夏のトレッキングで初心者は?服装とか関東のおすすめとか

夏のトレッキングで初心者は?服装とか関東のおすすめとか

夏になるとトレッキングっていうか、山に行くと涼しくっていいっていう風に思う人もいるみたい。確かに涼しいですけどね。初心者でトレッキングっていうのもねえ。服装とかも心配だし、関東でおすすめのところってありますかねえ。

スポンサードリンク

夏のトレッキングで初心者は?

夏になると山に行こうって誘われる人も多いみたい。そう、誘われるんです。山が好きな人は勝手に行きます。

が、職場とかサークルとかで、「暑いからすずしいところで、山に行かない?」とか言われて、「いいね、いいね」ってカンジ。

確かに都会だと35度とか36度って言う日でも、山の上なら低い山でも25度。高い山だと15度ぐらいですからね。

ただね。初心者はいろいろと気を付けないといけません。まず、行く人っていうかリーダーですよね。この人の気質。

以前というか、昭和の時代は山って本当に恐ろしいところだったから、山岳会に入ってしっかり訓練して、まずは里山、それから少し高い山、その後日本アルプスに登れると一人前ってカンジ。

ですから、リーダーはもちろん経験も技術もあるけど、各メンバーの技量をきちんと見極めて、それで山行計画を立てていました。

が、22世紀の現代は、まずアクセスが抜群によくなりました。新幹線や鉄道もそうだけど、道路もね。

ですから、前の日の夜とか、下手すると当日の早朝に出発しても、2000メートルはもちろん、3000メートル級にも登れたりします。

そこに山ガールブームにSNSの普及。ってことで、リーダーの資質がないのに、単に言いだした人がリーダーってことで、事故が起こったりしているんですよね。

ということで、初めて山に行く人はその辺もよく考慮して、言いだした人が本当に山の経験があるのか、グループのリーダーに適しているかを考慮して返事をしてくださいね。

というのも、上に書いたように通常は初心者は里山からスタートです。ですから、いきなり北アルプスとかに誘われたら、おなかが痛くなったことにして断ってください。

あと、低い山は夏は暑いからちょっとっていうのは分かるけど、高い山でもロープウエイとかゴンドラがあるところがいいですね。

すると、ロープウエイで一気に2000メートルまで登って、あとはハイキング程度で1時間も歩くと頂上っていうところだと、初心者でも大丈夫。

ってことで、山って言っても本当にハイキング程度のものから、「大丈夫、大丈夫」って言いながら、結構ハードな山もあるので気を付けてくださいね。

ちなみに、山登ラーの「大丈夫」「楽勝」はじぇんじぇんそうじゃないないですからね。騙されないように注意しましょう。

夏のトレッキングで初心者の服装は?

ところで、夏にトレッキングに行くときの服装っていうのをよく聞かれます。どんな服装でいけばいいですか?って、そりゃー、行く山によって違いますよね。

とにかくどんな山でもレインウエアは必携です。富士山とかじゃなければ、日本アルプスでも、夏用のレインウエアで大丈夫。最近のはゴアテックスが多いから蒸れないですしね。

ただ、やっぱり3000メートル級になると、朝晩は寒いから、インナーシャツに長袖シャツ、薄手のもう一枚はあった方がいいですね。それプラスレインウエアでバッチリです。

ただ、実際に登るときは、特に晴れると暑いですからね。インナーの半袖シャツ1枚で十分です。

ズボンも半パンの人もいるけど、夏用の長ズボンの方が安心ですね。意外とブッシュとかの中を歩くときにひっかかれますからね。

完全な低山で日帰りだと、インナーシャツとレインウエアでも大丈夫。レインウエアは小さく収納できるし、雨だけじゃなくて寒さ対策にもなるので、山に行く時は必ず持って行ってください。

その他持ち物とかは他の記事にしたから、そっちを読んでもらえればと思います。

スポンサードリンク

夏のトレッキングで初心者向けは関東だと

じゃあ、実際に全くの初心者がトレッキングっていうか、山に行く場合、関東だとどこがいいですか?って言われるとねえ。結構困ります。

高尾山なんかも、ケーブルカーを使わないとザ・初心者にはこんなもんかっていうのを実感してもらえると思います。

が、何たって東京ですし598メートルですからね。真夏は暑いです。川沿いのコースだと木陰もあるし、東京って言っても都心よりかは2度ぐらい気温も低いですけどね。

同じような理由で筑波山も下から登ると結構大変。っていうか、トレッキングデビューには悪くありません。

が、やはり800メートルぐらいですからね。高尾山よりかは涼しいし、茨城だから東京から行くと利根川を渡ると風のカンジが変わるんですよね。

悪くはないけどやっぱりちと暑いかな。ってなると、どこ?ってことですが、八ヶ岳の横岳とかは検討の余地ありです。

っていうのも、横岳ロープウエイっていうので、一気に2000メートルまで運んでくれるし、そこから頂上は1時間半ぐらいですからね。

首都圏からのアクセスもいいし、極端な話、ロープウエイ降りて坪庭っていうところを散策するだけでもハイキング気分になりますからね。

もちろん、上に書いたどの山でもちゃんと地図とコンパス(方位磁石)は持って行ってくださいね。
天空の楽園 清里高原ホテル

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

低山は低山の魅力があるけど、真夏はやっぱり厳しいですね。梅雨入り前までに高尾山、筑波山で足慣らししておいて、梅雨が明けたら横岳とかいうのが理想なんですけどね。

3000メートル級になると、その後もう一つぐらいは2000メートル級を登っておかないとね。ただ、白馬の唐松岳なんかだと、意外と初級者でも登れてしまいますけど。

そこは、必ず登山経験者と一緒に行ってください。最近は初心者向けのガイドさんも結構いるので、お願いしてみるのも悪くないんじゃないでしょうか。では、良い山を。

関連記事
ハイキングの初心者がやることって?

スポンサードリンク