アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

観光&イベント・スポット

夏休みの避暑地というと国内だとどこがいいの?子供がいるとねえ

夏休みの計画、そろそろっていうか、ゴールデンウィークが終わったら夏休みの事を考えるのが正しいサラリーマンの姿。やっぱり暑いとねえ。避暑地に行きたいですよね。国内だとどこがいいんでしょうか。子供がいるとねえ。いろいろありますよね。

スポンサードリンク

夏休みの避暑地というと?

5時から男とか、サラリーマンは気楽な商売だとか、昭和の時代はいろいろと言われてきたけど、22世紀の現代は、サラリーマンもストレスの塊ですよね。

その分、夏休みとかはしっかりとろうっていうのが、ここ最近の若い人の方向性。ミドルエイジ以上も、見習ってほしいですよね。

となると、ゴールデンウィークが終わると、すぐに夏休みの計画を立てないとね。特に早割特割はねえ。正規料金と倍ぐらい値段が違いますしね。

なんですが、やっぱり夏休みっていうと、暑いから涼しいところ、避暑地に行きたいですよね。避暑地に秘書と行くスケベ社長とかね。って、いつものお約束。

避暑地というと高原とかそういうところが基本ですが、意外と海に行きたいって言う人もいるみたい。まあ、これは海派か山派かの違いですが。

海だと暑いけど、結構都会の暑さとは違うし、沖縄なんかも実は真夏は東京よりも気温が低かったりしますからね。そこはお好きなように。

これまたよく言われているのが、山はリフレッシュ、海はリラックス効果があるっていわれていますよね。

山ってやっぱりある程度自分の足で登っていかないといけないから、頂上に登った時の達成感とか、シャキーンってカンジ。

それに比べて海の場合は、泳がなくてもビーチでこんがり娘っていうのだと、なんかダラダラってことで、これまた日々緊張の連続の人には、心の洗濯になりますからね。

そんな夏休み、避暑地っていうとどこがいいですかね。首都圏からだとすぐに軽井沢って言うのが出てきます。

車でも混んでなければ2時間程度、新幹線だと1時間ですからね。が、行ってみると分かりますが、夏休みの軽井沢はリラックスとかリフレッシュどこではありません。

原宿かって言うぐらいの人。ですから、何で休暇の時まで混雑したところに行かないといけないの?ってなります。

もちろん、既に別荘とか持っている人なら、お好きにどうぞってことですが、そうじゃないのなら、軽井沢止めましょう。

同じように中央道沿いもねえ。これまた山があっても山梨県とか、登山王国の長野県だから、避暑にはもってこい。

なんですが、その分夏の中央道は回避せよっていわれているぐらいの渋滞。ペンションもどこも予約で満員ってことで、それなら松本より先を選ばないと、なんだかなあってことになります。

ってことで、高速道路と鉄道の発達で、どこへでも短時間で行けるようになりましたが、その分、人の考えることは皆一緒。その辺を考慮して、楽しい夏休みにしたいものです。

夏休みの避暑地は国内だと?

ということで、特に首都圏からだと、夏は中央道沿い、及び軽井沢っていうのは回避した方がいいですね。

新幹線とかで長野より先に行くのなら、結構おすすめですけど。最近流行りのパワースポットでもある戸隠とかね。

戸隠って以前は戸隠村っていわれていて、結構行くのが大変ですが、実は長野駅から路線バスでも60分。長野までは東京から新幹線で1時間半。

ってことで、軽井沢に行くのなら戸隠の方がおすすめですね。戸隠は長野市よりも最高気温が2~3度低いから、真夏でも30度行くかどうか。

そして、空気が乾燥しているっていうか、湿度が低いから、30度って言ってもじぇんじぇん暑くないんです。ですから、もちろん、夜はエアコンが要りません。

戸隠神社巡りとかで、運気も挙げてウッシッシになるっていうのもいいんじゃないでしょうか。戸隠そばも絶品ですからね。

あとは、群馬県の丸沼とか水上とか関越道方面。関越方面って、中央道とか逆に冬に行くのは大渋滞の元っていわていますが、その分夏は空いています。

それに、群馬県も山が多いところですよね。丸沼って栃木県との県境で、冬はスゴイ積雪なんですが、その分夏は山に登らなくても、これまた最高気温が28度とか。

なんたって国道120号線のところで標高1500メートルですからね。涼しいはずです。その分、特に観光っていうわけじゃないから、ホントに避暑に行くカンジ。

もちろん、エアコンは必要ないから、朝までぐっすりねることができます。温泉に入って、山の幸をしっかりいただいてください。

水上になると、ちょっと温泉街だから風景が違うけど、昭和の時代の団体旅行から個人向けに宿も改装しているところが多いから、温泉入ってゆったりって言う場合は水上の方がいいかもしれませんね。

明治大正の小説でも、やたら「水上に行ってくる」みたいな下りがあるから、そのころから首都圏からだとちょいと温泉に雲隠れって言うと水上なんでしょうね。

スポンサードリンク

夏休みの避暑地は子供は?

そんな夏休み、実は主役は子供ですよね。ですから、どこもかしこも子供が喜ぶようなものを満載しているし、雑誌やネットでもそういうところの特集がほとんど。

なんですが、独居中年とか独居じゃなくてもミドルエイジ以上になると、子供たちの騒がしいのは勘弁してほしいってカンジですよね。

出張で新幹線に乗っても、子供たちが社内で鬼ごっことかしていて、親の顔がみてみたいっていうことも散々あるし。

そういう意味では、上に書いた戸隠とか丸沼って子供が喜ぶようなものはないんです。ですから、ファミリーには不向き。

ということは、逆にのんびりゆったりしたい人にはもってこいってことで、今年の夏は戸隠とか丸沼とかでの避暑を考えてみてもいいんじゃないでしょうか。

信州戸隠高原 越志旅館

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

東京の35度って死んじゃおロースですが、長野だと、昼間は35度でも、夜は23度とかになるんです。それに戸隠だと昼間も28度だし。

ってことで、やっぱりエアコンなしで寝ると、朝起きたときに身体のカンジがじぇんじぇん違いますよね。ホントに熟睡できるし、その分元気はつらつってカンジ。

長野県人が長生きっていうのも納得できます。あっ、戸隠っていうと、宿坊にも泊まれるから、人生をやり直したい人はどうぞ。では、良い避暑地を。

関連記事
夏休みを一人で過ごすのは?

スポンサードリンク

-観光&イベント・スポット
-,