神様への願いは叶わないっていうけど叶う願いの書き方ってあるの?

神様にお願いしても、じぇんじぇん叶わないっていう人がいますよね。っていうか、そっちの方が多いか。でも、それってちゃんと理由があるんですよね。神様への願いが叶うお願いの仕方とか、書き方とかを知れば、ウッシッシの世界が待っているかも。

スポンサードリンク

神様への願いは叶わない?

神様とか神社とかで願いを叶えてもらいたいってことで、祈願する人も多いですよね。私もいつもしています。

が、多くの人は中々願いが叶わないってことで、やっぱり神様なんかいないんじゃないか。お願いするだけ無駄って言う人もいます。

確かに神様って、目に見えないし、宝くじと一緒で、実際に神様に願いを叶えてもらったって言う人は見たことないですよね。

って、私は3度も叶えてもらいましたけど。まあ、その辺は別の記事にしたから、興味のある人は読んでもらっていいけど、こればっかりはねえ。

もちろん、願いの内容とかにもよるけど、基本的に自分の為だけの願いっていうのは叶えてもらえませんね。

お金持ちになりたいとか、有名になりとか。それでもいいけど、その結果、仕事のない人のための会社を作って、仕事に就けるようにしたいとか。

有名になって、生きる気力のない人に希望を与えたいとかじゃないと、単にお金持ちになってカウンタックに乗りたいとかいうのは、ご勝手にって言われてしまいます。

それから、どちらかというと絶体絶命のときとかですよね。このままだと破産するとか、仕事もなくて明日のご飯も食べられないとか。

そう言うときに、自分でできることをじぇんぶやってみたけど、どうにもこうにもならないからってときに、助けてくれることがあります。

といっても、これまた必ずってこともないし、ひどい目に遭うこともあるけど、それも一つは試練を与えるってことですからね。

それから、何か困ったときだけ、お正月だけとかお参りしても、それはちょっと虫が良すぎるってことで、中々願いはかないません。

お百度とは言わないけど、せめて月に1回はお参りして、新年というか、正確には年の暮れですが、そこで新しいお札をいただいて、神棚に祀って朝と晩は手を合わせる。

それぐらいはやっておかないとね。苦しい時の神頼みだと、御宅、どちらさまでしたかね。ってなりますからね。

神様への願いが叶うのは?

ってことで、神様を信ずるも信じないも自由ですが、願いを叶えてもらいたいって言う場合は、信じるしかないですよね。

で、上に書いたように、まずは月に一度はお参り。初めのときは、祈願してもらった方がいいですね。

その時お札をもらえるから、それを神棚に祀って、朝と晩は手を合わせる。神棚も最近はマンションとか賃貸住宅でも置けるものが増えていますからね。

とにかく毎日、「今日もなんとかやっています。よろしくお願いします」ってことで、手を合わせる。

そのときに、ちょっとだけ「〇〇について□□になりますように」ってお願いしてみてください。

そこは出来るだけ詳しく具体的にです。岡田奈々風のおネエさんと、知り合って、1日50枚限定のせんべい屋を開業して、そのせんべいを食べた人は、ニコニコするとかね。

そうしていると、ある時に、なんか知らないけど、事が運ぶってことが起こったりします。

これは、お告げというよりも、気が付いたらそういう方向に話が進んでいたってことが多いですね。

ですから、その時は流れに身を任せてみると、結果的に自分が望んだ方向になったってカンジです。

もちろん、願いが叶ったら、必ず御礼参りに行ってくださいね。遠くてすぐにはいけないっていうときは、お札に向かって「ありがとうございました」って手を合わせるだけでもO.K.

時間ができたら、叶えてくれた神様のところにご挨拶に行けば、またまたご利益倍増って言う訳です。

まあ、この辺は一度でも願いを叶えてもらわないと、中々実感できないと思いますからね。

ある意味、願いが叶わないってことは、その願いはあなたにとっては、必要ないというか、苦しいことなら試練ってことで、受け入れるしかないですね。

スポンサードリンク

神様への願いの書き方は?

あと、願いの書き方ってあるんですか?っていうことですが、できれば、社務所とかで、神主さんに、カクカクシカジカなんですけどって、お願いしたい内容を伝えてください。

そうすると、では「心願成就になります」とか「病気平癒になります」とか、教えてくれますからね。

それから、一応多くの神様には専門分野っていうのがあります。安産祈願とか、勝負の神様とか、学問の神様とかね。

ですから、安産祈願の神様に勝負事をお願いしても、中々かなわないし、学問の神様に商売繁盛をお願いしてもねえ。

その辺は、事前に神様のことをしらべて行ってくださいね。そうそう、神様にお願いするとき、特に初めての場合は、きちんとその神様のことを調べてお参りしてください。

人と会う時でもそうですよね。どこの出身で、どういう経歴で、趣味は何かとか、営業パーソンなら調べると思いますが、それと一緒です。

それだけで随分神様の印象も違います。また、できれば、地元の人と一緒に行くと、いわゆる仲介人というか、紹介人ってことで、神様も安心。

実は神様って、地元の人をえこひいきするから、ああ、〇〇町のヨレ田君じゃない、今日一緒の人はどなた?

ってことで、話がスムーズって言われています。その辺も、考えてみると、願いが叶いやすいですからね。
簡易神棚 鳥居付御神札飾り お札立て お札入れ 朱印帳立て

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

私が信仰するのは、毎度おなじみの飯縄大権現、戦国時代は武田信玄と上杉謙信が、飯縄大権現を取り合ったというほどの戦の神様。

なんですが、これまた私をご加護してくれるだけあって、何でもO.K.高尾山の飯縄大権現なんか、立て看板に「どんな願いも叶えます」って書いてありますからね。

確かに私の場合も、勝負事というよりも、商売とか仕事とか、そっち系で願いを叶えてもらっています。

ってことで、その辺は神様との相性もあるから、願いを叶えてくれる神様が現れたら、信仰してみるのがいいんじゃないでしょうか。では、良い神様を。

関連記事
神社に行く人は成功するのは?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする