アレってなんだっけ?

日々の生活や人生で気になること、疑問に思うことについて解説してみました。ちなみにアレは「That」です。失礼しました。お大事に。

生活のヒント

エアコンは寝るときはタイマーだけど風向きとか除湿とかも

これだけ暑いと熱帯夜ってことで、寝るときもエアコンをつけないと寝られませんよね。でも、付けっぱなしは身体に悪いとか言うし。やっぱりタイマーを使うべきですかねえ。除湿運転でも効果があるとか。

スポンサードリンク

エアコンは寝るときはタイマーで

なんか猛暑っていうより酷暑っていうか、罰ゲームな毎日ですよね。日本は既に熱帯になったのかってカンジ。

だって、連日38度、39度ってねえ。砂漠かって思いますよね。40度オーバーの都市も出ているし。

ってなると、夜も気温が下がりません。流石に30度っていうところはまだないみたいですが、最低気温が27度とか28度とか。

寒冷地の最高気温って言う気もするけど。ただ、これって涼しいところで計るから、実際23区とかだと夜も30度を下回ってなかったりするんですよね。

ってなると、夜もエアコンかけないと寝られない。窓を開けても30度の温風が入ってくるんじゃあねえ。

ってことで、22世紀の都市はエアコン完備が標準ですが、寝るときはエアコンはタイマーでって言われていますよね。

朝までかけると身体に悪いとかだるいとか。っていうけど、タイマーが切れると暑くて目が覚めるって言う人も多いんじゃないですかね。

私もそのたびに付け直して、結局朝まで付けっぱなしってことになっています。ですから、眠れないよりかは付けたほうがいいですね。

ただ、エアコンを付けっぱなしが身体に悪いっていうのは、もちろん冷やしすぎっていうのもあるけど、乾燥するっていうのもあるんです。

ですから、エアコンをかけるのなら結構しっかり冷やして、厚めの布団をかけるって言う手もあります。

これは身体の回りは暖かくしたほうがいいんですが、室温が低いほうがいいってこと。低いほうがいいっていうか、室温は15~20度が一番快適みたいです。

が、その気温って結構寝るときは寒いですよね。それで、厚めの布団をかけるっていうのが一つのやり方。

寒冷地なんかだと、夏でも最低気温が20度とかのところがあるから、そういうところだと、もちろん冷房はいらないし、寝るときは春秋用の布団。

これで朝までぐっすりです。ただ、エアコンで冷やすと気温もさがるけど、湿度も低くなりますよね。

もちろん、これまた湿度も低いほうが心地よいけど、低すぎると朝起きるとのどがイガイガしたりするから、その点は気をつけましょう。

洗濯物とを部屋に干して置いたりするだけで結構違ってきます。あまりにひどいときはマスクをして寝るのもありですけどね。

エアコンの寝るときの風向きは?

ってことで、なんか都市部だと暮らしにくい日本となりましたが、もう一つエアコンをつけるときに気をつけないといけないのが風向き。

これは昔から言われているから知っている人が殆どだと思いますが、エアコンの風は直接身体に当たらないようにしてください。

それでずいぶん朝のダルさが違います。これは扇風機も一緒。扇風機をかけるときも、直接風が当たらないようにしてください。

となると、部屋の中の風をかき回すっていう風に使うのが正しい使い方。そういう意味では、エアコンとの併用だと、扇風機よりもサーキュレーターの方がいいかも。

冷たい風を滞留させるってことですからね。もちろん、エアコンが要らない寒冷地だと、窓を開けて、窓辺にサーキュレーターを置けばバッチリですけどね。

ってことで、風を直接受けると身体が疲れるから、朝起きたときにだるいし、下手すると心臓発作でってこともあるので、気をつけてください。

スポンサードリンク

エアコンは寝るときは除湿もあり?

あと、エアコンを使うときに通常は冷房で気温を下げますが、23区とかじゃなくて、最低気温が27度とかまで下がるところだと除湿もありです。

流石に真夜中でも30度あると冷房じゃないと寝られませんが、27度ぐらいまで下がるのなら、気温を落とすよりも湿度を下げたほうが効果的。

特に太平洋側の都市だと湿度が高いから、エアコンも除湿運転をしてなると、結構快適になります。

そうすると、布団をかけなくてタオルケットだけで済むし、朝起きてもだるくないしってことで、一度除湿を試してみる価値はありますね。
【無料3年延長保証&標準工事費込でこの価格】冷房/暖房:6畳程度 当店おまかせエアコン工事費込みセット! 2018年モデル ルームエアコン エアコン 福袋 当店人気工事セット パナソニック ダイキン 日立 三菱 東芝 クーラー 冷暖房 省エネ 節電 六畳 2.2kw 暖房器具 6畳

ウッシッシな関連記事

yorezoの戯言

寒冷地っていっても、甲信地方の県庁所在地ですが、平地部でも夜は22~23度。23度あると今日は暑いねえってカンジでした。

当然寝るときはエアコン要らず。窓を開ければそれで朝までぐっすり。市内ですが高原の場所に行くと、昼間でも28度、夜は20度ぐらいだから、本当に布団が必要です。

ってことで、狭い日本ですが、東京とそれ以外だと結構夜の気温も違うから、どうやってこの熱帯夜を過ごすかが難しいですよね。

やっぱり夏は涼しいところに移住できればいいんですけどね。宇宙人に1億円もらえるようにお願いしておこっと。では、良いエアコンを。

関連記事
寝るときのの暑さ対策って?

スポンサードリンク

-生活のヒント
-,