていたのとは違うって言う人達。

ですが、以前書いたように、とにかく毎日が地獄みたいなもの。この状態から解放されるのなら、何でもするって言う状態だと、年齢なんか関係ありません。

もちろん、年齢が上がるにつれて、いろいろと大変にはなりますが、それでも、今よりもかはマシになるってことなら、その辺はすぐに行動を取ると思います。

私も後先考えずにそういうことをして、その時は「あー、失敗した、あのままガマンしていれば良かったかな」とも思ったことがありました。

が、それは一瞬でその後には地獄の様な日々がウソだったように天国というか、平穏な毎日なりましたから。

誰かの言葉に「苦しいことが起きない限り、その状態を替えようとしたいから、本当の幸せは苦しい事の後に来る」というようなことを言った人がいました。

まあ、ピンチの後にチャンスありみたいなものですけど。本気で、今の状態を変えようと思えない時は、まだまだ今の状態に幸せがあるともいえるんじゃないでしょうか。

人生のやり直しはアラフォーだと?

というような一般論は、百も承知ってことでしょうけど、やっぱりねえアラフォーになるといろいろと考えますよね。

私も最初の転機はアラフォーでしたが、私の場合は独居中年でしたからね。そういう意味では、しがらみは少なかったです。

それでも、退職と一緒に移住もしたのは、今となっては冒険というかある意味ギャンブルでしたかね。後先考えずに東京を飛び出した訳だし。

で、アラフォーになると困るのが就職。これは普通に考えると転職先なり、収入を得る道を確保してから退職しますよね。

が、とにかく何が何でも今の状況から抜け出したいって言う状態になると、後先考えずに退職することもあるんですよね。って、私の事ですけど。

そうなると、アラフォー以上になると、仕事が見つからない。何でもやりますって言っても、雇う方がマネージャーの年齢が30代とか、下手すると20代だから、40過ぎのオッサンはねえってなるんですよね。

ですから、本当に清掃員とか、アルバイト的なものしかありません。それでもいいっていうか、それでなんとかやっていけるようなシュミレーションをしておく必要はあります。

というのも、そんなのは普通に考えればそうなんですけど、極限状態になると、それどころではなくなります。

ですから、なんとなく今の生活を替えたいとか、今の仕事を辞めたいって思ったときに、しっかりシュミレーションしておきましょう。

ノートにでも書いておくと、極限状態になった時でもそれを見返して、まだまだここが出来てないから、あと3ヶ月、あと半年ガマンしようってことになりますからね。

スポンサードリンク

人生のやり直しはお金が?

というのは、結局お金ですよね。明日のご飯がちゃんと食べられる、住むところがあるってことなら、アルバイトでも何でも大丈夫。

有名な大原篇理さんなんか、年収90万円でハッピーライフですからね。彼の本を読めば分かるけど、大原篇理さんもすごいストレス体質。

だから、できるだけ働かないで済むようにしています。と言っても、仙人じゃないから、やっぱりお金はいる。ってことで、最低限の収入が年間90万円ってことみたいです。

文筆業その他でちょこちょことしたお金は入ってくるけど、それだけではってことで、週に2~3日働きに出ています。だから、職場でのストレスもゼロに等しい。

ってことで、じぇんぶ自営なり独立なりで稼ごうとすると厳しいけど、ネットビジネスでもなんでもいいから、月に5~6万は収入が得られれば、あとはアルバイトで月に5~6万っていうのは、アラフォーでもアラフィフでもなんとかなります。

すると、月に10万、年収120万円だから、大原原理さん的な生活だと、ストレスもゼロ、楽しい毎日が待っているという訳です。

月に4~5万のネットビジネス、なんかありますかねえ。もちろんせんべい屋でも饅頭やでもいいけど。その辺を追求したいと思います。
年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

アフィリエイトやせどりなんかも、成功している人は1割って言われていて、月に4~5万って言っても、意外とハードルが高いんですよね。

その辺り、何か自営的なものが成功すればねえ。あとは、週に2日ぐらい喫茶店とかで、バイトっていうのも楽しいそうですよね。占い師とかもどうなんだろうか?

はいはい、与太話ばかりしていたら、マスターに叱られて、またまたストレスになりそうですけどね。では、良い人生を。

関連記事
人生に疲れたのは人間関係が一番の理由?

スポンサードリンク