アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

梅雨時夏ののカビ対策は?病気の原因だしアレルギーの元だし

梅雨時というか、夏になっても蒸し暑い日本の夏だとカビが生えてきますよね。対策ってどうすればいいんでしょうか。そもそもカビが生えると病気の原因になるし、アレルギーの元にもなりますからね。

スポンサードリンク

梅雨時のカビ対策は?

カビというと梅雨時の代名詞だけど、日本の場合は梅雨が明けても湿度が高いですからね。ちょっと油断すると、すぐにカビが生えています。

まあ、東京とかもそうだけど、湿度70%の日とか結構ありますよね。夕立が降ると、その後は蒸し暑いし。

ってことで、6月から9月にかけてはカビに注意しないといけません。もちろん、一番は風呂場とかの水周り。

台所とか洗面所っていうところは、気にしていますよね。カビキラーをかけたりしてカビが生えないようにしているし、カビを見つけたらすぐに削除。

なんですが、意外とアレ?っていうのが押入れとかクローゼット。水取りゾウさんとか入れてみると分かるけど、すぐに水で一杯になってしまいます。

特に平屋だったり集合住宅でも1階だとねえ。日本の家屋は湿度が高いんです。が、私はこの方ずっと2階以上でしたが、意外と上の階でも湿気は多いですね。

ってことで、押入れやクローゼットは定期的に空気を入れ替えて、こもらないようにしてください。

あと、これまた主婦なら当然知ってるでしょうけど、独居中年とかであまり家のことをしないと知らないのがカーテン。

カーテンも下の方は窓のサンに当たったりして、雨が降ると湿気が充満。水滴がついていたりしますよね。

ってことで、あるときひょっと見るとカーテンにカビが生えていたってこともあります。ですから、カーテンはこまめにチェック。

それから、実は諸悪の根源がエアコンってこともあります。ずっと使っているとそうでもないけど、暖房で使っていて、その後しばらく使ってなくて、また夏前にから使う。

ってなると、そこにカビが生えていることも結構あります。冷房しか使わないエアコンだと、前年の秋以来ってことになりますからね。

そうすると、カビの胞子を撒き散らすから、具合が悪くなることもあります。ですから、エアコンは、使う前に必ず掃除というか、クリーニングしてもらうようにしてくださいね。

あと、これまた多いのが枕。押入れに入れていたら、枕にカビが生えたってこともあります。その辺は別の記事にしているけど、枕も気をつけてください。

結局かびの栄養になるものがあって、そこに適度な湿度と温度が加わるとカビが発生っていうことになっています。ご注意ください。

梅雨時のカビは病気の原因

そんなカビですが、当然病気の原因になります。昔はカビが生えたお餅を食べたとか言う人もいたけど、昔からあるのは白癬菌とかですかね。

水虫の原因ってことですが、これまた重症になると爪の中に入ってしまって、爪が溶けたみたいになるから気をつけないといけません。

が、22世紀の現代は実は一番多いのはエアコン関係。上にも書いたけど、現代にエアコンは不可欠ですよね。が、掃除というかクリーニングをしてない。

そのまま使うと、カビの胞子を撒き散らすってことになります。すると呼吸器系の病気になるんですよね。なんか咳が止まらないとか。

夏風邪かなあって思っていたら、実はカビの胞子を吸い込んでいたってことで、これが意外と重症になったりするんですよね。

重症になると、さまざまな臓器を壊していくので、軽く考えないほうがいいですね。ただし、既に治療法が確立しているから、咳が続くときとかは早めに病院で検査してもらってください。

スポンサードリンク

梅雨時のカビはアレルギーの元

ちなみに、カビってアレルギーの元でもあるんですよね。アレルギー性鼻炎のアレルゲンの一種でもあります。アレルギー性鼻炎っていうと、花粉症が有名ですよね。

スギとかヒノキの花粉を吸い込むとくしゃみや鼻づまりが出るっていうやつ。日本人の4人に一人は罹患しているとも言われています。

が、実はスギとかヒノキ以外にもアレルゲンってあるんです。もちろん、花粉ですから、ブタクサとか稲とかの花粉が原因ってことも。

なんですが、猫アレルギーが最近話題ですが、猫の毛とかが原因っていうように、いろんな物質がアレルゲンになるんです。その中の一つがカビ。

実は私はアレルギー性鼻炎暦48年のベテランですが、当時まだ花粉症とかは一般的じゃなくて、アレルギー性鼻炎って言われていました。

いまだと血液検査ですぐにアレルゲンが分かるけど、45年以上前の話ですからね。アレルゲンといわれるものをちょっとずつ注射するんです。

それで反応があったものがアレルゲン。ってことで私はカビが原因でした。確かに私の実家って当時の造成地で、湿気も多いところでしたからね。

ってことで、今では仕事アレルギーになっていますが、カビもアレルギーの元になるから、その点も気をつけてくださいね。
【25%OFFクーポン】畳 布製品 革製品 防カビ カビ防止 カビ対策 除菌 消臭に!カビ屋の 防カビ剤ACE 1L(噴霧器付)

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

寒冷地にしばらくいたんですけど、当然内陸性気候だから、すごく乾燥しているんです。カビとは無縁の生活。夜洗ったタオルが、部屋の中に干していても、朝には乾いているっていうカンジ。

その分、秋から翌年の春までは、すぐにあかぎれっていうか、手が乾燥してひび割れてくるんです。あれ?おかしいなあって思ったんですが、9月末から5月まではハンドクリームが手放せませんでした。

ってことで、どっちがいいのかわかりませんが、暑いのが嫌いな私としてはやはり寒冷地の方がいいかな。では、良いカビを。

関連記事
カビが生えた枕はどうする?

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,