適職診断は意味があるの?カウンセリングとか占いとかもあるけど

適職診断ってあるけど、やっぱり就職とか転職する前には受けた方がいいんですかね。転職を繰り返している人には、適職カウンセリングで、何をしたいかを見極めるとかね。適職を教えてもらう占いも流行っているみたいですね。

スポンサードリンク

適職診断は意味があるの?

新卒っていうか、就職活動をしている学生さんとかって、自分が一体何の仕事に向いているかっていうのが分からないですよね。

既に歌手になりたいとかケーキ屋さんになりたいとか言う人はいいけど、とりあえず大学に行きました。そろそろ就職だしって言う人はねえ。

ってことで、大学の就職課では、最近では至れり尽くせりで、適職診断はもちろん、その他のフォローもやっているみたいですね。

が、問題は既に社会人として働いている人、とりあえず今の仕事につけたけど、なんかしっくりこない。

いろいろと上手くいかないことも多いし、この仕事って自分に合ってないんじゃないかとか思う人も多いですよね。

ってことで、転職を考えるようになって、でもまた次の職場でもどうも違うってなるとよくないからってことで、適職診断を受ける人もいるみたい。

ハローワークなんかでもねえ。適職診断をしてくれるんですよね。ですから、気になる人は受けてみてもいいんじゃないでしょうか。

もちろん、民間のそういう会社もあるし、お金はかかるけど、かなり詳しくやってくれますからね。

ただねえ。これが私の様にミドルエイジになるとねえ。適職もヘチマもないんですよね。

そりゃー、今更アイドルになりたいとか、医者になりたいとか弁護士になりたいとかいうと、無理とはいわないけど、かなり難しいですよね。

それに、人生半世紀も過ぎで転職でもしようってなると、採る方もそれまでの経歴をみるから、いくら漫才師の適職があるといっても、漫才師で採用される訳ではありません。

ってことで、適職って確かに大切だし、若い人でイマイチ自分が何をしたらいいのか、何に向いているのかを知りたい人にはいいけど、ミドルエイジには意味がないってカンジかな。

っていうか、私が中年ニートをしているときに、もちろん毎日のようにハローワークに通っていました。

で、ある時適職診断って言うポスターが目に入ったので、相談員に「適職相談を受けてみたいんですけど」って言ってみたんですね。

そしたら、「35歳以上の方には意味がないから、うけられないんです」だって。意味がないっていうのは、上に書いたように転職の場合は、それまでの経歴をみるからとのこと。

いくら自分がこれに向いている、この仕事に就きたいって思っても、中途採用だとそれまでの経歴で、その仕事ができるかどうかを判断するからとのこと。

ってことで、自営なり起業なりするのなら適職診断もいいでしょうけど、勤めに出るってことなら、ミドルエイジは今までの経歴を活かすしかないみたいですね。

適職カウンセリングって?

といっても、ミドルエイジとまでは言わないけど、結構良い年齢で、今まで何度も転職してきたって言う人もいますよね。

同じ業界でヘッドハンティングとか、ステップアップならともかく、全く違う業界や職種を渡り歩いていると、自分でも何がしたいのか分からなくなったりしてねえ。

そういう人のために、適職カウンセリングっていうのもあります。特に派遣とかで、期限付きの仕事を繰り返していると、そろそろ腰を据えてしっかり働きたいっていう風に思いますよね。

そういう人には、今までの生い立ちからを振り返りながら、得意なこと出来ること、やってきたことなどを書きだして、自分の強みを発見するってことから自分の適職というか、適性を見つけるというもの。

主にはシルバー人材っていうか、定年後の再就職の人の為に始まったものですが、30代40代でも転職を繰り返す人のために、そういう民間会社も出てきたようです。

ということで、1時間いくらというシステムで、予約制ですが、適職カウンセリングで森田検索すればズラズラでてきるので、気になる人は受けてみるのもいいんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

適職占いは?

というのも、転職と恋愛は占いの世界でも一番の相談ごとですよね。女性は恋愛、男性は転職っていうのは昭和の話。

22世紀の現代は、男性でも恋愛・結婚の相談をするし、女性でも仕事や転職の相談をしますからね。

で、やっぱり今の仕事が合わないとか、ストレスが多いとか、転職したいってことで、仕事について占い師に診てもらう人は多いみたい。

確かに星座や手相等って、ある意味統計学だから、その人の向いている方向っていうのは参考になりますよね。

が、やっぱり占いですからね。そっちの方面が向いているとか、上手くいきやすいってだけで、じゃあその通りにやったらバッチリかっていうと、そこは当たるも八卦、当たらぬも八卦って言うカンジ。

参考程度にしておく方がねえ。誰かみたいに、「あなたは40歳を過ぎたらいつ独立してもおかしくない」とか言われて勤めを辞めたら、明日のご飯にも困るってことになりますからね。

そこは自己責任でお願いします。もちろん、信じる神様がいれば、そこにお願いすれば、適職は教えてくれないけど、適職であろう方向には導いてくれるかもしれませんからね。

ココナラ電話占い

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

長くと勤めていた電波発射会社では、大学生のための就職セミナーとかを担当していたこともあったから、適職診断の会社も出入りしていました。

とりあえずサンプルってことで、我々もやってみたけど、向いている仕事と実際仕事をするのは結構差がありますからね。

適職診断、比較的あなたはこういう方向に向いているという判断材料にはなりますが、それが絶対ではないということで、大いに悩んでいただきたいと思います。では、良い適職診断を。

関連記事
人生のやり直しができる年齢って?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする